2016年03月31日

木も森も見る

自分で言いながら、なんでだろう?
って思っていたことがあります。
よく分からないけど、
そう教わったから大事な気がして
伝えていたこと。
そういうのやめます。

ボクが感じていたのは、
・理にかなってない
・不自然
そういうことです。

必要最小限。
ラオウじゃなくてトキ(ただのイメージ)。
力は抜けているんだけど、
意識は行き渡っていて、
隙がない感じ。

先を見越して今からやっとく、
じゃなく、
先を見越さず今必要な分だけに集中。

その分の意識のゆとりを、
もっと有意義なことに回そう。




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:44| Comment(7) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題

年度末に思うこと。

自分のヨガをすればいいと思う。
気持ちの良いヨガ。
楽しいヨガ。
きつーいヨガ。
集中できるヨガ。
エクササイズとしてのヨガ。
ヨガ哲学に基づくヨガ。
etc.

何でもありだと思う。
ヨガをすることで、心穏やかになるのも、ハッピーになるのも、落ち込むのも。
何かを手放す柔らかさも、ギュッと掴んで離さない硬さも。
素直な自分も、頑なな自分も。
甘やかす自分も、頑張りすぎる自分も。
先を見る自分も、今に集中する自分も。

どんな自分であれ、それに気づけたならそれでオッケー。
そしてシャバーサナでは、全部忘れる。

そんな感じで。

Don't worry. Be happy.




3・4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:01| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

アシュタンガクラスのお知らせ3つ

『ギャザー』という言葉を久しぶりに耳にし、どうしても使いたくなったコバヤシです。


来週火曜日(29日)19時の『アシュタンガ・ベーシック』は、5週目になるので、ハーフプライマリーレッドクラスです。
ややゆっくりのカウントで進めていきますので、確実に20:30過ぎになりそうです。
帰りのお時間にゆとりのある方、ぜひご参加くださいませ。


毎週日曜日8時の『ハーフプライマリー レッドクラス』は、来月から2週目のクラスが、『ハーフまでのレッドクラス + フルの残りをゆっくり進めていくクラス』になります。
この前の特別クラスと同じような感じです。
ということは必然的に7時スタートになります!春ですしね。起きられますよね。
※ このクラスの体験は受け付けておりません。初めてで参加ご希望の方は、非会員ドロップイン料金の2,300円になります。


急で大変申し訳ありませんが、明日10時の『アシュタンガ・ベーシック』は休講とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


image.jpg
やめてー!見つめないでー!目尻にギャザーできてまうやん!



3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:32| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

狼少年

今朝7時の特別クラスの前に、おもてなしの気持ちでコレを書いたのはボクです。
image.jpg


そして、レッスン終了時に、感謝の気持ちでコレを書いたのもボクです。
image.jpg



狼が来るぞー!
image.jpg
にゃー



3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 19:43| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

深化と変化

最近親バカが止まらないコバヤシです。


6〜7年前、レッスンに来てくれた1人の女性がこんな話をしてくれた。

「少し前まで、◯◯先生のレッスンに行っていたのだけど(ボクは知らない先生)、インドから帰ってきてから、どんどん瞑想の方にいっちゃったんです。私はもっと動きたいのに、以前みたいにポーズをやらなくなったんですよねー。」

その時は「へ〜」って聞いていましたが、今になってみると、その先生の気持ちが分かる気がします。
ヨガを進めていくと瞑想にたどり着く、ということではなくて、ヨガをする上で大事だと思うことが変わる、という意味で。
週に1〜2回ではなく、毎日ヨガをし、ヨガとは何か?を考え、レッスンについて考えていると、自分の中での考えが深化し、価値観が変わってきます。大切だと思っていたことがそうではなくなり、違うことに価値を見出すようになります。

ただそうなった時に、自分の中で勝手に深化させたものを、「はい、今日からこうなりました!」ってやっても、そりゃちょっとねぇ。溝ができますわなぁ。
少しずつ伝えていかないと。

あれ?レッスン変わったなぁ、と思ったら、それはボクの中で変化があった現れです。溝ができてしまわないように、気をつけようと思います。



今日のワンコ。

得意の『しょぼ〜んポーズ』で、彼氏を惑わせる さえ(ワンコの名前)なのでした〜。
image.jpg




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:59| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

愛しのサムズバイク

今から17年以上前の札幌に来たばかりの頃、ボクはマウンテンバイクに乗り始めた。
整体の学校に通う交通費を浮かすために始めただけで、それ以上の興味はなかった。
そのうちタイヤの空気が抜けるようになり、パンクを疑い近くのマウンテンバイク専門店に持ち込んだ。すると、若干態度デカめの店主が言った。

「マウンテンバイク乗るなら、パンク修理ぐらい自分でできないとね」

クッソ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

すぐにお金をおろして、その店主からパンク修理キットと空気入れを買い、やり方を調べながら自分で直した。
それが始まりだった。
マウンテンバイクの面白さにはまっていったのは。
あの人のあの不親切な親切のお陰だ。
今も飽きずに自転車をイジっていられるのだから。
出会いはそんなだったけど、それ以来しょっちゅうその店に通った。何も買う予定がなくても行った。行くだけで楽しかった。ホントにいい人だったんです。店主も奥さんも。


さっき知らされた。
店主が一昨日急逝したことを。
ベースを抱えながら亡くなったそうです。
チャリ屋なのにベースって。笑

久しぶりになんか落ち込んだ。

札幌にはあなたから自転車の面白さを教わった人がたくさんいると思います。
この楽しい世界に引き込んでくれて、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。


ヨガスタジオのブログに書くことではありませんね。
ごめんなさい。
ボクに大きな影響を与えた人のことを知ってもらいたかったんだと思います。

明日もみんなが元気でありますように。




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:26| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

それでも、喜び > 嘆き

今日の喜び。
帰ったら初めてしっぽを振って出迎えてくれた。

ズッキューーーーーン!!!


今日の嘆き。
昨日、市内某菓子店で買い物をした際、4,000円のおつりを受け取らなかった。
店員さんも忘れたし、お菓子に舞い上がっていたボクもすっかり忘れてた。
で、取りに行った。
お詫びですとお菓子をもらった。
ラッキー♪

…で?どこが嘆き?

受け取る5分前のこと。
菓子店手前20mで警察に止められた。
何台も止められている。
一時停止をしなかったと。
た、確かに…
すんません。

減点2点。
反則金7,000円也。

7,000円のお詫びのお菓子かぁ。
ゴールドも遠のいたなぁ。

交通ルールは守りましょうね〜。




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 20:01| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

犬ブログにはしない!…つもり。

優先順位が大きく変わった。
いままでこだわっていたことが、拍子抜けするくらい大事じゃなくなった。
人生の中で、これほど大きな変化を感じるのは初めてかもしれない。

image.jpg
この子のおかげで。

自分を満足させるためにこだわっていたのが、この子を満足させることにこだわりたくなった。

どうやったら喜んでくれますか?


image.jpg
自分ガン見




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:51| Comment(9) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

フルプライマリーデビュー!

骨盤とか重心がどうこうとか言いながら、自分が一番好きなのは、とにかく呼吸を一定に心地よく保てたヨガです。呼吸を一定に心地よく保っていられる範囲内で、自分を見失わずに練習できたとき、それがアシュタンガであれフロー系であれ、最後のシャバーサナがすっごくいいです。
ボクのアシュタンガヨガの理想は、最初から最後まで一定の呼吸を保ち、その中にアーサナが組み込まれているような練習です。アーサナの順番があって呼吸がついてくるのではなく、その真逆です。プライマリーシリーズだけでも全然オッケーなので、呼吸の糸で理想のアーサナを紡いでいきたい。先にも後にもより掛からず、今のど真ん中にい続けたい。欲張らず、でも甘やかしもせず。それが理想です。
アシュタンガの練習で、次のアーサナは何だっけ?ってなっているうちはまだ難しいですけどね。


3月21日(月・祝日) 7:00〜9:30
『フルプライマリーデビューしよう!』

ハーフまでは練習してるけど、フルはちょっと…マイソールもまだまだ…と仰る方のための特別クラスです。
ハーフまではレッドクラスでサクサクと進み、その後のアーサナを解説付きで練習していきます。質問もどしどし受け付けます。
まだハーフもやったことないけど、プライマリーシリーズの全貌を知りたい!という方も大歓迎です。

日曜日よりもさらに1時間早いですが、興味ある方はぜひご参加ください。
アシュタンギは朝が早いんです!


ソファの下になにかいる…
image.jpg




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:55| Comment(11) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

ただのテクニック

たまに、このブログに辿り着いた検索ワードを見ることがあります。
多いのは。
『札幌 ヨガ』
『札幌 アシュタンガヨガ』

意外とちょいちょいあるのは。
『白いブリーフの男』

何のブログかボクには分かりますが、みなさん分からないでしょう。怪しい内容ではなくて、昔買ったアイアンガーヨガの洋書があって、そこに写真で出てくる男性のことを書いたものです。
…が、検索した人は、白いブリーフの男の何を知りたかったのでしょう。謎は深まります。

あと結構多いのは、アーサナのやり方が分からなかったり、困っていることについて。
1つ言えるのは、このブログでは何もテクニカルなことは書いていないので、辿り着いてもらっても何も得るものがない、ということ。残念。

で、たまにはそういうテクニックについても書いてみようかと。
テクニックって小手先のことだと思うので、大して重要ではありませんが。

最近あった検索ワード。
『足の外側がしびれてアーサナがとれない』

アシュタンガヨガを始めた頃にボクは経験しましたし、レッスンに来てくれている方も同じことを言っていました。検索をした方が同じ意味で言っているかは分かりませんが、それについて書いてみます。
ここで言う「足の外側」とは「脚の外側」ではありません。足首から先の「足」です。
パールシュヴォッターナーサナ→ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナ→アルダ・バッダ・パドモッターナーサナ辺りで足の外側がしびれるのではないかと。
自分の経験と、練習を観ていて推測できることは、足の内側で踏めていないのではないか、ということ。

パールシュヴォッターナーサでは、単純に内ももを引き寄せる意識・前足の親指の付け根を押し付ける意識が足りないと思います。あと、ただ上半身を前に倒すだけで、「引く」という動作がないのも原因の1つではないかと。

ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナでは、持ち上げる脚を高く上げることに意識が行き過ぎると、土台の骨盤がどんどん傾きます。土台に傾きが出るということは、軸足側の内ももを使えていないということです。それは外側への荷重が増えることを意味しているので、足の中指・薬指・小指側の力で支えざるを得なくなります。
持ち上げる脚のハムストリングが硬いことも一因で、骨盤の後ろへの傾きも強くなり、軸足の股関節が外旋し、膝は曲がり外を向き、親指の付け根(拇指球)はマットを踏めなくなります。同じく足の外側で支える羽目になります。
自分の重心がどの辺りにあるのかを把握しないと、上のアーサナと同じで、引く動作がないので、前に外に荷重してしまい、足の外側の疲労がすごいことになってしまいます。

上記2つのアーサナで、すでに足の外側の疲労はMAXになっているので、アルダ・バッダ・パドモッターナーサナではもうどうやってもしんどいです。

レッスンではこんな言葉で説明するわけではないので簡単な話なのですが、文字に起こすと訳わからんですね。
逆に言うと、レッスンで言う単純なことの裏側には、こんな訳わからんことの裏付けがあるということです。この辺りは機能解剖学マニアのように勉強していた整体師時代のことがボクを助けてくれています。

こういうテクニカルなことを書くのは、「オレこんなこと知ってるぜ〜」というアピールみたいで好きではないですが、誰かの役に立つかもしれないと思えば、たまにはいいのかなぁ。
体の使い方についての考えは先生によって異なるので、ネットで検索するよりも、習っている先生に直接聞けるといいですけどね。


飛ばさずに最後まで読んだ人いるのか??

image.jpg




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 08:29| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

螺旋

アシュタンガヨガのプライマリーシリーズを練習していて、「もうこれ以上は掘り下げられないのかなぁ」と思った時期がありました。
続けることでもう少し筋力がついたり、柔軟性が増したりしてアーサナがやりやすくなることはあっても、「あっ、こういうこと!?」っていう発見から、グンと一気に掘り下げられるような深みには達しないのか、と。
そんなのは、大きな間違いでした。
大きな間違いにできたのは、スタジオでじっくり練習している人たちを観察できたから。
アシュタンギに限らず、みんなです。
いろんなクラスに来てくれるみなさんを観させてもらって、なぜだろう?と考えているうちに、先の「あっ、こういうこと!?」がどんどん湧き出てきて、グングン掘り下げていくことができました。

教えることは、教わること。

教え、教わり、練習し、発見し、またそれを教えて。。。
このスパイラルは終わりのない楽しみだなぁ。




3月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:44| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする