2017年12月01日

昨日の今日で

今朝、練習後のクリアな頭で考えました。ここしばらく、なーんか気持ちが悪い理由を。
自分の体調とか練習のことではなく、気持ちが悪いのはクラスのこと。
その理由が分かりました。それ自体は書くほどのことではないのですが、そこから導き出した1つの答えがあります。

何をするか。
スタジオミガクのヨガをする。
ただそれだけです。

僕がクラスをする時点でそれはスタジオミガクのヨガなんですが、ここしばらくは、そうであってそうじゃありませんでした。それが気持ち悪さの原因でったんですね。

自分は、みんなは、何のためにヨガをするのか?
この根本のところに立返ると答えは簡単で、自分がクラスでやるべきことは決まってます。

訳がわからないですね。
すみません、一人勝手にスッキリして。
むしろモヤモヤの残る今日のブログ。




…って。
昨日ブログ書かへん言うたんちゃうんかーい!


もうスッキリしたからいいのだ。




12月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:23| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

12月スケジュール

来月からスケジュールに変更ありです。
12月4日(月)からこのスケジュールで行います。


月曜日
10:00〜11:15 整えヨガ
11:30〜13:30 アシュタンガヨガ マイソール

火曜日
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜12:45 はじめてのアシュタンガヨガ
18:00〜20:30 アシュタンガヨガ マイソール

水曜日
クラスはありません。

木曜日
10:00〜12:00 アシュタンガヨガ マイソール
12:30〜13:30 はじめてのアシュタンガヨガ
18:00〜20:30 アシュタンガヨガ マイソール

金曜日
10:00〜12:00 アシュタンガヨガ マイソール
12:30〜13:30 はじめてのアシュタンガヨガ
19:00〜20:15 アシュタンガヨガ レッドクラス
(ハーフプライマリー)

土曜日
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜13:00 アシュタンガヨガ レッドクラス
(ハーフプライマリー)
13:15〜15:30 アシュタンガヨガ マイソール

日曜日
8:30〜10:00 アシュタンガヨガ プライマリー レッドクラス
10:30〜11:30 はじめてのアシュタンガヨガ
12:00〜13:15 整えヨガ

※ マイソールクラスは、来られた方から練習を開始してください。クラス終了時刻にはシャバーサナを終えるようにしてください。

『はじめてのアシュタンガヨガ』では、アシュタンガヨガの基礎を学び、練習します。太陽礼拝からスタンディングのポーズまで(時間があればシッティング)をおこないます。
アシュタンガヨガが初めての方、ヨガをやったことがない方も大歓迎です。
アシュタンガヨガは、整えヨガと比べると運動量が多いヨガです。体力に自信のない方は、整えヨガから始められることをお勧めします。


年末は31日(日)までクラスをおこないます。
31日だけはクラス数が少なくなり、8:30からの『アシュタンガヨガ プライマリーレッドクラス』のみとなります。



このブログは2年分しか表示していませんが、10年くらいは続けてきました。毎日のように書いた月もあれば、1〜2回しか書かなかった月もあります。僕は人前で話すのがとても苦手なので、それを補うツールとしての役割が主でした。
ですが、それももうそろそろいいかなと思います。クラスで伝えたい・伝えるべきことは、下手でもそこで伝えます。ここで何かを文章として書くことは、今後はあまりないかもしれません。

美しくカッコいいアーサナの写真を載せたり、何かの助けになるようなヨガの教えを書くことが、スタジオの宣伝・集客に繋がるのだと思います。しょうもない日常を書くことは、僕自身を知ってもらえることにもなるのかもしれない。その意味では僕は熱心に取り組むべきなのでしょう。
それは分かるんですが、最近は僕自身が自分の書くものを好きになれません。なんだかなぁ、って感じ。


いままで通り、いままで以上にクラスをがんばります。
どうぞよろしくお願いします。




12月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:13| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

おもろい

数ヶ月前に大阪から移住してきた人がクラスに来てくれています。今日のマイソールの前に、大阪と北海道の違いについて、彼女がすでに経験したこと、まだ知らないことを含めていろいろ話し、大いに笑いました。

で、そのKさんですが、

「雪が凄すぎて笑った」
「こんな雪やのに、ピンヒールで歩いてる人いて笑った」
「普通に『押ささる』ってLINEで書いてるの笑える」

「北海道の生活は大丈夫そうですか?」って聞いたら、
「うん、今のところ全部おもろい」って。

全部こんな感じ。
環境とか、言葉とか、文化とか、いろんな違いをおもろがれる。こういう人はきっとどこ行っても大丈夫ですね。


ずっと住んでる僕はオモロがれません。
最初っからあんなに降るだなんて。
昨日、蕎麦を食べる自分の手をうまくコントロールできないことで気づきました。
除雪の影響が…




11月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:44| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

統一します。

スタジオミガクでのアシュタンガヨガに関して、あやふやになっているであろう部分をはっきりさせます。


・プライマリーシリーズのみ練習している人は、ドロップバックとカムアップの練習はしません。プライマリーシリーズにセカンドのアーサナを付け足している段階の人は、ドロップバックとカムアップの練習はしません。

・セカンドシリーズをすべて練習する人のみ、ドロップバックとカムアップを練習します。

・セカンドシリーズをすべて練習している人がプライマリーシリーズを練習する日は、それだけで終えます(セカンドの最初の方のアーサナはやりません。ドロップバックとカムアップもしません)。

・セカンドシリーズをすべて練習している人は、プライマリーとセカンドの練習を交互にします。

・サードシリーズの練習もする人は、プライマリーだけの日、セカンドだけの日、セカンド+サードの日に分けて練習します。

・ドロップバックとカムアップを練習している人で、一呼吸でドロップバックして、一呼吸でカムアップできる人は、ドロップオーバーの練習をしてもいいです。


以上のことに例外は設けないことにします。融通をきかせると不平不満が出ることが分かりましたので、上記のやり方にします。


アーサナのやり方等は、変化することがあります。僕の師事する先生は近くにいないので、会えたときにしか確認できないことがあります。僕自身が練習しているときに先生がいつもそばにいて、間違いを訂正してくれる環境なら、今後ほとんど変化はないかもしれない。でもそうではありません。少しの変化はありえます。

ヨガをする上で大切なことは、アーサナの出来不出来ではありません。練習する人がどのように取り組むかは人それぞれで、それを否定はしませんが、僕はアーサナができるという結果のみを見ることはしません。
いかに自分を空っぽにして(前後裁断して)、その瞬間瞬間にできることに集中し、それを受け入れるかが大切だと思います。変化があったとしても、それまでのやり方を変えて、新しいやり方でできることに集中することがヨガだと思うんです。
もちろん、そんな変化だと体を痛めてしまうじゃないか!というものを受け入れる必要はありません(そもそもそんな変化はありませんが、個人差はありますから)。試しにやってみるだけの柔らかさはあった方がいいですが、工夫しても自分に当てはめられないときは、拒否して構いません。


久しぶりに書いたブログがこんな内容ってつまらないですね。




11月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:24| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

幽霊とは

読んでいる本に書いてあったことです。
絵に描かれる日本の幽霊には3つの特徴があるそうです。

1. 髪をうしろへ長く引いている
2. 両手を前に出している
3. 足がない

これらにはそれぞれ意味があるそうです。

1. 髪をうしろへ長く引いている
済んでしまってどうにもならない過去を、いつまでもぐずぐずと引きずり続ける。

2. 両手を前に出している
どうなるか知りようのない未来を案じて、こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようと、生きる姿勢が前のめりになっている。

3. 足がない
今ここを限りなく取り逃がし続けている。


ひーっ。
生きながらにして幽霊になっとるー。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:49| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

邪魔しない

なんでこうも読む気の失せる文書を書くかなぁと自分の書くブログを読んで思う。
こんなこと、ヨガを始めた頃には全然考えなかったのに。

できて嬉しい。
できなくて悔しい。
凄いねと言われて自慢気になる。
何も聞こえなくなるくらい集中する。
誰かと比べて俄然がんばる。
発見に大喜びする。
心地がいい。

いろんな楽しみがあったけど、僕はもう誰よりも『できる』にこだわってたと思う。できるようになることが最大の楽しみだった。そのためには呼吸を無視したし、筋肉に頼りきりにもなった。痛みが出ようが我慢してできるようになろうとした。無理を無理とも思わずに。

いろんな過程があるし、進む道がありますよね。
そんな過程を経て今にたどり着いているくせに、同じ過程を楽しんでいる人に「そうじゃなくてさ〜」と言うのは、押しつけがましいにも程がある。

自分の楽しみをとことん突き詰めましょう。
アドバイスはしますが、それが届くかどうかは気にしません。いつかどこかで届くかもしれないし、消えてしまうかもしれない。

It’s your choice.

自分のヨガをしましょう。
そして何かを感じ、何かを思い、何かを考えて、また実践に戻りましょう。


いずれにせよ、ヨガする人の日常が幸せだったら、それでいいなと思います。
そのための場を作り、見守ることがスタジオミガクの役目であり、邪魔をすることだけはするまいと心に誓いました(ちょいちょい忘れるけど)。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:36| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

ある

ミュージシャンであり俳優の星野源さんが、著書の中でこう書いていた。

「ギターを弾き始めた中学の頃、楽譜やバンド譜を買うお金がないので音源を聞いて耳コピするしかなかったことを思い出した。最初は何のコードなのか、ベースラインがどう動いているのかまったくわからず途方に暮れたが、諦めきれずに何度も何度も聞いていたら、少しずつ、音の微かな違い、コードのテンションの違いがわかってきた…」


興味をもって意識を向けていると、今まで感じていなかったことに気づけるときが来る。
ヨガをして呼吸の乱れに気づく。
世の中のジムニーの多さ気づく。
犬がたくさんいることに気づく。


そこにあって欲しいものを、あるべきだと思いたいことを、あったと思い込んで見つけた気になることがある。実際にはなくても。


自分の経験を通して作り上げてきた枠組みや思い込みから自由になること。それがヨガの目的の1つのように思う。
ただそこにあるものを感じるのではなく、あって欲しいと願うものを見ようとするのは、今に意識がなく、ヨガの目指す方向とは違うのではないかな。


あるものに気づくのは「今」
こうあって欲しい・あるべきは「過去」「未来」


そこにあるものに気づける感覚を養いたい。


窓から見える今年の紅葉がきれいです。
22973832-537A-4876-B0A3-774FB0AF2295.jpeg



10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:09| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

Don’t think like that.

“Don’t think that perfecting an asana makes a good practice. Don’t think like that. Many students say, oh today, I caught my ankles in backbending, today is my good practice. Don’t think like that. Getting up and being on your mat, and just doing what you can, that is sufficient and that is your best practice.”
ーSharath Jois

『アーサナを完璧にすることが良い練習だと思わないように。多くの生徒は「今日バックベンドで足首掴めたよ。良い練習ができた〜」と言います。そんな風に考えないで。朝起きて、マットの上に立ち、ただあなたのできることをするだけ。それで十分だし、それこそが最高の練習だ。ーシャラス・ジョイス』


アシュタンガヨガのトップがこのように言っています。
マットに立つこと以外は何も難しくないです。難しくしているのは自分自身。

もっともっと。
より深く。
より完璧に近いアーサナを。

何かをできるようになりたいとか、より深めたいと思う向上心は、誰しもが持っていて自然な感情だけど、きっとそれはマットに立つためのきっかけに過ぎない。
それらをマットの上にまで持ち込むと、前後裁断されず、自分を苦しめる種になり、ヤマも二ヤマも蔑ろにされる。

ヨガをする動機や目的は人それぞれで、それらを尊重したいとは思うけど、アーサナを完璧に近づけるためのアジャストやサポートは、僕はしたくありません(そもそも完璧って何だ?)。それぞれの強さや柔らかさを養うためだったり、何かに気づいてもらうためのサポートをしたいです。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:06| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

東京さむい

講座はあと1日。
とても濃い内容です。
学んだことをクラスで伝えます!
なんて言ってましたが、習ってすぐ伝えられるほど浅いものではありませんでした。
理論がしっかりしており、伝統的テクニックをちゃんと科学的な根拠を持って伝えてくれます。講師はドクターであり、とても教え方が上手いので、納得しながら実践を進められています。

整えヨガで取り入れたいと思っていましたが、考え方はアシュタンガヨガにも活用できると思います。まずは自分に落とし込めるまで考えながら練習しよう。


東京らしいこと何もしてない。
いや、混んだ電車には揺られてるか。
明日もがんばりまーす。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:53| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

東京あつい

年に一度か二度は飛行機に乗っていると思うのですが、ここ何年も座席は通路側を選んでいました。少しだけ広くスペースを使えるし、席につくのも立つのも楽。到着後、出るのも早い(急いでいるわけでもないんだけど)。
だけど、今回は久しぶりに窓側の席を選びました。昼間のフライトということもあって、外がよく見えて、とても良かったです。
何が良かったかというと、道路や家々、山、雲、空、海、波、船、それらを上から見ていたら、自分てちっちゃいなーと改めて思えたこと。
ありがちなんですけどね。
物理的な小ささを実感できたことで、自分の器の小ささからくる、しょうもない悩みを笑えました。そんなことどうでもいいやって。大事なのはそこじゃないって。

明日から3日間クラスはお休みです。
帰ってからのクラスをより良いものにできるよう、しっかり学んできます。


371EF32D-20C4-4655-B539-34EE653D509D.jpeg
マット、余裕で敷ける!
ホテルで初アシュタンガ!
明朝が楽しみです。



10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:58| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする