2018年12月08日

アシュタンガヨガのお知らせ

木曜日からクラスでは伝えていますが、アシュタンガヨガのやり方を現行のスタイルに戻します。この2年半は何だったんだー!?って言うことなかれ。巷で言うところのオールドスタイルで練習した日々は、必ず何かしらの形でみなさんの中で生きてくると思います。僕の中にはしっかり残っています。スタイルは変われど本質は変わりませんから。

明日のレッドクラスも現行のヴィンヤサや、アーサナのちょっとした違いを学んでください。しばらくは今までのやり方が出てくると思いますが、少しずつ身につけましょう。

それに伴い、10日(月)のマイソールクラスは、内容を変更して『セカンド・レッドクラス』にします。セカンドをフルで練習されている方は、ここでまた現行のセカンドを思い出してください。内容的には今までより楽になります。


明日も寒いらしいですよ。
風邪など引かれませんようにー




12月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 23:21| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

気が楽だ。

アシュタンガヨガって、結構自由度の高いヨガなんだと思うんですけど、なんかいつの間にか縛られていたかも、と気づいたことがありました。縛られた理由は、僕が悪い意味で崇拝したからだと思います。Nancy先生は一から十まで完全にグルジからアシュタンガヨガを教わった人です。現在のインドのマイソールとはまったく違う1970年代の濃密な環境で。そしてNancy先生は教わったことを忠実に伝えようと努めています。ということは、Nancy先生の言っていることはグルジの言っていたこと。だったら、それは間違いのないアシュタンガヨガじゃないか!と崇めてしまったんですね。そして、事もあろうにそれを免罪符のように使い、寄りかかっていました。ごめんなさいねー。

Nancy先生から教わったことには、これこそがアシュタンガヨガのエッセンスなのかもしれない、と大きな影響を僕に与えてくれたことがあります。それは今後も自分の中でブレることはないでしょう。でもそれ以外は、「〜すべき」と頑なになることはもうありません。好きにやってください。


いま僕は、いい練習ができているように感じます。「〜すべき」や「もっと深く」にとらわれそうになることもあるけど、呼吸が常に練習の中心にあって、理想のアーサナを追い求めることよりも、「いま・この瞬間」に意識を止めることに集中している。できるようなりたいアーサナはあるので一所懸命練習するけど、無理はしない。急ぎもしない。あいも変わらず痛む所はあるけれど、悲観的にはならないし、それを無理やり型に押し込めるような練習もしない。
今まで以上に呼吸に集中するようになって、自分が捉われていた自分自身に対するたくさんの思い込みに気づけたことが最近の収穫です。自分への思い込みは、過去の自分が作り上げたもの。それに支配されないためには、正しいヴィンヤサカウントでアーサナに入り、呼吸・ドリシティ・バンダというツールを頼りに集中を切らさないこと。

その時の自分が無理をせず、且つ、楽もしないでやったことの結果を、ちゃんと受け入れられる度量が身につけば(それが難しいんだけど)、アシュタンガヨガはただただその人にとっての素晴らしいツールになるんじゃないかな〜と少しの期待を持ちつつ、明日も練習します。




12月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 22:55| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

ヨガ的な綺麗事はいらない。

今日はレッドクラス後に呼吸のメカニズムの話をしました。この前はバックベンドについて。アシュタンガヨガのクラスではしない話を整えヨガですることもあります。
ここで分かっていて欲しいのは、僕の話すことはどれも、ただの参考程度に聞いてくれたらいい、ということです。理屈なんか抜きで気持ちよく深い呼吸ができればそれでいいんです。痛みなく反るアーサナができればいいんです。やり方に正解なんてないと思います。自分なりにしっくりくるやり方が見つかればそれが一番です。探し方や工夫の仕方が分からない人の参考のために、その土台となる基本的な知識やメカニズムを伝えているだけですから。聞いたからにはそれをやらなきゃ、って真面目にならなくていいです。試すのも試さないのもあなた次第。

僕ははっきり言って、三昧を目指したことはありません。そんなレベルにはないことを知っています。もーっと初歩のレベルのヨガを楽しんでいるだけで、今はそれで充分です。その楽しみの一つが試すことです。それがアシュタンガ的に良いのかどうかはさておき、しっくりこないものはいろいろやってみないことには気持ちが悪い。いろいろやると失敗もたくさんします。決して自慢にはなりませんが、ヨガで全身隈なく痛めてきました。やり方が悪かったのが半分、アパリグラハやサントーシャ、ヴァイラーギャができなかったことによるものが半分。ヨガで体を痛めるなんてアホだ、という人もいるでしょうが(確かにアホなんですが)、その経験は全くもって無駄ではないと思っています。むしろやって良かった。だからみんなも痛めましょう!とは決して言いませんけど。

いまスタジオに来てくれている人は例外なく、いずれスタジオミガクには来なくなります。ヨガを止める(アーサナをしなくなる)日も来ます。その日までに自分を観察する目を持ち、自分を知る手段を身につけましょう。いろんな状況で変化する呼吸のこととか。何が得意で何が苦手なのか。どうしたら自分が心地よくなれて、調子が良くないときに何をすると改善されるのか、など。
そのためには自分のヨガをすることだと思います。言われたことを言われたままにやって自分を知ることのできる人もいれば、それでは納得できない人もいるはず。納得がいかなかったら、納得がいくやり方が見つかるまで探しましょう。


Do your practice.


ただそれだけです。
受け売りだけど。




12月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 21:02| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする