2019年02月16日

鳩と烏

珍しく、というか初めてやりました、こういうこと。


カポターサナ (Dove pose 鳩のポーズ)

かかとは掴めてますが、肘が浮いてますね。
反るアーサナは得意じゃないので、まだダイレクトに踵を掴める気はしません。中級者といったところでしょうか。上級者のはいくらでもYouTubeにありますけど、まだそこまでいかない人は僕程度のが参考になるかなぁと思い、アップロードしてみました。
どうやったら腰を痛めず、且つ、余計に動いてしまう胸椎に負担をかけないようにできるかなぁと試行錯誤して、やっと見つけたやり方です。ポイントはいつもクラスで言ってる通りです。


こういうのは得意です。


バカーサナB (Crow pose 烏のポーズ)

このアーサナにたどり着いた時点で、最初からこれくらいできてたような気がします。太陽礼拝のダウンドッグからフワリと戻ってくるのに憧れて、めっちゃめちゃ練習してた時期があったので、多分その貯金でできたように思います。


鳩と烏、同じ鳥類ですが、アーサナになるとなぜこうも真逆に。


自分の練習は節電状態なので、暗くてすみません。
たまにはこういうのもいいでしょうか。




2月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 08:47| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

痛めてないけどね。

それまでうまくいっていたのに(うまくいっていたかのように見えていたのに)、あるとき急に落とされることがある。
例えば、どこかを痛めるとかね。もう何度経験したことか。腰が痛くなったり、膝が痛くなったり、首の調子が悪くなったり。その原因が分かっていようがいまいが、悪くなる。それまで積み上げてきたものが、崩れ落ちる。あ〜あ、って感じ。

そんなとき、良かった頃のことに固執していると、前向きになれないと思う。僕はこういうとき、いつも自分に言い聞かせます。

さぁ、ここからまた始めよう。

ちゃんと自分に言えると、「よしっ」と心が決まる。またやるだけだ。以前のことを思い出して、一段飛ばしで登ろうとせず、また一段一段。三歩進んで二歩下がる。一歩進んで二歩下がることもあるけど、そのとき自分ができることに専念する。


さぁ、ここからまた。




2月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 16:19| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

願望は一旦脇へ

苦手なことをやっていると、よーく分かる。自分の力みが。
自分をそのもの以上に見せたいとき、見せる相手がいなくても、自分に見せようとしているとき、大いに力む。場合によってはそれで見てくれは立派になることもあるけど、それは張りぼてだよ、と自分に言いたい。アーサナをしていれば、まず呼吸が犠牲になる。
『結果にコミット』したいのでしょうけど、ヨガは『行為に専念』だと思う。自分の意識が結果や目標にばかり向かって、その行為に専念できないと、力みにも気づけない。そして結果は遠ざかる。専念すべき『行為』が何かが分からなければ、力むのもしょうがないのかもしれないけど。

力む時期はあって当然だと思うけど、いつかその心身の力みに気づけるようになりたいものです。

カポターサナ、力むんだよなぁ〜
完全に気持ちが力んどる。
分かってるのに力みよる。




2月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:43| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

風物詩

2月ですね。
冷えますね。
水道が凍結しました。

おそらく、明日・明後日は使えません。
来られる前に済ませてきてください。

ごめんなさい。




posted by スタジオミガク at 22:30| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変われる

昨日、セカンド(インターミディエート シリーズ)のレッドクラスをおこないました。セカンドレッドクラスに参加したことがある方はお分かりでしょうが、めっちゃキツいです。普段マイソールでプライマリーを練習している人がレッドクラスに出てもそれほどしんどくないかもしれませんが、セカンドのレッドクラスは別物です。特に初回はそうです。なんて甘い練習してたんだー!ってなります。ただのイベントとして参加したなら、その後の練習は何も変わらないでしょうが、自分の甘さを痛切に感じたとしたら、翌日から変わります。
カウントしてた僕まで変わりました。今朝のセカンドの練習で、「あ、自分も甘かった」と気づいたんです。もう笑ってしまうくらい「ひーーーっ」ってなりました。これはこれでとても楽しい。やってよかったセカンドレッド。


どんなことであれ、気づけるのはいいことだと思います。気づいたところで変えられないこともあるでしょう。体や心がまだ充分に強くなかったり、柔軟でなかったりで。それはそれでしょうがない。自分にはまだその度量が足りないんだから。それでも前向きになれるなら、変わっていきたいなぁと思っています。マットの上でも、日常でも。


こんな気づきを促す強烈な経験も、長くは残らなかったりするもんです。徐々に甘くなります。そんな甘さが戻ってきた頃にまたやりましょう。次回は初夏あたりかな。




2月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 16:42| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする