2016年09月29日

知識も実践も。

昨日、久しぶりに師匠に会ってきました。と言ってもヨガのではなく、整体の。
僕の体に関する考えのベースとなっているのは、すべてこの先生から学んだことです。先生が教えてくれたことや、先生が勧めてくれた本から得たものがほとんど。

「最近のおもしろい本があるんだよ」って書棚のところに連れて行かれました。
「これとね、これが特におもしろいよ。最近は日本人でもおもしろい本を出す人がいるんだよ〜」って嬉しそう。
「先生、おもしろそうですけど、これって理学療法士とか作業療法士が読む本ですよね?」
「大丈夫。読めば分かる。ヨガをする人もこういうの知っとくといいと思うよ」
パラパラっとめくると、確かに内容的には大好物な感じ。
そうなんだよなぁ、って思い出しました。整体師でいた頃は、純粋でいられたんです。目の前の患者さんの体を良くすることに100%集中できた。

でも、ヨガはねぇ…
なんたって心の科学ですから。体のことばかりを言うのは後ろめたさを感じるし、100%の力で言えないんです。それがとても気持ちが悪い。
「いつも体のことばっかりやん」
そう思うかもしれませんが、いやいやまだまだ。アーサナレベルではそこそこ言っていますが、整体レベルでも言いたいし、なんだったらちょっと整体としてのアジャストもしたいくらい。

とか言ってるけど、体のことばかり考えないで、呼吸とともに集中しておこなうアーサナの練習が、心身に何らかの良い影響を及ぼしてくれることも実感できる。

整体を学び、ヨガを学び、そのどちらも実践し、いま思うことは、心身にとってはどちらもあっていいということ。受け身だけでは育たない能力や機能があるし、どんなに注意して動いても、自ら動くだけでは解消できない癖やストレスが残る(知識を身につけて動くことである程度までは解消されるでしょうが)。だから、どっちもあるといいと思います。

アシュタンガヨガだけを伝えていきたいと考えたこともありましたが、やはり整えヨガもやりたいことだ。アシュタンガヨガを整えヨガ風にすることも考えましたが、それじゃ以前と同じになってしまう。ヨガのブレンドはもうしません。
整えヨガでも整えられない各自の癖をどうするか。そこは悩みの種であり今後の課題でもあります。

まとまりのないことをダラダラ書いてしまいましたが、書いているうちに自分の中に浮かんできていることは、「体も心も、知識と実践が大事」ということ。いきなり出てきたっぽいけど、僕の中では全部が繋がってるんです。

よし、明日からも学び、実践しよう。



クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

よろしくお願いします。



9・10月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:42| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

免柳猫細トキ的

今日の『世界遺産』という番組で厳島神社を取り上げていました。
11月にヨガをしに広島に行こうかな、なんて考えた時期があったので(結局やめたのですが)、興味を持ってその番組を観ました。

神社の床板は(廊下みたいなところだけかな?)、何枚もの板が少しずつ隙間を空けて並べられていて、それら同士は繋がっているのだけど、それら全体は釘などでどこにも固定されていないらしい。
なので、台風などで波が高くなって神社まで押し寄せてくると、板の間の隙間から波を逃したり、さらに床板全体は波に合わせてぷかっと浮かんだり元に戻したりして、それをやり過ごす。

強固さで強いものに立ち向かうというより、強い力をいなすようなやり方。

そこだけを見れば、

耐震というより免震。
大木というより柳。
犬というより猫。
ゴリマッチョというより細マッチョ。
ラオウ的というよりトキ的(北斗の拳)。

…全部ただのイメージですが。

どちらが良いかはケースバイケースなのかもしれませんが、昔の職人さんがこんな発想を持っていたことに驚きます。
そして、そういう発想は好きだなぁと思ったのでした。


image.jpg

image.jpg
こういう廊下みたいなところの床が、です。



クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

よろしくお願いします。



9月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:01| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

敬意をもって。

GEOで何気なく手に取った『舟を編む』という映画を観た。
辞書を編集する人々と、1冊の辞書を完成させるまでの過程を描いた映画です。
それはもう地味な作業の繰り返し。いろんな地味な作業を何年も続けて新しい辞書を作り上げる。そこには編集者の静かだけれど熱い想いがこもっている。

辞書に限らず身の回りのいろんな物には、それを作ることに携わった人たちの想いがこもっているんだろう。
きっとアシュタンガヨガもそうだ。
数あるアーサナの中から選び出し、並べ、シークエンスを組み上げる。いくつかのシンプルな原則を設けて、実践の場を作る。完成するまでに一体どれだけの過程を経たのだろう。
大変だったろうなぁ。
頭が下がります。

どんなものにもファンとアンチと興味のない人がいる。アシュタンガヨガも例外なくそうなんだけど、僕はファンの側です。
楽しみ方は人それぞれで、ライトな感じで楽しむ人もいるだろうけど、それを編み上げた人に敬意を払わない取り組み方は、僕はしないでおこうと思います。

間違えて伝えないように、もっと学び、実践しよう。



クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

よろしくお願いします。



9月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:54| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

花冠のように

AYS(Ashtanga Yoga Sapporo)のFacebookに投稿されていた記事で知りました。

先日まで東京に、アシュタンガヨガの現在のトップであるSharath先生が来られていたようです。カンファレンスでSharath先生がおっしゃっていたことは、

・病を軽減させる力があるプライマリーシリーズがすべての基盤であり、もっとも重要である。
・積み重ねた努力はいずれ無努力となり、やがて神聖を味わうことができる。
・上級のアーサナにチャレンジする人が多いけれど、なぜもっとプライマリーをやらないのか。

などなど。


普段は水曜日にクラスがないので、練習も休むことにしているのですが、天気も良くてやっぱりアシュタンガヨガをしたくなり、スタジオに行って練習しました。そしたらめっちゃ身体が軽くて調子良くて、気持ちも軽くなって調子に乗ってやり過ぎました。当日はなんともなかったのに、昨日・今日と背中痛に悩まされています(思い当たる節はあります)。で、セカンドの練習はせずに癒しを求めてプライマリーをしました。いつも以上に丁寧に確かめるような練習でした。それで思ったことは、やっぱプライマリーええわぁ、ってこと。背中の痛みが癒えたわけではないけど、途切れることのない集中と、終わった後の心地よさが好きです。まだまだ無努力ではできないし、当分はできそうにもないので、そうなれる日まで練習しようと思います。



クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

上記クラスをお休みして、僕も牧場に行ってきます。
よろしくお願いします。



9月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:26| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

褒め言葉

『放牧状態(笑)』

そうそうそうそう、それ!
整えヨガは基礎クラスなので放牧状態にはしませんが、基本的な姿勢はそれです。
原則だけには厳しいけど、あとは枠内でどうぞご自由にヨガを遊んでください、って態度。
必要に応じてサポートするし、アドバイスもアジャストもします。
でも余計な干渉はしません。
どうぞどうぞ、好きなだけ練習してってくださいまし。
試したいことはどんどんどうぞ。
練習仲間のやり方を見せてもらうも良し。
道具を使ってみるも良し(依存はダメよ)。
枠の中であれば(時間枠ではなく)、いろいろやってみてください。
ただし、原則は大事です。

自由はときにリスクを伴います。
牧場で遊んでいれば、枠内であってもウンは落ちてるし凸凹もある。ある人はウンを踏むかもしれない。またある人は凸凹に足を取られて挫くかもしれない。
一から十まで管理されていればリスクは少ないでしょうが、僕はそういうの好きじゃありません。ウンや凸凹の避け方を教えたいんじゃなく、それへの対応の仕方・乗り越え方を学んで欲しいと思っています。

サマディやモクシャには辿り着かないだろうけど、より逞しく生きていけるように思います。

さて、明日も放牧ヨガだ。



がんじがらめ
image.jpg


クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

上記クラスをお休みして、僕も牧場に行ってきます。
よろしくお願いします。



9月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:00| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ついてる?

気づいたら9月に入ってから一度もブログを更新しとらんかったー。

あんな駄文ではございますが、一応校正みたいなことはするんです。言葉遣いが変だとか、主語と述語があってないぞーとか、これは本題とは関係ないから削除!とか。書いたり消したりを1時間近くやっていると、徐々に文章がシンプルになってきます。シンプルにするのに1時間もかけるなんて(毎回ではないですが)時間の無駄だと思う人もいるかもしれませんが、僕にとっては結構大切な時間です。
頭の中で整理されていることに関しては、最初っからシンプルに近い文章でサクサクっと書けるのです。
書いたり消したりしなければならないことは、頭の中でまだ整理ができていない議題なんですね。それを実際に書き出して、足したり引いたり、一旦止めてじっくり考えたりして、最終的にシンプルなものが出来上がった頃には、僕の頭の中もスッキリーな状態になっています。そこで初めて考えていたことの答えを自分で知ることができます。
それはまるで、話を聴くのが上手な人を相手にお話をしているような感じ。聴く技術の高い人は、話しているだけで自分の気付けなかったことにまで気づかせてくれますよね。決して答えを与えてくれるのではなく、自ずから気づけるように導いてくれる。ごく稀にそういう人がいます。例えば国語専門塾みがくの塾長とか。

そんなことで、書いてはいたんです。3回くらいは。でも、結論を見つけたときに、これは出さなくてもいいかなと思い直して、頭に整理された内容だけ残して、文章は削除してました。2〜3年前なら何も考えずにアップしていたようなことでも、最近は止めることが多くなりました。なんでだろ。

たまには書こうと思ったけど、特にこれといって書いときたいことはなかったので、どうでもいいことを。


さっき、久しぶりに踏みました。
モロに。
暗くて見えなかったんです。
公園の芝生の上だったし。
結構フレッシュでした。
大層ショックでした。

韻を踏めずにウンを踏む。

飼い主、ゴラァーーーーー!!!



先日の散歩の模様。
image.jpg




9月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 19:57| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする