2018年11月11日

coming soon !

『モニタリング(正確な番組名は違うかも)』というテレビ番組があるのをご存知ですか?僕はその番組は観ないのですが、あるコーナーがあるのを知っています。それは超一流スポーツ選手(だけではないのかな?)が変装をして、一般人のスポーツに参加する、という内容。最初はへなちょこな感じを演じといて、後半実力の片鱗を見せて驚かせるんです。ちなみに僕が観たのはサッカー日本代表DFの吉田麻也選手。

このコーナーにシャラート先生(もう何度か紹介していますが、アシュタンガヨガを世界に広めたSri. K. パッタビジョイス師、通称グルジのお孫さんで、現在のアシュタンガヨガ界のトップ)が出てくれたらどうなるんやろ?といつも思います。

僕はシャラート氏の動画を観るのが好きなんですが、観たことある人はお分かりでしょうが、正直言って全然かっこいいアーサナではないんです。ようこの動画アップしたなぁ、と知らない人なら言ってしまうかもしれないくらい。まぁ〜憧れない。そんな動画を好きというのは、バカにしているわけではありません。その真逆です。シャラート氏の動画を観ていると「これでいいんだよ」と言われているような気になるんです。
知らない方もいるかもしれないので断っておきますが、この方はアーサナができない人ではまったくありません。現在あるといわれている6つのシリーズすべてを完了したのはシャラート氏だけだと聞いています(真偽は定かではありませんが)。

ネットに溢れるアシュタンガヨガの動画は実に美しいものばかりです。ほんと無駄に美しい。その点シャラート氏のするアシュタンガヨガは美しさはなくても無駄がなくシンプルで、必要最低限を押さえている感じ。はなから見た目なんか気にしてねーよ、という感じ。そこじゃねーんだよアシュタンガヨガは、ってことが伝わってくる。

もしシャラート氏が変装して日本のアシュタンガヨガのスタジオに練習に来たら、へなちょこを演じずにいつも通りにプライマリーを練習しても、多分めっちゃアジャストされますよ。もちろん先生それぞれに価値観は違いますから、そのこと自体が間違いだとは言えませんが、シャラート氏はどう感じるだろうなぁとは思います。


もう少しでそのシャラート氏が東京に来ます。参加される方はいつも通りのいい練習ができるといいですね。




11月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 22:54| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

なくていい

数ヶ月前のヨガ雑誌『yogini』で、アシュタンガヨガの特集を組んでいました。借りて読んだその中に1つだけ気になるところがあって、iPhoneのメモに残してあったのを昨日見つけました。
寄稿していたのはゴヴィンダ・カイ先生(アシュタンガヨガの本部から認められた先生の中でも最高位の『certified』を持つ先生)です。


ヨガのゴール?ないと思う。僕自身は、自分らしく本質であることを目指している。僕はクラスでよく「5歳児より小さい子を観察してごらん」と言うんだ。純粋で、論理的な思考やエゴが育っていない時代。すごく自然で、分析もせず、意図もゴールもない。だから学習が早い。完全で自然でのびのびして、ただ生きている。それが一番ヨガを表しているような気がする。もしかするとゴールは、その意識を知るということかもしれない。



どう感じ、何を思うでしょうか。




11月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 09:20| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

外側と内側

まずはお知らせ。

今週末はクラスの変更があります。
10日(土)13:45〜15:15 Led Primary
11日(日)9:30〜11:15 Mysore


昨日クラスが終わり、着替えて帰る方に質問されました。

「ヨガって何ですか?筋トレですか?」

って。
いやー、面目ない。笑
確かに昨日は鍛える系のアーサナの割合が高かったです。質問した方はヨガを始めてまだ数回なので、ヴィラバドラーサナもウトゥカターサナもナヴァーサナもシャラバーサナも筋力を要するものは、すべて筋トレと思うかもしれない。
もし参加したクラスでストレッチ系のアーサナが多ければ、「ヨガってストレッチですか?」に質問は変わったかもしれない。
僕はクラスでやらないけど、アーサナをする前にたくさん足や脚をもみもみするスタジオのクラスに行けば、「ヨガってマッサージすることなのか」と思うのかも。

マッサージはどうか分からないけど、筋トレ要素もストレッチ要素もヨガのアーサナの一部だと思います。が、「ヨガとは何なのか」という壮大な質問の答えにはならないでしょう。その答えにはならないですけど、ヨガする人が知っておいた方がいいんじゃないかな、と思うことをざっと紹介します。詳しいことを言い出せば、何時間もの講座を何日もかけてする内容になりそうですし、僕にはできそうにないので、ざっと紹介にします。

ヨガを体系的にまとめたパタンジャリは、ヨガには8つのステップがあると述べています。

8つのステップ(八支則)
1. ヤマ(禁戒: すべきでないこと)
2. ニヤマ(勧戒: すべきこと)
3. アーサナ(座法)
4. プラーナーヤーマ(調息)
5. プラティヤハーラ(制感)
6. ダーラナ(集中)
7. ディヤーナ(瞑想)
8. サマーディ(三昧)

僕らがクラスでやるのはアーサナ(ポーズ)がほとんどで、プラーナーヤーマ(呼吸法)をやることもあるでしょう。
僕が知ってほしいのはこの先の内容です。これは、僕が去年東京で受けたプラーナーヤーマ集中講座のテキストに書かれていることです(この講座を開講した齊藤素子先生http://yogatherapy-chandra.jp/about.htmlの主催するYoga & Wellness Chandraは、インド政府公認のヨーガ研究施設であるカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所の協力施設として、日本で初めて認定されています)。


『ヨーガ・スートラによれば、ヤマ、ニヤマ、アーサナ、プラーナーヤーマは「実践することができるヨーガ」です。「外側のヨーガ」とも言われます(プラティヤハーラの一部を含む)。
プラティヤハーラからサマーディまでの4つは「内側のヨーガ」と言われます。スピリチュアリティの道とも言えます。
スピリチュアリティとは「自分自身を知ること」です。
「内側」とは、外側のヨーガを実践することによって、準備ができたときに自然と自分の内側から湧き上がってくる状態、という意味です。スピリチュアリティは知識ではなく、経験から感じ取るものです。呼吸を通して自分自身を理解するための道具が、プラーナーヤーマです。練習できる「実践のヨーガ」と、実践の結果「自分にやってくるヨーガ」の橋渡しをするもの、それがプラーナーヤーマです。
これらすべてがヨーガなのです』


プラーナーヤーマの講座なので、この文章はそのことで締めていますが、「自分にできること」と「やった結果としてやってくるもの」そこの違いをしっかり分かって実践をしないと、欲にまみれた体を痛めやすいヨガ(アーサナ)になるのではないかなと思っています。だからやっぱりヤマもニヤマの実践も大事だし、on the matでだけやろうとしてもすぐに化けの皮が剥がれるんだろうな、と思います(表現は悪いですが)。


アーサナだけで充分という人には興味の持てない内容でしょうが、一応記憶の片隅に残してもらえたらと思い書いてみました。



冬季暖房費のご協力のお願い。
11月から1クラス100円の暖房費がかかります。回数券購入時に回数分の暖房費をまとめてお支払いください。
よろしくお願いいたします。




11月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 21:39| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

手稲山が白い!

同時刻の東と西

A8663EE9-6A53-4343-AB4A-390B8F55B8C4.jpeg

963EA407-831B-4488-97BC-7F409602FA94.jpeg

昨日から白かったんやろうか?
僕は今朝気づきましたー。
posted by スタジオミガク at 06:26| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の考え(長いのはご容赦!)

今日のクラスで、料理のことを例えに挙げて話したことがありました。同じことを言うのもなんなので、別の例で書きます。

例えば結婚式のスピーチ。
どちらを聴きたいですか?

綺麗な言葉を並べて、言葉遣いは完璧。起承転結もしっかりしてる。話すペースもいいし、間の取り方も絶妙。何だったら原稿の文字まですごく綺麗。
でも、それだけ。

ありきたりの言葉を使って、言葉遣いには誤りがある。起承転結などない。間もすごくて、言葉にも詰まる。
でも、その人の心にあるものを何とか伝えようとしている。そして実際届いてくる。

僕なら後者のスピーチを聴きたい(単に僕の好み)。
スピーチをすることの主旨は何なんだ?って話です。もちろん主旨さえ間違ってなければ言葉遣いはどうでもいいとは思いません。主旨を押さえた上で言葉遣いにも誤りがなければ、尚いいでしょう。

もし僕が後者の方から原稿の校正を頼まれたら(その知識と技術があると仮定して)、言葉遣いを直して、話が伝わりやすいように道筋を整えてお渡しします。でも練習の段階で、その人がスピーチを上手くやろうとして、言葉遣いもしっかりしようとすることに労力を割きすぎていると感じたら、僕はその原稿を破棄させ、言葉遣いのことは忘れて、心に思っていることを真っ直ぐに伝えるように言うと思います。上手くやろうとしなくていいです。

僕はアシュタンガヨガを実践するようになって何年経ったかさっぱり分かりませんが、Nancy先生に会うまでの僕のアシュタンガヨガは、この前者のスピーチのようであったと自覚しています。いつも上手くやろうとしてた。そのことに気づけました(なぜそれまでに出会ったかなりの数の指導者たちのクラスからは気づけなかったのか不明)。身につけた前者の知識や技術が無駄なわけではないので、それらを捨てはしませんが、実践の優先順位は変えるように努めました。

マイソールクラスやレッドクラスを担当するヨガ講師としても、その価値観は同じです。呼吸のこと、ドリシティのこと、バンダのこと。アーサナの順番を覚えること。体を傷めない使い方。まずはそこです(アパリグラハやサントーシャも言いたいけど、そこはおいおい)。細かなアライメントの調整やテクニックは二の次でいいです。そんなもの最初は無くたって何も困りはしません。むしろ邪魔になる。邪魔ものをずっと手放せない人もいるくらい。上手くやろうとしないで!

そしてもう一つ言いたいことがあります。
僕は教え過ぎるのは良くないことだと考えています。教わることに慣れないでください。教わることやアジャストメントに依存する練習は良くありません。間違いを少なく効率的に最短距離を行こうとするのは、その人のためにならないと思っています。僕のそんな態度は『習いごと』をしたい人には最悪かもしれません。「あいつ全然教えてくれないよね」って言われてもしょうがない。僕が教えることは至ってシンプル。それ以上のことは、繰り返しの実践によって自分で身につけてください。苦労してる人にはサポートしますし、できなくて困っている人にはアドバイスもします。質問に対しては僕の考えを伝えます。
が、僕から見て必要がないと判断した人には余計なアジャストメントはしません。

僕はこんな感じではありますが、やりたいことをやっちゃダメとは言いません。ああすべき、こうすべき、あれはダメ、こうしないと!となるのはつまらないですよね。本来は修行みたいなヨガでも、みんなは修行したくて始めたんじゃないんだから。自分のやりたい気持ちを大事にして楽しみつつ、僕の言うアシュタンガヨガの大事なこととの折り合いをつけながら練習できるといいと思います。その塩梅もご自身で調整しましょう。なんたってあなたのヨガなんですから。


少なくとも僕はいまの練習のやり方で幸せです。



冬季暖房費のご協力のお願い。
11月から1クラス100円の暖房費がかかります。回数券購入時に回数分の暖房費をまとめてお支払いください。
よろしくお願いいたします。




11月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 00:53| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

切り替えスイッチなし

最初にお知らせです。
11月から1クラス100円の暖房費がかかります。回数券購入時に回数分をまとめてお支払いください。既に回数券をお持ちの方は、残りの回数分をまとめてお支払いいただきます。よろしくお願いします。

クラス内容の変更です。
火曜日と土曜日11:45〜のクラス内容を変更します。ちょこちょこ変更して申し訳ありません。アシュタンガヨガのビギナーが学び・実践していく最良のやり方を模索しております。
その月の1回目と3回目のクラスは、適宜解説を入れながらナヴァーサナ(いわゆるハーフプライマリー)までカウントとともに練習します。そこまでのアーサナの順番・ヴィンヤサを覚えましょう。時間が余ったら、ブジャピダーサナ以降は覚えているアーサナまでをマイソールスタイルで練習してください。
2回目と4回目のクラスは、スタンディングのアーサナをカウントとともに練習します。シッティング以降は覚えているところまでを練習してください。
5回目があれば「はじめてのマイソール」という、通常マイソールクラスよりアーサナ忘れに対して寛容なクラスとなります。…が、その寛容さに甘えることなくちゃんと覚えてください。
いずれのクラスも、状況を見てアーサナは追加されます。
アシュタンガヨガの練習方法は、マイソールが基本です。いつまでもカウントに依存する態度にはおさらばしましょう。


さて、久しぶりのブログ更新です。
昨日、樹木希林さんが主演(W主演?)の映画を観ました。五感を使ってこの世の中を感じ、楽しんでいるようなキャラクターでした。映像も音楽も、もちろん物語も素晴らしい映画でしたよ。
僕は樹木希林さんについて詳しくないですし、出演されている映画を多く観ているわけではありませんが、この映画で演じているキャラクターは、樹木希林さんそのものではないだろうか、と感じました。なんだかとても自然なんですよね。作っている感じがまったくしない。

以前、義理の息子である本木雅弘さんがこんなことを言っていました(なんだか気になってメモっておきました)。
「ああ、樹木さん‥‥そうですね、役者の技術だとか、人間的な魅力だとか、そういうすべてに関して、ある理想を持っているとは思いますけど、何だか、すでに、そういう細かいことを超越してますよね。
ご自身にも「役者として」という意識は、もはや、ないんじゃないかなあ。そんなところからは、とうに、自由になっていると思いますよ」


話はちょっと変わりますが、今日クラスを終えて帰ったとき、テレビで玉置浩二さんがオーケストラの演奏とともにご自身の曲を歌っていました。何人かの指揮者が玉置さんについて語っていたのですが、その中の一人がこんなことを言っていました。
「玉置さんは作ってる感じがしないんですよね。歌そのものという感じ」


アシュタンガヨガを実践するものとして、マットの上でも、クラスをするときでも、こんな風であれたらいいなぁと思っています。
言いたいことが分かってもらえるといいのですが。




10月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 21:43| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

ちょうどいい

97E7B4A8-EFDD-4D8B-8F5B-BA294ADCDE13.jpeg

買ったものをポイと入れられるカゴ
楽な体勢でいられるハンドル
あるだけで気分がいい真鍮のベル
水溜りも怖くないフェンダー
自分のお尻の形に成長してくれるサドル
カップの飲み物も入れられるドリンクホルダー
マウンテンバイクのゴツいタイヤ
ほぼ誰ともかぶることのないフレーム
マウンテンバイクなのに変速機ないやつ


何年もかけて見つけた今の自分に最高に丁度いい自転車。

たいした遠出しないし。
スピードを求めてないし。
山を本格的に走るわけでもない。
のんびり周りを眺めながら走りたい。
毎日乗りたい。
その辺に気軽に停められる。

これって完全にママチャリの守備範囲なんですけど、典型的ママチャリでは満足できない。デザインとか重さ・パーツの精度・性能など。結果たどり着いた我が愛車。過不足ないです。相当試行錯誤して、今のところはここに落ち着いています。

こいつは僕にとって趣味ではあるんですけど、それと同じくらいに日常です。
あれ?最近こんなことをブログで書いた。

いろいろ試してみることだと思います。その経験から自分のことが分かる。その自分も変化するからそこにも敏感でいて、その時の自分に過不足のないことをすればいいと思う。

僕のデイリープラクティスは、今の自分に最高にちょうどいいです。伝統がどうだとか、こうあるべきとか、他人がどうだとか、最高にどうでもいい。ちゃんと学んで、大切なところにエゴを持ち込まずに、『All is coming.』の精神でそのときにできることを楽をせずに練習する。
デイリーの人と、週3の人、週1の人とでは違って当然。あなたにとっての最高にちょうどいいを見つけてください。


10月8日(月・祝)スケジュール
10:00〜 整えヨガ
11:45〜 ヴィンヤサフロー


クラス休講のお知らせ
ひと月くらい前からホームページでお知らせしてありますが、10月19日(金)・20日(土)の2日間はすべてのクラスが休講になります。
お間違えのないようお気をつけください。
よろしくお願いします。




10月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 16:54| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

今日の日はさようなら

DVDで邦画を観ました。終わりの方で、北海道が生んだスター大泉洋さんが歌うシーンがあります。

いーつまでもー
たえるーことなくー

最初の歌詞が聴こえてきた時点で、ざわっと鳥肌が立った。こんなにストレートに胸に響いたのは初めてかもしれない。何だっけ、この曲?聞いたことあるんだけど… 考えようとしたけど聴き入ってしまった。

歌手じゃなくてもこういうことってありますね。歌が上手いからいいんじゃない。本職だから響くわけじゃない。歌詞はいたってシンプルで、難しいことを言っているわけでもない。流行りのメロディでもないでしょう(作中ではパンクロック風にアレンジされています)。それでもちゃんと胸に届いてくる。
そういう人や物や事に惹かれます。



今日の日はさようなら

歌:森山良子
作詞:金子詔一
作曲:金子詔一


いつまでも 絶えることなく
友達でいよう
明日の日を夢みて
希望の道を

空を飛ぶ 鳥のように
自由に生きる
今日の日はさようなら
またあう日まで

信じあう よろこびを
大切にしよう
今日の日はさようなら
またあう日まで
またあう日まで




9月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 15:28| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

悪態をつく

昨日、訊かれました。

「そもそもなんで草むしりをしようと思ったんですか」

その瞬間は、草むしりをしたことで庭に入りやすくなり、「庭でコーヒーを淹れて飲んだりしたらなんて楽しいんだろう」という、この先の楽しみしか思い浮かびませんでした。なのでそのように答えたのですが。
昨日湯船に浸かりながら、なんでだっけ?と考えていたら思い出しました。僕はスタジオから見えるあの庭がとても好きなんです。あの庭から多大なる恩恵を受けているのに、庭があることの面倒な部分を引き受けないというのはいかがなものか、と思ったのです。

同じようなことを犬の散歩中にも思います。自宅の裏に公園があって、毎日そこに行くのですが、とにかく犬の糞の放置が多いんです。犬と暮らすことで得られる素晴らしい体験だけを喜んで、それに伴う面倒なことをやらない。ほんまアホか、と思います。散歩にすら連れて行かない人もいる(必要のない犬種もいるのでしょうが)。お前なんかが犬飼うな、アホ!と思います。

だったら、自分がやれよ。庭を綺麗にせい!

それが、そもそも草むしりをしようと思ったきっかけです。



ちょっと説教くさいかもしれませんが、知らない人が多いので、犬好きな人には是非とも知ってもらいたい事実です。ちょっと長いですけど、がんばって読んでください。2つ目のリンク先のニュースは恥ずかしながら、僕の故郷の福井県の話です。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00057418-gendaibiz-bus_all

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/299941




9月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 11:48| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

コバ the Rapper

今朝、この前の続きで30分くらい草むしりをしました。
大雑把にやったときは、とにかくマシーンのように抜いて抜いて千切りまくっていたので、何も考えずひたすら手を動かしました。そして今日は、大雑把にやったことで取りこぼしていた雑草を部分的に一掃するつもりでやり始めました。
すると、庭一面に育った雑草をむしるのではなく、飛び飛びに生えている草を見つけては抜く、という作業になるわけです。結果、視界が広がり、前回よりは遠くを見るようになりました。その途端、余計に遠くまで見てしまい、やらないといけないことの多さに少々うんざりするのでした。そして、手が止まる。

手は2つしかないのにね。やれることなんか限られてるんだから、前回と同じように目の前にある草にただ集中してればいいのに。そこには余計な思考なんていらないんだ。遠くを見るのは全貌を把握したり、プランを立てたりするときだけでいい。動き始めたら、効率のこととか考えないで、ただやる。


早朝にYO
雑草をYO
一掃だYO


来たるあの季節に向けて自分を奮い立たせるsong
(いろいろと間違えてる気はするけど)



9月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:19| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする