2016年01月30日

インド的

オホーツク海沿岸で流氷が観測され始めているようです。

image.jpg
ボクは見たことありませんが、こうやって見るとキレイなものですね。
はい、キレイだと思います。
でも、なかなかに突飛な発想ですね。

オホーツク海の青さと、海面に浮かぶ白い流氷の景色に魅せられた、マクスード・アラムが、「何とかこの海を◯◯◯で表現できないものか」と試行錯誤して完成させたのがこの「オホーツク流氷◯◯◯」です。



はい、これ。
レトルトカレー。
image.jpg

キーワードを思い出しましょう。
・オホーツク海の青さ
・海面に浮かぶ白い流氷

それをカレーで?

さあ、こうなりました。
ドドーーーン
image.jpg

ここまで青い食べ物を食したのは初めてかもしれない。
味はインドカレー風で普通に美味しいです。
興味ある方は、こちらで食べられますよ。

オホーツクのインド
クリシュナ
http://denshobato.com/tokusen/kurishuna/top.tks

カレーはいいねぇ。
こんな貴重な体験をさせてくれて、ありがとう!
ご馳走さまでしたー!




2月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 19:55| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

この緊張感

4時に目が覚めた。
まだ早過ぎる。
眠ろう…とするが、全然眠れない。
ワクワクして、どんどんイメージが湧いてくる。
もう起きてしまおう。
起きてカーテンを開けると、うっすらと雪が積もっている。
いいぞいいぞ。
ゲレンデはきっといい感じ。
今日は10年ぶりのボードに行く日だ。

10年前も我流で少しやってただけでした。
なので、技術的なことはまったく知らないし、自分のやり方の先に何があるのかも分からない。
ヨガは習わなくてもできるけど、教わると全然違う。ボードも同じだと思う。といってもスクールだと結構高いしなぁ、と悩んだ挙句、選択したのはDVD購入。
で、4時からDVDを観てイメージを高める。テレビの前でボードの姿勢をとって、部屋の中の仮想ゲレンデでターン、ターン、ターン(ボルスターに乗って)。ど素人なので、声まで出して。

「リラ〜ックス」
「呼吸〜」
「両足に荷重して〜」
「次のターンの準備!」
「目線!軸!」
「膝を絞って〜」
「ハイバックにふくらはぎを当てるように〜」

4時からうるさい。
普段から人の動きを見ることを仕事の一部としているので、多分そのDVDをかなり活用できていると思う(多分だけど)。
ある程度観てイメージができたら、あとは実践だ。現場でイメージとのズレを調整するのだ!
早く行きたい!
でもまだ6時。
むー。
新聞でも読むか。

そうこうしてるうちにやっと8時。
スタジオの除雪をしてから出ればちょうど良い時間だ。
いざ行かむ!


と、そんな感じのボード前の時間の過ごし方でした。
ボードはとても楽しかったですよ。
天候にも恵まれたし。
見た感じではゲレンデ中でもっとも豪快に転んでいたのはボクでした。
何度も何度もコケて、少し何かを掴めました。
イメージ通りにできた瞬間もあったのが最高に気持ち良かったです。
驚きだったのはゲレンデの9割5分が、スキーヤーだったこと。
あと、小・中学生のスキー学習と自衛隊のスキー演習(?)がめっちゃめちゃ多かったこと。
素人ボーダーのボクにはやりづらい部分が結構ありました。
が、それを差し引いても、とてもとても楽しい時間を過ごすことができました。
スキー情報でボクを魅了し10年ぶりのボードに引っ張り出してくれたみなさま、ウェアのパンツを貸してくれたtakadaさん、ありがとうございました!お陰さまで堪能できました。
毎週水曜日はボードの日となりました。

明日、どんな筋肉痛なんだろう。
ええ、明日です。
明後日ではありません。

5212A13C-3926-4F79-BC60-494B3F037524.jpg

リフトから降りる時の緊張感は永遠。



1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 20:05| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

チンケなプライド

先日、小さな「できた」を経験しました。

ボクの好ましくない癖、それは「うまくやろうとすること」。
分からないこと・知らないこと・できないことを、分かった風に・知った風に・できる風に誤魔化して振舞うこと。こういう態度って素直じゃないし、自己防衛が過ぎると思います。これをやってしまったときは、自分にがっかりします。

でもこの前は、素直になれました。
自分の足りない部分を認められたし、相手の素晴らしさも認められました。その上で、自分ができることを誠実にできたと思います。相手がそれをどう感じるかは、ボクの手の届くところにない。うまくやろうと自分を大きく見せて、相手に少しばかりの良い印象を与えるよりは、等身大の自分でぶつかってがっかりされた方がずっといい。その経験を通して現実を認め、痛い思いをした方が自分のためになる。
痛みのおかげでボクは大いに刺激されたし、それがまたレッスンにもつながると思います。

がんばるぞ。





1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:53| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

ワラァ

心を空にするんだ
形を捨てて
水のように
水をカップに注げは、水はカップとなり
水をビンに注げば、水はビンとなる
そしてティーポットに入れればティーポットになる
水は流れる事も砕く事もできる
友よ 水になるんだ


ブルース・リー



普段から無理なく水のようであれたら、きっと必要性を感じてヨガをすることはないだろうなぁ。

「人生にこだわりがない」と今朝のレッスンの後でNちゃんが言っていた。いろんなことへのこだわりのなさを、どちらかと言えば否定的に話していたけど、ボクはそれはある意味ブルース・リーが言うところの「水」だと思うのです。こだわりがなければ、自分自身をいかようにも変えられる。変幻自在。融通無碍。強いこだわりが魅力を放つこともあるけれど、こだわりがないことは最大のサバイバル能力だと思う。
そして、Nちゃんのヨガを見ていると、その頭と心の柔らかさが成長を育む最大の要因の一つだと教えられるのです。

自分は自然にそうあることはできないから、水のようになれるよう練習しよう。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:30| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

1枚じゃ足りない

カフェオレが飲みたくなった。
マグカップに少量のコーヒーを作り、そこに牛乳を注ぎ込む。

ふと、マグカップから牛乳パックを遠ざけたくなった。
もこみちくんが高いところから塩胡椒を振るように。
その方がコーヒーと牛乳がよく混ざるかな、と思っただけ。
注ぐ牛乳を細くしながら、どんどん高くしていく。
もちろんカップに注げる牛乳の量なんてたかが知れているので、これはほんの数秒のことを書いているわけですが。

勢いに任せて結構な高さまで引き上げたときに、「ああ、これ難しい」って気づいた。
もこみちくんは、ただ広い対象にパラパラと振り掛ければいいけれど、こっちはマグカップの狭い口に線として繋がった牛乳を注ぎ続けるのだから。
で、難しいと気づいた途端、こぼしたときのことを考えて集中が途切れた途端、手ぶれがおこる。

心なのだ。
心がいつだって影響するのだ。
静かな湖面のような心でいられたら、手ぶれは起きない。
波立つ心を鎮められたら、ありのままを見ることができる。
そのための練習がヨガ。
呼吸を鎮め、集中を途切らせないこと。



えっ?
カフェオレ?
結果は想像に難くない。
どなたかティッシュプリーズ。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:59| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

心掛け

自分の練習で心掛けていること。

・良いときと比べない。
・かたいこと、重いこと、弱いこと、etc...それらを悪いことと判断しない。
・かたくても重くても弱くても、練習を投げ出さない。
・どんな状態であろうと、淡々とできることに集中する。心を乱さない。
・アーサナの深さや完成度よりも、呼吸の深さやリズムを優先させる。
・完成度に固執しない。


ボクがやっているのは、アーサナの練習でもあるけど、心掛ける練習でもあります。
どう練習するかは人の自由です。
ただ、自分を苦しめるような練習や、自分の可能性に蓋をするような練習は勿体無いなぁと思います。



9日スケジュール変更

13:30『アシュタンガヨガ マイソールクラス』
都合により、レッスン開始が17時になります。たまには夜マイソールはいかがでしょう?
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:46| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

ない。 全然ない。

新年、あけましておめでとうございます。

今朝、7:30過ぎに着信があった。
知らない番号だ。
留守電は入ってない。
すぐに掛け直したけど、繋がらず。
そして、再びかかってこず。
何だったんだろう。

今日からレッスン開始でした。
年明け早々来てくれたみなさん、ありがとうございました。

1つ目のレッスンを終え、みんながマットを片付けたりしているときに、2つ目のレッスン参加者が続々とスタジオ入りしてきた(1つ目のレッスン前にしゃべり過ぎて、スタートが遅れたのもあり)。
ボクはいつもの入口のすぐ横にいた。
新年の挨拶を交わしたりしながら。

ガラッ
ドアが開いた。
どなたかな?と入口を見る。

!?

知らない男子だ(仮にTさんとしよう)。
このレッスンに体験の予定はない。
Tさんはドアを通るなり、辺りを見渡すことなく、最前列でマットを拭いていた山下さんの方に一直線に向かい…

「今朝、電話した体験の…」
(今朝の電話の!?)

いやいやいやいやいやいやーっ!
その人、山下さんですからっ!
こっちこっちー!

山下さん、先生っぽいんだな。
ボク、先生オーラゼロ。笑
微塵もない。
いいぞいいぞ、それこそボクの目指すものだ。
よーっし、良い感じのスタートだぞ。
今年も良い1年になりそうだ。


東京から旅行で来ていたTさん。
いいすね、旅行先でヨガって。
そして、Tさんが帰るときに、「またおいでーっ」って言ってくれるうちのスタジオのみなさん、最高にいいすね。
ボクは札幌や札幌以外でヨガのレッスンに出ていますが、「またおいでーっ」なんて生徒さんにフレンドリーに言ってもらったことないです。誰かに言っているのも聞いたことない。
いつもみなさんに、教わり、助けられてます。

ただヨガを知っている、ただアーサナができる、ただ教えるのが上手、そういうところを超えていきたいです。そのためにも、頭と心を柔らかくして、みなさんに教わったことを活かしていきたいです。

今年もよろしくお願いいたします。


みんな、またおいでーっ!!



9日(土)スケジュール変更

13:30『アシュタンガヨガ マイソールクラス』
都合により、レッスン開始が17時になります。たまには夜マイソールはいかがでしょう?
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:48| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする