2017年01月21日

スタジオの加湿器から小さな川のように水が流れ出し、そんな加湿の仕方あるかい?と思ったら壊れていました。
新しく購入した現品特価の加湿器は、水が満タン近く入っているにも関わらず、「ピーピーピーピーピーっ!」と水不足を激しく知らせてきます。
どうしたものかな。
しばらく様子見よう。


僕がアシュタンガヨガをやっていて良かったなぁと思えたことは、ほとんどのアシュタンガの先生は何も教えてくれない、ってこと。
『何も』というのは、アーサナのやり方については何も、という意味です。
大まかな形は教えてくれました。マリーチアーサナはこうやって足を組んで、手をバインドするんですよ、くらいには。でもそれ以上の具体的なことは何も言わない先生がほとんどです。ハンズオンアジャストはありますけどね。
最初は、アシュタンガの先生って何も教えられないの?って不満に思ってましたが、教えてもらえないからこそ、たくさんの工夫の余地がありました。余白があるって素晴らしい。そこには余白の分だけの発見の喜びがあるから。
できないことはもちろん、できることの中にもまだまだ見えていない光が残っている。
もう発見もないし、努力が止むくらいのところまで来たら、動く瞑想としてのアシュタンガヨガがあるのかもしれない。

難しいことをどんどん足していく必要はないと思う。
プライマリーだけでも、ハーフまででもいい。オートマチックに体が呼吸に乗っかっていくところまでいきたい。
集中の極みに達したいなぁ。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:14| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする