2017年01月11日

ベターっと開脚

『ベターっと開脚』が大流行りですね。
僕は見なかったのですが、テレビで4週間のプログラムを紹介していたらしいですね。やってみせてもらいました。興味がある人は、動画サイトにもあるようなので、観てみるといいですよ。

ヨガのポーズと違うところは、ジワーっと伸ばしてそこでキープ、の真逆だという点です。これの利点は、とにかく誰でもやりやすいこと。すごく体の硬い人にとっては、それでも大変そうなものもありますが、ジッとそこでキープするヨガよりはずっと楽だと思います。ヨガのポーズでもそうですけど、重力を味方につけられるポジションまで体を持っていければ、そこから先は結構楽になれます。だけど、体の硬い人はそのポジションまで辿り着くのが大変なんですよね。重さを利用するどころか、重さ+反発力を乗り越えようとしないといけないから。

僕は股関節がすごく硬かったので、ヨガを始めた頃に、あぐらで座って両手を天井側に伸ばして、「そこで気持ちよく呼吸〜っ」なんて言われる度に、「全っ然気持ちよくねぇわ」って心の中で悪態ついてました。そもそも伸びられるポジションにいないっつーの。

その点、少しの勢い(反動)とともに可動域をちょっとずつ広げようとするやり方は、必要とする筋力が少なくて済む分、楽に取り組めます。ただ、寒い時期とか、全然体を動かす習慣のなかった人とかは、ちょっと気をつけた方がいいと思いますけど。

体の硬い人は、最初は忍耐が必要です。誰でも4週間でああなれるわけではありません。2倍3倍、もっともっと時間がかかるかもしれません。その行為自体を楽しめるか、心地良いと思えるかが、続くかどうかの分かれ目ではないかと。ゴールだけを見ていると、途中で投げ出したくなるかもしれません。
あと、上で書いた重さを味方にできるポジションまでたどり着いちゃえば、そこから先は少し楽になれることを知っておくのも大事です。まずはそこを目指して!

ヨガのポーズも同じです。
まだ硬いうちは、柔らかい人には必要ない筋力が必要になります。ヨガではそういう不必要な力を使わせないために、ブロックやブランケット、ベルトがあります。クラスでは、他の人が使ってないのに自分だけ使うのはかっこ悪いとか、恥ずかしいとか思うのかもしれませんが、余計な筋肉をつけるよりはずっといいと思いますよ。余計な筋肉は、柔らかくなっちゃえば後で落ちてくるとは思いますが、それを使う変な癖がついちゃうと、後々いろんなポーズの妨げになることを覚えておいてください。どんどん活用しましょう。

ベターっと開脚できるようになるといいですね。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:56| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しみ

ヨガの何が一番好きなポイントかと聞かれたら、「試行錯誤」と答えるかもしれません。
その時点で「それヨガじゃなくてもよくない?」と言われそうですが、ええまぁ確かにそうです。ヨガ以外でチャリンコの組み立てとか、試行錯誤すること自体が好きです。でも、その他の好きなことを集めると、やっぱりヨガに辿り着きます。
できなかったことができたときは、とても「嬉しい」です。それ以前のあーでもないこーでもないとやってるときとか、できた後にさらなる改良を目指して考えるのは「楽しい」です。何年やってもできないものもありますが、それは長い目で見ることにして、あまりそこにはフォーカスしません。寝かせて他のことにトライしているうちに(練習はしますよ)、知らない間に熟成されてたりもしますし。そういうわけもあって、できないことに嫌でもフォーカスせざるを得ないスタイルより、今のNancy先生に教わったやり方が好きです。

写真や動画、誰かの話は全部ヒントになります。新たな視線を持つと、今までの通い慣れた道が、興味を引くものだらけの道へと変化します。いまだにアップドッグで楽しめるおめでたい野郎なので、多分一生プライマリーとセカンドだけでお腹いっぱいになれるんじゃないかと。

そういうやり方は、本来のアシュタンガヨガの目指すものとは違うかもしれませんが、楽しいんだからしょうがない。好きなもんはしゃあない。その楽しみや好きを奪われてまで続けようとは思わない。

Do your practice, all is coming.

とは、パタビジョイス氏の言葉。
そのうち僕にも違うヨガのやり方が訪れるかもしれないし、訪れないかもしれない。勉強はするけど、自分に無理強いはしない。準備はするけど、急ぎはしない。必要なら自然にそっちに導かれる日が来ると思う。

そんな緩い態度で、毎日のプロセスを楽しみたいと思います。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 01:26| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする