2018年05月05日

ナンシー塾

昨日・今日とスタジオの庭にウグイスが来ているようで、とても良い鳴き声を程よいボリュームで響かせています。その声はとても綺麗で、耳に届くとしばらく聴いていたくなります。朝の練習中に鳴かれると動きが止まってしまって困るのだけど。


木曜日のレッドクラスに、宮崎県からのナイスガイが参加してくれました。彼も同じナンシー先生の生徒で、そのアシュタンガヨガを見たとき、東京のイトウさんを見たときと同じような気持ちになりました。それは「やっぱりナンシー先生の伝えるアシュタンガヨガが好き」。多分彼らは他の教えを混ぜていない。小さいところでは混ざっているかもしれないけど、優先すべき大事なことをちゃんと守っている。その結果として現れる共通点が2つあります。

まず、呼吸がいい。
そして、シンプル。

この2点を満たしているアシュタンガヨガに僕は惹かれます。アーサナがキレイとか難しいことができるとか、ほんとどうでもいい。日々練習を続けて、洗練されることで結果的に美しくなったアーサナは素晴らしいし、同じように努力を重ねた結果難しいアーサナができるようになることも、尊敬に値することです。僕のいうどうでもいいはそういうことではないです。

何にせよ。自分の練習もこうでありたいと思いました。変えられるものは努力を惜しまず、変えられないものは受け入れるように努め、そこを分別できる目を持てるよう日々練習する。
いい呼吸で、シンプルに。




5月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:43| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする