2016年01月27日

この緊張感

4時に目が覚めた。
まだ早過ぎる。
眠ろう…とするが、全然眠れない。
ワクワクして、どんどんイメージが湧いてくる。
もう起きてしまおう。
起きてカーテンを開けると、うっすらと雪が積もっている。
いいぞいいぞ。
ゲレンデはきっといい感じ。
今日は10年ぶりのボードに行く日だ。

10年前も我流で少しやってただけでした。
なので、技術的なことはまったく知らないし、自分のやり方の先に何があるのかも分からない。
ヨガは習わなくてもできるけど、教わると全然違う。ボードも同じだと思う。といってもスクールだと結構高いしなぁ、と悩んだ挙句、選択したのはDVD購入。
で、4時からDVDを観てイメージを高める。テレビの前でボードの姿勢をとって、部屋の中の仮想ゲレンデでターン、ターン、ターン(ボルスターに乗って)。ど素人なので、声まで出して。

「リラ〜ックス」
「呼吸〜」
「両足に荷重して〜」
「次のターンの準備!」
「目線!軸!」
「膝を絞って〜」
「ハイバックにふくらはぎを当てるように〜」

4時からうるさい。
普段から人の動きを見ることを仕事の一部としているので、多分そのDVDをかなり活用できていると思う(多分だけど)。
ある程度観てイメージができたら、あとは実践だ。現場でイメージとのズレを調整するのだ!
早く行きたい!
でもまだ6時。
むー。
新聞でも読むか。

そうこうしてるうちにやっと8時。
スタジオの除雪をしてから出ればちょうど良い時間だ。
いざ行かむ!


と、そんな感じのボード前の時間の過ごし方でした。
ボードはとても楽しかったですよ。
天候にも恵まれたし。
見た感じではゲレンデ中でもっとも豪快に転んでいたのはボクでした。
何度も何度もコケて、少し何かを掴めました。
イメージ通りにできた瞬間もあったのが最高に気持ち良かったです。
驚きだったのはゲレンデの9割5分が、スキーヤーだったこと。
あと、小・中学生のスキー学習と自衛隊のスキー演習(?)がめっちゃめちゃ多かったこと。
素人ボーダーのボクにはやりづらい部分が結構ありました。
が、それを差し引いても、とてもとても楽しい時間を過ごすことができました。
スキー情報でボクを魅了し10年ぶりのボードに引っ張り出してくれたみなさま、ウェアのパンツを貸してくれたtakadaさん、ありがとうございました!お陰さまで堪能できました。
毎週水曜日はボードの日となりました。

明日、どんな筋肉痛なんだろう。
ええ、明日です。
明後日ではありません。

5212A13C-3926-4F79-BC60-494B3F037524.jpg

リフトから降りる時の緊張感は永遠。



1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 20:05| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする