2019年05月22日

お誘い

たまにはみんなでご飯でも食べませんか、のお誘いです。

【日時】6月16日(日)13:30頃から
【場所】未定(どこかのお店になると思います)

クラスに来ても、あまり話をする機会のないあの人と話してみたい。ヨガのことに関して、隣のマットのこの人に聞いてみたい。他の人はどう思ってるんだろう。ヨガなんて関係なく、メシ食いに行こうかな。小林の悪口を言い合いたい!でも何でもOKです。

整えヨガの人も、アシュタンガヨガの人も、袖あり・ジャージの人も、袖なし肩出し・ピッタリタイツの人も、何年も通ってくれている人も、まだ来始めたばかりという人も、ご興味ある方は、お気軽にご参加ください。話してみたら気が合った、という人に出会えるかもしれませんよ。

人数の把握をしたいので、29日の水曜日までに小林までご連絡ください。いつものご予約メールで結構です。



クラス休講のお知らせ

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガヨガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




5月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 15:20| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

帰ります

昨日、午前のレッドクラスを終えてから空港に向かい、夕方に現地に到着。

今朝は7時からマイソールで練習。本州の暑さと人の熱気で、太陽礼拝から汗が滴り落ちました。この感じ久しぶり!
見てくれる人がいて、その人に安心して委ねることができる。そんな環境で練習できることは、とても恵まれていると思います。

同じアシュタンガヨガなんだけど、アプローチの仕方はいろいろだなぁとつくづく思いました。そのどれもが僕にとってはおもしろいです。あれじゃなきゃダメ、これは違う、そう思わなくなった僕は、なんだか気持ちが楽です。

昨日・今日とお休みさせていただきました。ご迷惑をおかけしていたら、すみません。明日のレッドクラスから再開です。

さぁ、帰ろう。

AB7C9F31-4719-415C-9377-55A8EBE8E00D.jpeg



クラス休講のお知らせ

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




5月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:13| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

連休最終日ですね。

最終日ですね〜(もう一度言う)



明日から仕事ですね〜(しつこく言う)




庭の梅の花が散って、さくらんぼの花が咲き始めました。奥の方では八重桜の蕾が膨らんでおり、林檎の木の蕾にもやっと膨らみの兆しが見られます。まだまだ楽しめそうです。
花も札幌のヨガにもいい季節になってきました。
E78199C6-DD88-4F56-A9BB-8FB32645EC0E.jpeg



さて。久しぶりの動画です。
長〜〜〜く息を吐いているのですが、途中で吐くものなくなりました。それでもまだ身体はリラックスして、ジワジワと伸びが感じられます。動画の前に自分の練習の3回が終わっており、4回目のドロップバックなので、これでも一番よく伸びている状態です。
まだ一息で降りられていないし、最後はドスンと落ちてる感じです。でもやっとドロップバックに心地よさを感じるようになってきました(感じない日もあるけど)。苦手だけど好きな練習です。




うちの娘が来ました。
F8AD1FEB-9589-420D-A930-A65A633A4672.jpeg




クラス休講のお知らせ

5月10日(金) 18:45〜 ハーフレッド
5月11日(土) 全クラス

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




5月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 08:24| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

咀嚼の多さは今への集中力

腹八分目

よく噛んで、味わって、腹八分目くらいで食べ終える。ちょっと物足りないくらいで終えられれば、そのあとすぐにちょうどよくなる。


満腹

たいして味わいもせず、よく噛まず、欲に任せて放り込む。その時の満足感はあっても、そのあとすぐに苦しくなる。


もしヨガを、アーサナを、心身の健康のためにするなら、腹七〜八分目にとどめるのがいいと思います。
健康のためではなくて、難しいアーサナにチャレンジするのが好きでやってる趣味の人は、満腹になるまでやらないと満足できないかもしれないですね。その後で苦しむことになるかもしれませんけど。

腹七分目の目安って何か。人それぞれ指標があるかもしれませんけど、僕は断然呼吸です。1回の練習に、呼吸を深められないようなアーサナが何個もあるのは、先を急ぎ過ぎだし、求め過ぎだと思います。


ただのつまらない正論でしたね。
「平成最後の」も「令和」も出てこない呟きでした。




クラス休講のお知らせ

5月10日(金) 18:45〜 ハーフレッド
5月11日(土) 全クラス

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




5月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:00| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

GW中のクラススケジュール

29日(月)までは通常スケジュール

30日(火)
7:00〜9:00 マイソール
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜12:55 ハーフプライマリー レッド

1日(水)
10:00〜12:00 マイソール

2日(木)
7:30〜9:00 プライマリー レッド
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜13:45 マイソール

3日(金)
7:00〜9:00 マイソール
10:00〜11:30 プライマリー レッド

4日(土)以降は通常スケジュール




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:11| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

どっちもないブログ

歌の中には、1つの表現・フレーズ・言葉でハッとさせるものや、考えるきっかけとなるようなものがあって好きになるものがある。

また、そういうものではないけれど(何言ってるか分からないとか)、メロディだったり声が好きで聴くものもある。

どっちも含むものもあれば、どちらもないものもある。そのどちらであれ、歌(だったり曲だったり)は誰かの何か(心かな?)に触れるんでしょうね。

それが音楽であったり、本であったり、映画であったり、はたまた他の何かであったり。

そしてそれは、ヨガであったり。
ヨガの教えや、身体の使い方、How to が、その人の滞っていた何かを取り除いてくれることがある。だから好き。

そういうのはないけれど、とにかく呼吸とともに在り続けることが心地よくて好き。

どっちもないヨガはつまらんし、どちらもあればとてもいい。どちらかに偏ったヨガも時には必要だと思うけど、呼吸とともに在り続けるのが多い方がいいような気はする。あまり頭でっかちになってもね。

好きならどっちでもいいか。



何言ってるかさっぱり分からんし、言いたいことの内容がハッとさせてくれなくても、何かこの曲が好き、の代表曲。




クラス休講のお知らせ

5月10日(金) 18:45〜 ハーフレッド
5月11日(土) 全クラス

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 15:03| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

一気に

YouTubeには動画を上げていたのですが、ブログに載せていませんでした。
何のために動画を上げているのか自分でもよく分からなくなってますが、以前ある人が言った「身近な人がやっている動画を観るのはおもしろい」という言葉を信じて、またたまに撮ります。

ただの気分でその日のアーサナを決めているので、全然順番通りじゃなくてすみません。

ティッティバーサナ(蛍のポーズ)

蛍がこんな歩き方だったら、誰も好んで見にはいかないでしょう。


エカ・パダ・シルシャーサナ
エカとは「1」
パダは「足」
シルシは「頭」
1つの足を頭の後ろにかけるポーズです。

これは苦手です。


ピンチャ・マユラーサナ(孔雀の羽のポーズ)

孔雀の羽っぽい?


マユラーサナ(孔雀のポーズ)

ダウンドッグっぽいとき、頭を中に入れなくてはいけません。…が、入らんのよっ!


松葉杖をついて歩く人を見て固まる さえのポーズ
671C4847-5111-4F10-A1DF-373F4A756E4F.jpeg




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:44| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

呼吸とバンダの力

アシュタンガヨガをやっていると、「呼吸とバンダの力で」という、スターウォーズのフォースの力みたいなことを言う人がいます。だいたいフワリとリフトアップする系の動きやアーサナのときに聞きます。

でもね、です。

確かにそういう力が助けにはなるのでしょう。…が、絶対的に筋力は必要ですよ。「呼吸とバンダの力」などという繊細な関連性が分かるようになるまで、その人が何百、何千回と練習をしているうちに、「あ、これだ」と分かる(思い込む、と言った方がいいのかもしれない)瞬間が来るのでしょう。でも、その頃には何百・何千回もその人自身の重さをリフトアップしようと試みただけの筋力が養われているわけです。プラス、それ系の動きやアーサナにはあった方がいい柔軟性も培われていることでしょう。何千回も練習する頃には、重心のコントロールも分かっているでしょうし。そういうことすべてがあった上で、「呼吸とバンダの力」なんちゅう魅惑的なことが言えるようになるのだと思います。

ま、でも。
少なくとも、呼吸とバンダ(と呼ばれている何か)を常に意識した練習をする人にしか、それを言える瞬間は訪れないと思いますけどね。


アシュタンガヨガを始めたばかりの人は、こういうことにも興味があるんだろうなぁと思い、思うところを書いてみました。
不思議な力を探すより、まずはやれることを練習しましょう。




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:30| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

at ease in Navasana

桐島かれんさんが、こんなことを言ってました。

“May I live like the lotus at ease in the muddy water”という好きな言葉があります。泥水の中であっても、蓮のように、清らかに、優雅に、ゆるりと寛いで生きていきたい、といったような意味です。


これは、この前リンクしたSharath先生の言ってたことと同じだと思うんです。

「我々にとって、日々いかに穏やかで居られるか、幸せであるかが大切な事。これが私たちがフォーカスしている事です。(中略) 私たちのするべき事は自分自身が穏やかで安定しぐらつかない様にする事。これがアーサナが私たちに与えてくれる物です。」


桐島かれんさんのいう「泥水の中」というのは、「望ましくない環境の下で」というようなことの比喩だと思います。自分にとって望ましい環境であれば、誰だって穏やかに寛いでいられるでしょう。
そうじゃない状況のときであっても、ゆるりと寛げるようでいたい、と言っているのだと思います。

ヨガスートラ(ヨガの教典みたいなもの)では、アーサナ(ヨガのポーズ)はこうあるべし、と説いています。

sthira sukham asanam
スティラ スッカム アーサナム
(アーサナは安定していて、快適な状態であるべし)
ヨーガスートラ第2章46節

アシュタンガヨガをしていても、整えヨガをしていても、いろんなアーサナがありますよね。好きなもの、嫌いなもの、得意なもの、苦手なもの、心地よいもの、不快なもの、快適なもの、苦しいもの。いろんな状況において、どれだけ安定して寛げるか。そういう練習をしているのだと思います。自分を観察して、必要な力で安定感を作り、寛ぎとは真逆の不必要な緊張は取り除く。呼吸を穏やかに整えて、自分を落ち着かせる。といってもそれは、不快な状況から(アーサナを緩めたりして)逃げるのではなくて、その最中にいながらどうやってスッカムな状態に導けるようになるか、ということだと思います。…といってもそれにも自分の許容範囲はありますから、整えヨガではあまりに難しいアーサナはしませんし、アシュタンガヨガでは少しずつアーサナを追加していくのがセオリーになっています。呼吸も整えられないのに次から次へとアーサナを求めるのは、ヨガとは呼べないのではないかなぁと思います。
また、無理やりポジティブシンキングみたいに、深い呼吸を自分に無理強いするわけでもなくて、そのときできる呼吸でいいと思います。練習が深まれば呼吸は自ずと深くなってきますから。もちろんその気がなければ深まりませんが。
上達するには日々繰り返す練習しかありません。Sharath先生の言うように、マットの上だけでなく、マットから降りても。


Sharath先生のカンファレンスでのお話を読んで、自分の練習は変わりました。やってることは変わらないけど、意識が変化しました。気持ちが軽くなって、前より意気込む感じは減りました。いいぞいいぞ。


アシュタンガのナヴァーサナのカウントが長いって?
整えヨガでキツいポーズで嬉しそうににやけてるって?

分かったでしょ?
愛情の裏返しです(´ψψ`)





4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:47| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

安心できる

先日のブログで、Sharath先生がアメリカでおこなったカンファレンスの内容を(リンクで)紹介しました。前にも書きましたが、僕はYouTubeでSharath先生の出ている動画を観ることがあります。アーサナも話していることも(おそらく半分くらいしか理解できていませんが)、好きだからです。

Sharath先生より美しいアーサナをする人はいくらでもいます。何だったら僕の動画の方がキレイにできているくらいです。Sharath先生のするアーサナを観て、ワーオ!と驚くこともありません(ある意味驚いたけど)。
でも、なんか安心するんです。Sharath先生がやっているからこそだとは思いますが、安心します。他のどんな美しく、信じられないような動きをする人の動画を観ても、安心できることはありません。初めてNancy先生の話(というか、Nancy先生のするグルジの話)を聞いたときと同じような感覚になれます。

僕はどのようにヨガをしたいのか。どのように生きていきたいのか。どのようにヨガをしている人を、生きている人をいいなぁと感じるのか。

答えは明白です。

5年前の僕はそう思えなかったかもしれない。でも、いまはもう言える気がしています。アシュタンガヨガは目的ではないと。


※ 目的にしてはいけないと強要する気はまっっったくありませんのでご安心ください。




3月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:38| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする