2016年05月16日

本物とニセモノと。

ヨガをやり始めた頃よりは減りましたが、勉強のために他の先生のクラスや、WSに参加することがあります。
その時の心がけとして、スポンジであろうとします。自分はこう思うとか、こうしたいってのは一旦すべて脇に置いといて、とにかく言われた通りにすべてをやってみようと。硬い石ころのようでは何も見つけられません。

そのような心がけではありますが、近年では有名な先生のWSに参加しても、よくて1つか2つの発見があって、それを積み上げる程度でした。それでももちろん有意義なんですけど。

それが先日のニセコのWSでは。
1つ2つ積み上げるどころか、今まで積んできたものを、一気に綺麗さっぱり洗い流されたような気分です。
今までたくさんの先生に出会ってきました。アーサナが素晴らしい先生、アジャストが上手な先生、ヨガの哲学を分かりやすい例えで伝えてくれる先生、考え方が素晴らしい先生、人間性が尊敬できる先生。そのどれもがボクに良い影響を与えてくれました。お陰さまで、たくさんの経験を積み上げることができました。
…が、それだけです。その当時は「それだけ」だなんて思うわけもなかったのですが、今回のWSを終えて分かったのは、やっぱり「それだけ」だということでした(…と言っても、もちろんボクとは比べるべくもない素晴らしい先生ばかりです。生意気いってすみません)。

その先生のWSに出て、ボクは自分が偽物だと感じました。いろんなところからたくさんの物を借りてきて、本物に似せようと積み上げただけのもの。実にお恥ずかしい。
悲観的になっているわけではありません。むしろ清々しいです。すべてを否定されたわけではなく、先にも書いたように、借りてきて積み上げていたものを、キレイに洗い流してくれたのです。それだけではなく、更地になったところに、新たな種をちゃんと植えてくれました。なので、今はただただ楽しいのです。ワクワクするのです。これから何年もかけて、またこの植えてもらった種を育てていけるのかと思うと。

今日、「目からウロコだった?」と聞かれました。
いいえ、そういう次元ではありません。
表現すらできません。

土曜日マイソールクラスの前にWSについて30分くらい話してしまいましたが、それは技術的なことだけです。ボクの感じたことの一部でしかありません。まだ種は植えられたばかりで、これから自分でそれを育てていくうちに、WSで感じたことを自分の言葉で少しずつお伝えできるのだと思います。
それまでもうしばらくお待ちください。

もしかしたら、ボクがこれから伝えていきたいヨガは、今までとは少し変わってしまうかもしれない。それにガッカリして離れていく人もいるでしょう。そうだったらゴメンなさい。でも、ヨガではウソはつけそうにないのです。植えてもらった種をウソで覆うわけにはいきません。


良かった、本物に出会えて。
本当にありがたい。自分がニセモノだと認めさせてくれて。




5月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:08| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする