2019年04月30日

咀嚼の多さは今への集中力

腹八分目

よく噛んで、味わって、腹八分目くらいで食べ終える。ちょっと物足りないくらいで終えられれば、そのあとすぐにちょうどよくなる。


満腹

たいして味わいもせず、よく噛まず、欲に任せて放り込む。その時の満足感はあっても、そのあとすぐに苦しくなる。


もしヨガを、アーサナを、心身の健康のためにするなら、腹七〜八分目にとどめるのがいいと思います。
健康のためではなくて、難しいアーサナにチャレンジするのが好きでやってる趣味の人は、満腹になるまでやらないと満足できないかもしれないですね。その後で苦しむことになるかもしれませんけど。

腹七分目の目安って何か。人それぞれ指標があるかもしれませんけど、僕は断然呼吸です。1回の練習に、呼吸を深められないようなアーサナが何個もあるのは、先を急ぎ過ぎだし、求め過ぎだと思います。


ただのつまらない正論でしたね。
「平成最後の」も「令和」も出てこない呟きでした。




クラス休講のお知らせ

5月10日(金) 18:45〜 ハーフレッド
5月11日(土) 全クラス

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




5月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:00| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

GW中のクラススケジュール

29日(月)までは通常スケジュール

30日(火)
7:00〜9:00 マイソール
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜12:55 ハーフプライマリー レッド

1日(水)
10:00〜12:00 マイソール

2日(木)
7:30〜9:00 プライマリー レッド
10:00〜11:15 整えヨガ
11:45〜13:45 マイソール

3日(金)
7:00〜9:00 マイソール
10:00〜11:30 プライマリー レッド

4日(土)以降は通常スケジュール




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:11| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

どっちもないブログ

歌の中には、1つの表現・フレーズ・言葉でハッとさせるものや、考えるきっかけとなるようなものがあって好きになるものがある。

また、そういうものではないけれど(何言ってるか分からないとか)、メロディだったり声が好きで聴くものもある。

どっちも含むものもあれば、どちらもないものもある。そのどちらであれ、歌(だったり曲だったり)は誰かの何か(心かな?)に触れるんでしょうね。

それが音楽であったり、本であったり、映画であったり、はたまた他の何かであったり。

そしてそれは、ヨガであったり。
ヨガの教えや、身体の使い方、How to が、その人の滞っていた何かを取り除いてくれることがある。だから好き。

そういうのはないけれど、とにかく呼吸とともに在り続けることが心地よくて好き。

どっちもないヨガはつまらんし、どちらもあればとてもいい。どちらかに偏ったヨガも時には必要だと思うけど、呼吸とともに在り続けるのが多い方がいいような気はする。あまり頭でっかちになってもね。

好きならどっちでもいいか。



何言ってるかさっぱり分からんし、言いたいことの内容がハッとさせてくれなくても、何かこの曲が好き、の代表曲。




クラス休講のお知らせ

5月10日(金) 18:45〜 ハーフレッド
5月11日(土) 全クラス

6月16日(日) 13:30〜 はじめてのアシュタンガ

上記のクラスを休講します。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 15:03| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

一気に

YouTubeには動画を上げていたのですが、ブログに載せていませんでした。
何のために動画を上げているのか自分でもよく分からなくなってますが、以前ある人が言った「身近な人がやっている動画を観るのはおもしろい」という言葉を信じて、またたまに撮ります。

ただの気分でその日のアーサナを決めているので、全然順番通りじゃなくてすみません。

ティッティバーサナ(蛍のポーズ)

蛍がこんな歩き方だったら、誰も好んで見にはいかないでしょう。


エカ・パダ・シルシャーサナ
エカとは「1」
パダは「足」
シルシは「頭」
1つの足を頭の後ろにかけるポーズです。

これは苦手です。


ピンチャ・マユラーサナ(孔雀の羽のポーズ)

孔雀の羽っぽい?


マユラーサナ(孔雀のポーズ)

ダウンドッグっぽいとき、頭を中に入れなくてはいけません。…が、入らんのよっ!


松葉杖をついて歩く人を見て固まる さえのポーズ
671C4847-5111-4F10-A1DF-373F4A756E4F.jpeg




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:44| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

呼吸とバンダの力

アシュタンガヨガをやっていると、「呼吸とバンダの力で」という、スターウォーズのフォースの力みたいなことを言う人がいます。だいたいフワリとリフトアップする系の動きやアーサナのときに聞きます。

でもね、です。

確かにそういう力が助けにはなるのでしょう。…が、絶対的に筋力は必要ですよ。「呼吸とバンダの力」などという繊細な関連性が分かるようになるまで、その人が何百、何千回と練習をしているうちに、「あ、これだ」と分かる(思い込む、と言った方がいいのかもしれない)瞬間が来るのでしょう。でも、その頃には何百・何千回もその人自身の重さをリフトアップしようと試みただけの筋力が養われているわけです。プラス、それ系の動きやアーサナにはあった方がいい柔軟性も培われていることでしょう。何千回も練習する頃には、重心のコントロールも分かっているでしょうし。そういうことすべてがあった上で、「呼吸とバンダの力」なんちゅう魅惑的なことが言えるようになるのだと思います。

ま、でも。
少なくとも、呼吸とバンダ(と呼ばれている何か)を常に意識した練習をする人にしか、それを言える瞬間は訪れないと思いますけどね。


アシュタンガヨガを始めたばかりの人は、こういうことにも興味があるんだろうなぁと思い、思うところを書いてみました。
不思議な力を探すより、まずはやれることを練習しましょう。




4月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:30| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする