2016年04月30日

3分間卵

最近スタジオで取り入れたブロックがありますが、購入をご希望の方は、コメントかメールでお知らせください。
数が分からなくなってしまったもので。
「ハードでもいいよ」もしくは「ハードがいい!」という方はその旨もお知らせいただけると助かります。
胸を開けるようになりたい方、反る動きを自重でおこないたい方にお勧めです。

お手数おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いしますー。




5月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:16| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

変人の戯言

アシュタンガヨガの練習をしたり、見させてもらっていると、「このヨガは理不尽なことを要求するなぁ」と思うことがあります。世界中の人が同じアーサナをやるわけですから、それぞれの人がそれぞれに難題を突きつけられるわけです。例外なく全ての人にちゃんと課題があります。プライマリー、セカンド、サード…、どこを練習していようと関係ありません。YouTubeで異次元と思われるような動きをする人も、隣のマットで驚くべきアーサナをしている人も、チャトランガすらまだしんどい自分も、各々の苦しい課題に取り組んでいるという点に於いては同じです。

これが他のヨガだったら(例えばうちの整えヨガとか)、難儀な場面に出くわしたら、それが難儀でなくなるように個人に合わせて道具を使ったり、バリエーションを設けたりします。そうすることで、アーサナの意図することを的確にその人の体に伝えられるし、不用意な刺激は避けられます。それはメリットですね。

そういう大きなメリットを超えて、この理不尽なアシュタンガヨガを練習するのがボクは好きです。腕が短かろうがバインドっていったら必死でバインドを目指す。どんだけ胴長短足だろうが、背中おもっきし丸めてスプタクルマーサナする。かたいところは柔らかくしようと、弱いところは強くしようと努力する。その過程でどこかに痛みが出ようとも、それは変化に必要なことだと思って意にも介さない(必要な調整はしますが)。
「いやいや、無理でしょ」と最初は思うことがあるかもしれない。でも1年後2年後には、「できる気がする」に変わってるかもしれない。それは信じるでもなく、疑うでもなく、ただ今の自分を確かめるように(沖先生の受け売り)練習に取り組んだ人だけの喜びだと思います。

システムを自分に合わせるのはいいと思います。同じくらい、自分をシステムに適応させることも大事だと思います。
「個人に合わせた◯◯」(うちのHPにも書いてあるけど。笑)は魅力的です。向こうが合わせてくれた中で努力すればいいのですから。ですが、理不尽なものを受け入れて、自分をアジャストしていける心身の柔らかさを身につける方が、ずっとずっとこの世を自由に渡っていけるように思います。不公平がなんぼのもんじゃい!と。


ダーウィン先生がこんなこと言ってました。

生き残る種とは、
最も強いものではない。
最も知的なものでもない。

それは、

変化に最もよく適応したものである。




本文と全然関係なくふと思ったんですけど、ひょっとしてヨガをすることを当たり前に『練習』って言ってる時点でちょっとした変人なのか…




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:52| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

開花宣言

image.jpg

image.jpg

image.jpg

スタジオの庭の梅が咲き始めました。
花を楽しめる季節ですね。
今日も良い1日を♫



お知らせ2つです。

1つ目
GW中は通常スケジュールでクラスをおこなっています。
※ GW中のご予約は前日までにお願いします。

2つ目
来週金曜日(29日 祝日)の10時のレッスンは、『アシュタンガヨガ ハーフプライマリーレッドクラス+マイソールクラス』です。
ハーフまではカウントに合わせてみんなで練習し、それ以降はフィニッシングに入る方と、後半を続ける方に分かれます。
普段はハーフまでの方とマイソールクラスで練習する方が同じクラスにいることは稀です。たまにはこんな機会があってもいいかなと思います。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。
お待ちしております。




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 07:58| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

GWは通常ウィーク

お知らせ2つです。

1つ目
GW中は通常スケジュールでクラスをおこなっています。
※ GW中のご予約は前日までにお願いします。

2つ目
来週金曜日(29日 祝日)の10時のレッスンは、『アシュタンガヨガ ハーフプライマリーレッドクラス+マイソールクラス』です。
ハーフまではカウントに合わせてみんなで練習し、それ以降はフィニッシングに入る方と、後半を続ける方に分かれます。
普段はハーフまでの方とマイソールクラスで練習する方が同じクラスにいることは稀です。たまにはこんな機会があってもいいかなと思います。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。
お待ちしております。




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 20:59| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

休日は自宅でストレッチをします。ただただ気分の赴くままに、じっくりじんわりと。
モゾモゾ動いて微妙な匙加減を調整する。皮膚や筋肉・関節の遊びが全部とれて、『ココだ!』ってポイントに辿り着いたら、あとは仕上げの呼吸にお任せ。内側からスペースを取り戻していく。
ときに心地よく、ときに厳しく。
そんなことをしながら思ったのは、「ヨガもストレッチもしない人は、どれだけ身体のスペースが失われているのだろう」ということ。スペースが失われるということは、淀む、滞る、溜まる、詰まる、強張る、固まる、そんなイヤ〜な表現がぴったりの状態になるってことじゃないでしょうか。

ボクはいままで、『柔らかさと、それを支える強さ』の2本柱を常に意識してクラスをおこなってきましたが、柔らかさに特化したクラスも必要だなぁと思うようになってきました。
といっても、身体の柔軟性をどんどん高めていきましょう、ということではなくて、失われたスペースを取り戻すように、ゆったりと呼吸と共に内側からほぐしていくようなクラスです。今よりほんのちょっと柔らかくなればオッケー!というゆるい感じで。

クラス名は『柔(やわら)』です。
(そのままかっ!)
来月からどこかに入ってきます。


image.jpg
スペースありまくりの例



4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:49| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

stretch your mind

以前のブログに貼り付けたことのある、外国のどこかのスタジオの動画がすごく好きなんですが、それよりもっと前から好きな動画がこちら。



さすがイタリア。陽気ですね。
この感じがとにかく好きです。
カムアップのサポートの度にハグしてるLino Mieleというこの先生。アシュタンガヨガ界ではかなり有名な先生です。
偉ぶらない態度が好印象。

とても短いですが、手の置き方やドリシティ、意識が宿っているであろうことが伝わる指先など、そういう1つ1つの大切なことが読み取れる好きな動画です。
難しいことができないことを嘆く前に、こういうちょっとしたことを丁寧にしようではありませんか。
何度でも観たくなるなぁ。




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:44| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

マイソールクラス

「アーサナ、かくあるべし」
そう思って練習してきました。
そしてボクのそれを押し付けてきました。

ですが最近は、
「それもこれもありじゃない?」
に変化しつつあります。
特にマイソールクラスでは。
マイソールクラスってそういうクラスだと思うんです。
ある程度のルールの中で、自分の練習をするクラスですから。
自分の練習で、試行錯誤や工夫をしない人なんていない。
そう信じています。
だから、
「あら、おもしろいやり方だなぁ」
そう思っても、とりあえずやってもらいます。
その人の工夫を喜んで見せてもらいます。
うまくいかないなぁと思ったら、相談してください。
ボクの考えを伝えます。
それを試すのも試さないのもその人の自由です。

ヨガを始めてまだ間もない人。
まだ試行錯誤のやり方が分からない人。
その人たちには、ひとまずボクが良いと思うやり方を伝えます。
それでやってみてください。
しばらく練習してみて、なんか嫌な感じがする、違和感がある、そう感じたら相談してください。
別のやり方を提案しますから。

そんなヨガのやり方が好きです。
そういうやり方でクラスをおこなっていきます。


あ、そうそう。
「マイソールクラスは上級者のクラスでしょ。」
そういうのをよく耳にします。
分かる気はしますが、そうではありません。
むしろ初心者のためのクラスです。
多くの人に良さを分かって欲しいので、初心者がもっとマイソールクラスに参加しやすいやり方を考えています。
料金体系を含めて、来月から試してみたいと計画中です。




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:52| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

どうでもいい話 × 3

ついに花粉症の症状が出始めた話。
くしゃみ連発、鼻水たらり。
さえさん、安眠を妨げてごめん。


昨日気づかされた話。
もう何年もしゃっくりをしていないではないか。
何したら出るんだっけ?


どうやってるんですか?って話。
パーカーを干すとき、どんなやり方ですか?
フードと背中の間の乾きづらさといったら。。。



真面目な内容のブログの後にはどうでも良い内容のブログの出現率高し。


image.jpg



4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:59| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆとり

昨日の夕方。スタジオの窓から。
image.jpg

今日の夕方。自宅の窓から。
image.jpg

この1ヶ月、ボクのiPhoneは上記の2枚の写真以外は、さえ(うちの犬)が占めることとなりました。
撮って、見て、ニヤける。
その繰り返し。


さえは散歩があまり好きじゃありません。
なので、途中で行きたくない!って止まる。
車が怖いので、通り過ぎる車にいちいち反応する。
さっきは「いしやーきいもー」って大音量で鳴らしながら、ずっと1速で走っているであろう超スローな車をめっちゃ遠くから気にして足を止めるし。
犬なので、もちろんのことクンクンするし。

ボクは、このさえと散歩に行くときに決めてることがあります。
それは、とことん付き合うってこと。
立ち止まりたかったら、いくらでも立ち止まればいい。
クンクンしたかったら、どんどんしたまえ。
そのために、ボクが時間のゆとりを作る。
それが自分のルール。
ほっとけば1時間でも2時間でも散歩したがる犬ではこうはいかないだろうけど、さえとならできる。

昼や夕方の時間帯にレッスンをすれば、その時間に都合の良い人が来てくれるかもしれない。そうしたら、少しは金銭的にゆとりが生まれる。それは1つの魅力です。スタジオを始めた頃は、休みの日を作らず、レッスン数を増やし、外部のレッスンも多くして、少しでも金銭的なゆとりを作ろうとしていた。その時期には必要なことだったけど、いまはもうやりません。金銭的なゆとりがあるわけではないけれど、そうすることが自分のゆとりを削り、結果的にレッスンの質を低下させることに気がついたから。
容量は人によって違うと思います。1日5レッスンを毎日続けても、質を落とすことなく素晴らしいレッスンをできる人もいるでしょう。3時間しか寝ない日々でもバイタリティー溢れる活動をする人もいます。でもボクはそうじゃない。ただそれだけ。
自分の練習をする時間を確保して、レッスンのことを考えたり、そのために学ぶ時間を持ち、さえを急かすことなく散歩させる時間をとる。休日には心身ともに休める時間や、リフレッシュする時間をとる。それは金銭には変えがたい必要な時間です。

以前、ホリエモンがテレビか何かで言ってました。
「世の中はトレードオフだ」
真実はどうか知らないけど、ボクもそう思います。
何かを得たいなら、何かは諦める。
欲しいものすべてを手にすることはできないと思います。
自分がどう生きていきたいのか、それは自分にしか分かりません。
ボクは、さえが立ち止まるのに付き合う時間を確保することを選びます。
毎年海外旅行に行き、知らない土地の景色や人に感動することはできなくても、窓から見える日々の空のキレイさを味わうゆとりはあります。
それらのゆとりを確保できることを、とても幸せなことだと思っています。本当にありがたいです。

そうそう。
心身にゆとりを作る1つの方法を教えましょう。
それは、ヨガすること。
深く呼吸しながらアーサナをすると、自分にスペースが生まれます。滞ってたものが解消されます。それは人間としての根本的なゆとりだと思います。そこにゆとりが生まれると、周りに優しくなれますよ、きっと。


散歩でクンクンするさえを眺めながら考えたことでした。


という締めなのに、写真は寝てるところ。
image.jpg




4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:16| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

長いし引用ばかりだし。

今朝の朝刊に、伊藤忠商事の広告が出てました。

image.jpg

希林さん
わたし、18歳で役者をやり始めて、こんなんです。

鶴瓶さん
ぼくは、つい先日で芸歴45年です。仕事のはじまりはどんなんでした?

希林さん
最初はね、たまたま劇団の募集で受かって入ったの。でもみんながやたら頑張っていて大変そうで、そういう風なのが嫌だった。そんな時、CMの仕事がきたの。当時の役者はCMの仕事は芝居が荒れるからって、誰もやりたがらなかった。でも私はそんなの関係ないと思ってやったら、なんと"今年のワーストCM"になっちゃって。それでも、小さな仕事がこんなに注目を浴びるなんて、面白いなあって思ったの。やってよかった。これがなかったら役者を辞めていたかもしれないくらいの経験になった。

鶴瓶さん
それ、面白いと思えることがすごいですよね。ぼくは落語家に弟子入りする形ではじまりまして。その頃、ある仕事で司会をしていたら、どうもみんなから嫌がられている課長さんがいましてね。その人に幼児言葉を言わせてみたんです。「象さん」を「象たん」って。それがドーンとウケて、課長さんもイジられたのにウケて嬉しそうで。ぼくは嫌がられている人でも一緒になって嫌がらないで、その人の面白さを見つけて、まわりもその人を愛せるようにしたいと思うんです。それはこの時に得た考えで、今も根本的に変わらないですね。

希林さん
どういう状況でも、一度は挑戦してみるということね。

鶴瓶さん
会社にだって、どこかに自分が生きる場所や方法があるはずだから。

希林さん
自分から面白がっていれば、周りから呼ばれるようになる。わたし、人からのどう見られたって全然平気。

鶴瓶さん
希林さんは困難にうまいこと対処しはりますよね。

希林さん
ためになるんですよ、困難に関わったことは。

鶴瓶さん
壁に当たることによって得るものも多い、と。

希林さん
そう、雨降って地固まる。雨を見るから晴れも楽しい。

鶴瓶さん
人生、雨も降らなあかんね。で、ネアカ元気でへこたれず。

希林さん
そう物事を見ると、案外、面白いって思えるのよね。




この広告と、昨日読んだコラムの内容がつながるなあって。
『スタンフォードの自分を変える教室』の著者ケリー・マクゴニガルさんが、講義の中で引用した調査結果を、更に引用して要約します。


1998年にアメリカで3万人を対象におこなわれた調査でした。その調査では人々に、次の2つの質問をしていました。

1)あなたはこの1年間でどのくらいのストレスを感じましたか?
2)あなたはストレスは健康に悪いと思いますか?

また、その調査では、8年後におこなった追跡調査で、最初の調査に参加した人たちのうち、どの人が亡くなったかを調べていました。
調査の結果はこうでした。
まず、強度のストレスを感じていた人々は、死亡リスクが43パーセント上昇していました。

結果をさらに調べていくと、死亡リスクが高まっていたのは、「ストレスを感じていた人のなかでも、『ストレスは健康に悪い』と考えていた人だけ」だったんです。

そして、強度のストレスを感じていても「ストレスは健康に悪い」と考えていなかった人に、死亡リスクの上昇は見られませんでした。それどころかこの人たちは、参加者のなかで、もっとも死亡リスクが低かったのです。つまり、ストレスがほとんどない人より、強いストレスを感じながらもそれをポジティブに捉えていた人たちのほうが、死亡リスクが低かった。

また、別の研究論文では、「人生の満足度が高い幸せな人々は、ストレス度がすごく高い」という結果もでていました。人生の満足度が高い人たちのストレス量は、鬱状態の人たちが感じているストレス量よりも、ずっと高いレベルにあったのです。

整理をすると、「強いストレスだけで死亡リスクが上昇するわけではなかった。強いストレスを感じ、なおかつ、『ストレスは健康に悪い』と考えた場合のみ、死亡リスクが上昇していた。さらに強いストレスは、捉え方によって、人生にいい影響を与えている可能性もあった」こういうことだったんです。



いかがでしょう。
うちはヨガスタジオなので、ヨガとからめて考えますが、困難なアーサナや、しんどいアーサナに出合ったとき、面白がれますか?
そのしんどさや痛みなどのストレスは、自分にとって悪と捉えますか?
ヨガアーサナを、人生の困難やストレスに出合ったときの練習にできませんか?

呼吸を整えて、楽しんでやりましょ。





4月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 13:08| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする