2018年01月11日

偏り

日常生活は偏りの連続です。仕事柄偏った姿勢や動作が多くなることがあるでしょうし、自分の癖で偏ることもあります。

そもそも偏り・歪みって何でしょう。
それはこういう風に言えると思います。
仕事や日常で必要な動作や姿勢を、今の自分の体でやりやすいように行い続けた結果の産物。

偏り・歪みがある状態でヨガのアーサナをするとどうなるか。

うまくやれば改善されます。
うまくやらなければ悪化します。

悪化するってどういうこと!?
ヨガのアーサナで求められる形を、今の自分の体でやりやすいように行った結果、悪化する…場合がある。

じゃ、やりやすいようにやるアーサナとはどういうことか。
それは、使える筋肉を使い、使えないものは使わない。動く関節を使い、動きづらいところは使わない。伸びるところを使い、伸びないところはそのまま。
それでも一応の形にはなるから、より問題点を見えなくさせるのだと思います。

改善させるには。
働いていないところを働かせる。
動きづらい関節をこそ動かす。
伸びない部分をこと伸ばす。

ただこれだけのことです。
ただこれだけなんですけど、そもそもどこが働いていないか、どこが動いていない関節なのか、どこが伸びていないのかに気づけない。
もう少し言うと、アーサナの体に対する目的が何なのかが明確になっていないと、やりようがない。

インストラクターがよく「形は大事ではないですからね〜」というのを聞きます。
確かに一番大事ではないでしょう。
でも、形は大事なんです。
形は意図の現れです。
このアーサナではここに効かせたいんです、という意図があるから、その形にしているんです。形はどうでもいいなら、その効果は放棄しますと言うのと同じ。

だからやっぱり、形はヨガの最優先ではないけれど、大事じゃないわけではないと思います。


…だけど。。。


の続きは次回。





1月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:57| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする