2016年07月29日

引くのだ

昨日読んだインタビュー記事から。
今日の新聞の本の広告から。
今朝のクラスで教わったことから。

ハッとさせられた言葉は。

「too much」
「やめてみた」
「引く」

共通してますね。
多分ボクはクラスで、熱くなるとtoo muchになり、やめた方がいいと思っていることがあり、足して足して…ってなる傾向があるからでしょう。

too muchになることをやめて、引くことを練習しようと思います。


新聞広げると乗ってくるのやめて。
image.jpg


特別クラスのお知らせ

『チベット体操教室』
8月21日(日)12:00〜13:30
(参加人数によって終了時刻は前後します)
ちょくちょくお問い合わせをいただいておりますので、1回限定で開講します。自宅で継続できるよう、しっかりお教えします。
開講は1回だけですが、アフターフォローはします。後日の疑問には、メールでお答えします。スタジオに来てくれたらその場で指導いたします。

【料金】4,000円



特別クラスのお知らせ

『青空アシュタンガヨガ』
8月28日(日)9:00〜10:30
青空ヨガですが、内容はアシュタンガヨガです。
※マットのレンタルはありません。
※参加には回数券1回分が必要になります。
※雨天時はスタジオで通常クラスをおこないます。



休講のお知らせ
8月7日(日)11:45〜
『整えヨガ』
8月21日(日)11:45〜
『整えヨガ』

上記クラスをお休みします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。



7・8月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 14:06| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

各種お知らせと。

image.jpg

今朝、さえとの散歩中にスッと腑に落ちたことがあった。
昨日言われたことが、ずっと自分の中で思考の種として残っていて、それがなんか分かった気がしたのです。

結論だけをいうと、「過程なんだな」ってこと。
ヨガを始めたばかりの人。
ヨガを始めておもしろくなってきた人。
ヨガを続けていて、成熟してきた人。

人それぞれの過程があって、みんなが同じ過程を経るわけではないけれど、クラスを通して見ていると、似たようなものはある。
ボクはそれぞれの過程を尊重できてなかったんだな、って気づいた。自分も同じような道を通ってきたくせに、みんなには最短距離を歩ませようとしていた。

福岡遠征を終えた山下さんが、ラルガ先生に言われた言葉。

It's coming.

そう。それですね。
ボクがヨガを教えるなんておこがましい。その人にcomingが起こるのを、ちょっとだけ先を歩くボクは見守るだけだ。comingが起こるまで辛抱できるよう、モチベーションが下がらないよう、正しく間違えられるよう、少しのアドバイスとともに、ボクはちょっと先で待ちます。自分も歩み続けながら。


それぞれの過程を尊重します。
そして、その過程で生じる求めを否定せず、できる限り応えます。

やるべきことがクリアになった気がする。



特別クラスのお知らせ

『チベット体操教室』
8月21日(日)12:00〜13:30
(参加人数によって終了時刻は前後します)
ちょくちょくお問い合わせをいただいておりますので、1回限定で開講します。自宅で継続できるよう、しっかりお教えします。
開講は1回だけですが、アフターフォローはします。後日の疑問には、メールでお答えします。スタジオに来てくれたらその場で指導いたします。

【料金】4,000円



特別クラスのお知らせ

『青空アシュタンガヨガ』
8月28日(日)9:00〜10:30
青空ヨガですが、内容はアシュタンガヨガです。
※マットのレンタルはありません。
※参加には回数券1回分が必要になります。
※雨天時はスタジオで通常クラスをおこないます。



休講のお知らせ
8月7日(日)11:45〜
『整えヨガ』
8月21日(日)11:45〜
『整えヨガ』

上記クラスをお休みします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。



7・8月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:59| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

集中の対象は?

糸井重里さんが、対談の中でこんなことを話していました。

ぼくが好きなたとえ話に「電線にいる鳥は、なぜ落ちないんでしょう?」っていうのがあるんですね。ちいさいとき読んで感心したんだけど、あそこで鳥が落ちない理由は‥‥。

「落ちても飛べるからだ」っていうんですよ。
人間ならそのまま落下するけど、鳥は落ちるとか落ちないとか考えないから落ちないんだって。
(一部省略)
みんな、ほんとは飛べるのに「落ちたら大変なことになる!」とか力が入りすぎて、逆にバランスを崩してる。


同じようなことを大人になってから経験したことがあります。
道路に路側帯を示す白線がありますよね。その線の上を自転車ではみ出ないように走り続けようとしたことがあります。危うくなりながらも、結構な距離を白線からはみ出さずに走れたんです。
そのときに思いました。
もしこの白線の両外側が崖だったら、確実にはみ出してただろうなぁ、って。
余計なことを考えてしまう頭とか、それに恐怖心などを感じる心が、できなくしていることってたくさんあると思います。

ヨガのアーサナをしていても同じ。
そういう余計なものを凌駕するくらいの集中力や、求め過ぎない知足の心、素直さ、正直さなどがあれば、きっと違ったヨガやアーサナになるのだと思います。
ただ、知足の心や素直さ、正直さといったことは、日常から意識していないと、アーサナになってできるわけがないでしょうけどね。…あ、まぁ、逆もあるか。


集中ーーー!!!



休講のお知らせ

7月24日(日)11:45〜13:00
『整えヨガ』

上記クラスをお休みします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。



7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:17| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

知足

最近ボクがアシュタンガヨガを教わっている先生方に出会ってから、アシュタンガヨガに対する印象が大きく変わりました。元々はこうだったんじゃない?って。
『こう』とは、誰にでもできるヨガ、という意味です。
現在のアシュタンガヨガへのイメージって、とってもキツそう、難しそうって感じではないでしょうか。
それは、現在のシステムや、モディフィケーションを許さない厳しい先生、そして、アーサナをできるようになりたい!みんながやっているようにやりたい!という自分自身の心がそうさせているように思います。
自分のために、自分の呼吸が教えてくれるペースでやれるなら、アシュタンガヨガは厳しくも難しくもなく、とても心地よいヨガだと思うんです。そのことに気づいたのは、ほんの数日前です。だから、ボクも今までは厳しく難しいヨガを教えていました。
確かに、そこそこの運動量はあるので、まだ体力のない人が、いきなりハーフやフルをやろうとすればきつく感じるでしょう。だからこそ、マイソールクラスなんですよね。自分の体力でできるところまで。それでいいんです。それでいいと言える知足(サントーシャ)の心が大切なんだと思います。その心持ちになれないうちは、きっとアシュタンガヨガは厳しく難しいヨガであり続けるんでしょう。

アシュタンガヨガを始めてもやめていく人が多くいると聞きます。それはもちろん先生の責任は大きいですが、取り組み方や、心の持ちようによるところも大きいと思います。
強欲になっていないか、自分を冷静に見る目がヨガの基本ではないでしょうか。


前よりもっと好きになりましたよ。アシュタンガヨガが。



特別クラスのお知らせ

7月18日(月・祝)11:45〜13:15
『アシュタンガヨガ インターミディエート レッドクラス』

ガチガチのレッドクラスではありません。難しいアーサナはペアでおこないます。モディフィケーションも取り入れます。休憩できる時間もありです。
インターミディエートを既に練習している方も、ブライマリーを練習してるけど、その後のことを体感してみたいという方も、軽い気持ちでご参加ください。ビビらなくて大丈夫です!
※ 体験は受け付けておりません。スタジオミガクで定期的に練習している方が対象となります。



7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:12| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

合体

image.jpg
これ、さえ用のおもちゃなんですが(まだ一かじりも、それどころか、一舐めもしていません)、まぁただのおもちゃですよね。笑顔のかわいさは認めますが、それ以上でもそれ以下でもありません。

image.jpg
あと、こんなのもあります。両サイドの膨らみにフードを入れられるようになっていて、自分で工夫して転がしたりして、中のフードを出して食べる、というもの。これは何回かトライしましたが、結局転がすのはボクで(遊び方の見本を見せるためにやった)、出てきたフードを食べるのがさえ、という本末転倒なことが続き、興味を持ってもらえないままに役目を終えました。

遊んでもらえずにションボリなこれら2つのモノが、ちょっと邪魔だからまとめて隅っこに置いとこう、という扱いを受けた結果、こんな感じになってました。

image.jpg

ちょっと離れた所から見てたら、ただの無機質なおもちゃが、内臓が飛び出しても健気に笑いかける熊に見えてきました。


ボクだけですね、そう感じるのは。

明日も暑くなるといいですね。



特別クラスのお知らせ

7月18日(月・祝)11:45〜13:15
『アシュタンガヨガ インターミディエート レッドクラス』

ガチガチのレッドクラスではありません。難しいアーサナはペアでおこないます。モディフィケーションも取り入れます。休憩できる時間もありです。
インターミディエートを既に練習している方も、ブライマリーを練習してるけど、その後のことを体感してみたいという方も、軽い気持ちでご参加ください。ビビらなくて大丈夫です!
※ 体験は受け付けておりません。スタジオミガクで定期的に練習している方が対象となります。



7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:11| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

セカンド レッド

アシュタンガヨガは、毎年とまではいかないまでも、ちょいちょいアップデートされます。去年よりここが少し変わりましたよ、ってな感じで。多分有識者会議的なものが開かれて、決定されているのでしょう。
それが現代のアシュタンガヨガです。

もう1つの流れとして、インドのマイソールにあるアシュタンガヨガの総本山が、まだ10人ちょっとしか入れないオールドシャラ(オールドスクール?)と呼ばれていた頃に、グルジ(故パタピジョイス氏)から直接の指導を受けていた生徒が、その頃の指導法をそのまま伝えているやり方もあります。
それがオールドスタイルと呼ばれるものです。

で、ボクは少し前から完全にオールドスタイルに切り替えました。なので、スタジオでの指導法もボクが教わっているやり方になります。現行スタイルとオールドスタイルは、細かな部分も、基本的な考えにも違いがありますので、混ぜることはオススメしません。
うちのスタジオでも少し前に切り替えたので、練習している方には多少の混乱があったかもしれません。明日以降のクラスでは、ボクが今回学んできたことを伝えます。また少しの変化があります。

考え方の変化に伴って、クラス内容もほんの少し変えたいと思います。来週から取り入れます。

火曜日19時
『アシュタンガヨガ ベーシック』

現在ハーフプライマリーまでを練習してフィニッシングに入っていますが、やりたい方は、それからマイソールスタイルでフルプライマリーまで練習することにします。必要に応じてモディフィケーションも教えます。
もちろん今まで通り、ハーフでフィニッシングしてシャバーサナでもオッケーです。
理由はクラス内でお伝えします。


もう1つは特別クラスのお知らせです。

7月18日(月・祝)11:45〜13:15
『アシュタンガヨガ インターミディエート レッドクラス』

ビビりました?
大丈夫です。ガチガチのレッドクラスではありません。難しいアーサナはペアでおこないます。モディフィケーションも取り入れます。休憩できる時間もありです。
インターミディエートを既に練習している方も、ブライマリーを練習してるけど、その後のことを体感してみたいという方も、軽い気持ちでご参加ください。ビビらなくて大丈夫です!
※ 体験は受け付けておりません。スタジオミガクで定期的に練習している方が対象となります。


以上、よろしくお願いします。




7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:10| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

今日のさえ

image.jpg

この子が散歩中に立ち止まって、すれ違う人をこんな感じの目でじーっと見つめるもんだから、知らない人(主に年配の女性と子ども)からの話しかけられ度が人生最大です。
正確に言えば、話しかけられているのはボクではなくさえですが。

さえは、譲渡してくれた施設のシーズーの中では古株の方でした。たくさんいる他のシーズーは、誰かが犬舎に入ってくると、鳴いたりしっぽ振ったりしてゲージの前の方に来て愛想よくするんです。施設の方はそれをアピールと呼んでました。
それをアピールと呼ぶなら、さえはアピール度ゼロでした。ゲージの後ろの方で、大して興味なさそうにデデーンと構えていたんです。何度行ってもほぼ同じ態度。そりゃあアピール上手な子が貰われていきますよね。

人に興味なしのそんなさえでしたが、最近では、歩いている人や庭先で作業している人など、出会う人に興味を示して立ち止まります。バイクを改造してるタトゥーまみれの兄さんや、夜中の公園のベンチで独りスマホをいじってる人まで間近でガン見し続けられると、ちょっと困りますが。


「イリイリする」

聞いたことない言葉でしょ。
うちのオカンが初めてさえに会ったときに言った言葉です(多分、地元の方言)。その時は、そういえばそんな表現があったな程度のことだったんですが、それ以来、さえを見てて湧き上がる心と体の反応を表すのに、これ以上適切な表現が見当たらないのです。

「あ〜、もう、イリイリする〜」

どうぞ、お使いください。
意味は教えなくても伝わるでしょ。

さ、明日も淑女をイリイリさせるかー、さえ



休講のお知らせ

7月8日(金)10:00〜
『アシュタンガヨガ ベーシック』

上記クラスをお休みさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



7月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:47| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

お洒落

何で読んだか忘れたんですけど、こんなことが書いてありました。

「本当におしゃれな人は、他の人のことをダサいなんて言わない」

ある若者が(一般人)友人に言われたそうです。
そっかーと思いました。
これって、ファッションのことだけじゃないですよね。多様性だったり、個人の価値観をちゃんと受け入れられる人にしか言えない言葉だと思います。
この言葉がずーっと自分の中に残っていたボクは、そういったことを受け入れられる寛容さがないのでしょう。そんな広く柔らかい心の持ち主なら、この言葉が響くわけがない。

批判が得意な人にはなりたくないなぁ。



19:30過ぎに綺麗な明るい空を見られると、すごく気分がいい。

image.jpg



7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 19:54| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする