2019年08月30日

9月スケジュール

✽月曜日✽
9:45〜11:00 『整えヨガ』
11:30〜13:30 『マイソール』※1

✽火曜日✽
9:45〜11:00 『整えヨガ』
11:30〜13:30 『ハーフプライマリー レッド+マイソール』※1
18:00〜20:20 『マイソール』※1

✽水曜日✽
クラスはありません

✽木曜日✽
9:45〜11:00 『整えヨガ』
11:30〜13:30 『マイソール』※1
18:00〜20:20 『マイソール』※1
(その月の最後の木曜日は18:45〜レッドクラス)

✽金曜日✽
9:45〜10:35 『はじめよう アシュタンガヨガ』※1
11:30〜13:00 『プライマリー レッドクラス』※1
18:45〜20:00 『整えヨガ』

✽土曜日✽
9:45〜11:00 『整えヨガ』
13:00〜15:30 『マイソール』※1

✽日曜日✽
9:30〜11:00  『プライマリー レッドクラス』※1
11:45〜13:00 『整えヨガ』
13:30〜14:20 『はじめよう アシュタンガヨガ』※1


※1 アシュタンガヨガのクラスです。
※ マイソールは、来られた方から練習を開始してください。クラス終了時刻にはシャバーサナを終えるようにしてください。
posted by スタジオミガク at 16:32| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

次へと

きっかけはいつどんな形で訪れるか分からない。訪れたことすら忘れているけど、ちゃんときっかけになっている。

この10年やってきたことはもう自分に定着した。新たな意識を持たなくても、クラスをやる中で日々アップデートされていく。だから、これからは違うことにチャレンジしようと思う。

最近やっと、もっとちゃんとヨガをしたいと思うようになった。いろんなきっかけがあり、いろんなことを思い、考え、経験し、たくさん失敗した(いまも失敗し続けている)お陰で、次へと進む準備が整った。

今まで割と偏りが強かった分、目の前に広がる余白は広大だ。やれることがまだまだある。どんなことになるのやら。おもしろがってやろうじゃないの。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:23| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

アーサナを通して知る解剖学

このブログを読んでくれている人の中に興味を持つ人がいるかは微妙ですが、一応お知らせします。

【テーマ】アーサナを通して知る解剖学
(骨盤〜股関節〜膝〜足部編)
【日時】10月6日(日) 14:00〜16:00
【会場】スタジオミガク
【料金】5,000円

という解剖学(と機能解剖学)の講座をおこないます。
こんな人におすすめです。

・アーサナのやり方が分からない
・アーサナで何か引っかかっていることがある
・なぜ痛みが出るのか知りたい
・人のアーサナを見れるようになりたい
・根拠のあるアジャストをしたい
・骨の個人差を知りたい

講師は僕ですが、主催はのぞみ先生です。既に応募は始まっていて、定員まであと何人入れるか、僕は把握しておりません。というわけでお申込みは、下記サイトのお申込みフォームをご利用ください。

https://www.yoga-ekamsapporo.com


いろんなスタジオで開催されているTTC(ティーチャー トレーニング コース?)でも解剖学をおこなっているので、だいたいどんな内容なのか聞いたり、資料を見せてもらったりしたのですが、正直な感想は「遠いなぁ」でした。基礎はいつだって大事なんですけど、それだけではあまり役に立ちません。実践に遠すぎるように感じます。基礎からどんどん積み上げていけるなら、それはとても役に立つものになるでしょうが、ヨガってほら「心」がどうこうってすごく大切にするから、骨格や筋肉を学ぶ時間があれば、哲学とか瞑想とかに時間をかけるんじゃないですかね。

今回の講座では主に下半身の骨格の構造を学びます。下半身を成す骨の形状やその動き方を知ると… あーもう既に難しい!言ってることが専門的っぽいやん!と思うでしょ?そんなことないんですよ。テーマは『アーサナを通して知る解剖学』ですから。いつもやってるアーサナを通して学んでいきます。整えヨガやマイソールクラスでいつも言っていることの意味を理解してもらえるようにしたいと思います。うちのスタジオに通われていない方にとっては、初めて知る体の使い方や知識もあると思います。

あと今回は、知っておくべき骨の個人差をお伝えしたいです。これを知らないと無理な努力をすることになります。僕はこのことを、マイソールクラスを持つようになって、本当に理解できてきました。めちゃ大事です。
先生として人を見る立場の人にとっては、必須の知識ではないかと思います。知っておけば、無理を強いることにもならないですし、できない人のことを理解できることもあるでしょう。

解剖学や機能解剖学の勉強を続けていくと、アーサナの形の根拠が理解できるようになります。理解が深まると、誰かの教える「アーサナこうやるべし」に依存しなくてよくなるし、従う必要もなくなってきます。自分はこのアーサナで体のここを開きたい、スペースを作りたいから、こういうやり方にする、ということが可能になります。先生をしている方にはあると便利な知識だと思います。


「骨より筋肉のことが知りたいんだけど〜」
そんな声もありそうです。でも僕はこう言いたい。

「筋肉をナメるなーーーーーっ!!!!」

筋肉が体をどう動かしているのかを理解するのは、めっちゃ難しいんです!筋肉の起始〜停止を覚え、そこから分かる作用を理解し(この時点で骨格は理解しておかないといけない)、各動作の主動作筋、補助動筋、拮抗筋、固定筋を学ぶ。でもそれは解剖学的肢位(いわゆるタダーサナ)でのことを学んだだけ。そこから動いたときに起こる作用の逆転を考えたり予測しないといけない。そんなことAIでも持ってない限り正確にできるかーっ!

まずは骨の構造を知ってください。さらに興味のある方はそこに本当の意味で肉付けしていけばいいと思います。





8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:04| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

閉じない

少し前のクラスで「カルト」という言葉を使いました。あまり良い意味で使われることはないですよね。気分を害される関係者もいるかもしれませんが、ヨガもそうなり得る危険性があるように思います。そのコミュニティにいる人たちは、自分たちは良いことをしている、という意識でやっているので気づかないけれど、いつのまにかそうなってた、というように。

では、カルトとそうじゃない線引きはどこでするんでしょう。まず「カルト」という言葉は自分たちで使うものではないので、他人が勝手に「あの集団はカルトだ」なんて言うわけです。他人にどう思われようと、自分の信じることをするのだ、という姿勢は悪くないと僕は思うのです。それでもカルトと呼ばれない集団もたくさんあります。その違いって何なんだろう?と考えました。

僕の浅はかな考えでは、他人に理解されるかされないか、ではなくて(自分に理解できないというだけでそう呼ぶ人もいるかもしれないけど)、外に向かって開かれているかいないか、の違いのように思います。理解や共感は得られないかもしれないけれど、私はこういう考えでこういうことをやっています、と誰に対しても言えるかどうか。表向きの顔としての一部を見せるのではなくて、素直にすべてをさらけ出せるか。じゃないかなぁ。

僕はそう思ってヨガスタジオをやっています。

ヴァンデーグルナーム …って聞こえたら怪しまれるでしょうけどね笑




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:17| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

Do your practice.

ヴィンヤサやアーサナのやり方は現代のものへと微妙に変わっても、アシュタンガヨガに取り組む僕の態度や意識は、ナンシー先生や恵子先生が伝えてくれたものから変わっていない。

ヨガには発表会や競技会のようなものはない。スポーツのようにそれに向けてがんばることもない。アシュタンガヨガでは、「ヨガをする」とは言わず、当たり前のように「練習をする」という。でも、どれだけ練習しても、それはいつかの本番のための練習にはならない。その時の練習そのものがすべてだから。
だからきっとワークショップに参加するのは楽しいんだと思う。いつもと違う環境で、いつもは会わない人たちと、いつもと同じ練習をする。それはアシュタンガヨガをする人たちにとって、ささやかな楽しみなのだと思う。

有名な先生や話題の先生のするワークショップに参加したくなることありますよね。そういう場に行って、また、全国・世界のどこかのスタジオに行ったとき、ヴィンヤサなどで困らないようにと思って、スタジオミガクのアシュタンガヨガは現代のものへと変えました。正直に言えば、ヴィンヤサをどうするか(吸って頭を起こし、吐くときは動かない、など)は、僕にとってはどうでもいい。自分はこうしたい、とかない。そこで頑なになりたくない。「こうだよ」と言われれば、ただ「はい」と従うし、「こう変わったよ」と言われても、ただ「はい」と従う。自分にとって大事なのはそこじゃない。

なぜだろう。ナンシー先生や恵子先生から直接教わったからだろうか。それとも、教わったことを実践し続けたからだろうか。いわゆるオールドシャラでグルジが生徒に教えていたスタイルと現代のスタイルとでは、根本的なところが微妙に違うと感じるのです。どちらにも好きな部分とそうじゃない部分があるのだけど、根本的なところでオールドスタイルが好きなのだ。だからどうでもいい部分はなんぼでも現代のものに変えられるんだけど、取り組む意識はオールドスタイルから変えられない。

違いをうまく伝えられたらいいんだけど、違いを教えてもらって好みだからやる、というものではなくて、まずは自分でやってみてその違いを自分で体感するしかない。もちろん、正しく伝えてくれるところで、ある一定期間は続けた方がいいと思いますけど。

どちらにも良さがあるし、好みもあると思う。だから好きな方をやればいいんじゃないでしょうか。自分がなぜアシュタンガヨガをするのか。どうしていきたいのか。そういう自分の考えと合った取り組み方をしているスタイル・先生を探せばいいと思う。

僕の感覚では、ナンシー先生や恵子先生の伝えるアシュタンガヨガは「優しい」です。「易しい」ではありません。セカンドに至ってはむしろ現行スタイルよりめちゃキツい!取り組み方に現れる考え方が優しいです。年取っても続けられそうだなと思います。僕の主観ですけど。全然伝わらないですね。すみません。


いずれにせよ、押し付けられてするより、自分でやりたいと思うことをやりましょーってことです。





8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:05| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

レッドクラスについて

LINEの使い方を間違えているコバヤシです。
普通に文章を送ります。
普通に句読点つけます。
スタンプ使いません。
それメールやん、って言われます。


さて、レッドクラスについてお知らせです。
マイソールでフルプライマリーの練習をしている方には特に変更はありません。まだフルで練習していない方は、レッドクラスに参加したとき、マイソールで練習しているところまでみんなと一緒に練習し、それ以降は各自でフィニッシングに入るか、みんながフィニッシングに入るまで見学し、それから一緒にフィニッシングに入ってください。
また、用事があって早く帰らなければならない場合も同様にしましょう。


それではご機嫌よ〜




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 14:28| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

どっち

任天堂の前社長である岩田聡さん(4年くらい前に亡くなられましたけど)の本を読んでいたら、面接についてこんな風に言っていました。


わたしの経験からいうと、面接官には2通りのタイプがあるんです。相手をほぐしてからその人の本性を引き出して、その上で選びたいと思っている人と、「ほぐれていないから話せない」というのもその人の社交性だったり、力だったりするから、そのまま評価してしまう人と。


これって、まんまアシュタンガヨガのやり方のことだな、と思いました(もちろん採用・不採用を決める面接とヨガは根本的に違いますけど)。アシュタンガヨガはこの面接官でいうと後者ですよね。やる前にストレッチとか準備運動しないのが原則です。そのときの、その人のまんまでできることでいい、というスタンスだと思います。
でも多分ストレッチとかやってる人もいますよね。ほぐしてからやった方が無理がないし、自分の力を発揮できる、と。

僕は原則を守っていますが、どっちでもいいんじゃないかなと思っています。そのまんまでも、ほぐした後の自分も、どっちも自分だと思いますから。

ただ、いつもほぐしている人は、何らかの理由でそれができなかったとき、いつもよりできない自分を「これは本来の自分の力ではない」とは思わない方がいいと思います。そう考えるといつでも同じ条件でいられるのは後者でしょうか。

ちなみに、岩田さんは前者タイプの面接官だそうです。


今日、アシュタンガヨガ名古屋の恭平先生のワークショップに参加してきました。毎年マイソールに通われている先生から正しいヴィンヤサを学びました。微妙に変えるべきところがありますので、明日以降のクラスで伝えていきます。覚えてくださいね。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:37| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

古臭…

レトロやわ〜
改めてこのレトロ感が好きだと思いました。

EA9E7BBE-3B99-46BA-ADF6-9CF984A95A4D.jpeg

4B8BF7A1-0152-4F69-AFDD-95C39F56B778.jpeg

1EC75431-E029-44B8-ADB2-10284EC55F55.jpeg


庭が凄いことに…
A3310D95-ABD3-413B-A8CF-2DEA08CEF865.jpeg





8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:19| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

ただ出すだけ

僕はヨガ人の書くブログをほとんど読みません(というかブログを読まない)。知らないだけで、良いブログもたくさんあるのでしょうけど、何となくパリコレを見てるような感じになるというか。なんか自分にとっては遠いというか、現実味が薄いというか、そんな感じです。あくまで僕にとっては、です。

僕にはヨガとは違う分野の人のコラムなどを読む方がためになるし、おもしろく感じる。つい先日、小論文の書き方などを指導されている山田ズーニー先生のコラムを読んでいて、ハッとさせられました。
明らかに文章の書き方のことが書かれているんだけど、完全にそのままヨガをすることに当てはまっていたんです。パリコレみたいな(しつこいですが、僕には、です)ことを書かれていても全然入ってこないんですけど、身近なことが題材になっていると、スッと入ってくる。

そのコラムを読んで、整えヨガであることをやろうと決めました。勉強と練習は必要ですが、ちょっとずつ磨いていこうと思います。
アシュタンガヨガには取り入れづらいので、やりません。多分。


「ただ出すだけ」これがズーニー先生から教わったことです。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 19:20| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

憧れであり目標でもある

YouTubeでマイソールクラスの動画を観るのが好きです。特に外国のやつ。もう一つ言うと、年配の先生のやつ。

外国のマイソールクラスには、いろんな人がいる。3rdや4thを練習しているような強者もいれば、プライマリーを大汗かきながら頑張ってる小太りのおじさんやおばさんもいる。日本のマイソールクラスで見る風景とはちょっと違うんですよね。国民性でしょうか。

年配の先生は、なんだか落ち着きがあって穏やかな感じなんです(ある超有名な先生を思い浮かべて書いてます)。若さ故の軽さや、自己顕示欲のようなものが感じられない。何度見てもいいなぁ、って憧れるんです。

うちのマイソールクラスは、細々と、ほんっとに細々と続けているんですけど、自分もいつかああいう雰囲気のクラスができるようになりたいと思っています。

多分ですけど、(その年配の先生は)人間的に素晴らしい人なんだろうなぁって思うんです。醸し出されてるものが全然違う。憧れるなんて僕が言うのもおこがましいくらい。でも、目標としてはこれ以上ないです。

いろんなヨガがあり、これから先もいろんなヨガが生み出されるのでしょう。先のことは分からないけれど、多分だけど、そのたくさんある中からぼくが選び実践していくのは、アシュタンガヨガになるような気がしています。


ヨガ初心者は、アシュタンガヨガを知らないかもしれないし、知っていても敷居が高いと感じているのかもしれない。どうか恐れずにやってみて欲しい。マイソールクラスから少しずつ始めるのがいいですよ。

スタジオミガクで教えるアシュタンガヨガは、他のヨガとのミックスアシュタンガではありません。アイアンガーアシュタンガでもなければ、全米ヨガアライアンス的アシュタンガでもありません。シンプルな伝統的アシュタンガヨガです。


札幌にもっとアシュタンガヨガを実践する人が増えたらいいなぁ。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:17| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

できるできないの前に

ヨガでは心と体は繋がっている、なんて言うわけですけども、もしそれを信じられるなら、そしてそういうものとして実践できるなら、ヨガは素晴らしいツールだと実感できるでしょう。

日常から生じるイライラや悲しみなどがあるとして、心が受け止めるストレスは体にも何かしらの影響を与えるでしょう。

また反対に、物理的に体に加わるストレス(仕事上の繰り返される同じ動作や、負荷、姿勢による)は、心にも影響を与えると思います。

すべては受け止め方次第だよね。

なんて根本的なことを言われてしまえば、それは確かに真実なのかもしれないけど、誰でも何でもかんでも根本からどうにかできるわけではないですよね。分かっていてもイライラするし、悲しくもなる。それが心身ともに蓄積される前に解消できた方が断然いい。

みんなそれぞれのストレス解消法があるのかもしれない。僕だったら、サイクリングするとか登山する(最近全然してないけど)とか。人によってはお酒とか食事とかカラオケとか。でもこのどれも、気持ちのストレスは解消できても、身体的ストレスはまったく解消できていなかったり、または特定の場所に負荷をかけただけだったりします。

その点ヨガはいいです。こわばりや滞りを解消できるし、ヨガの種類によっては強化することもできる。心地よくもできるし、頭を切り替えてもくれます。挙げだしたら長くなるのでやめますが、ヨガ自体がストレスになる人以外はみんなにお勧めしたい。

週に一度ヨガできればいい。そんな人も多いですけど、上記の理由からも多くやるに越したことはないと思います。ポーズができるからいいとか、できなくなるからどうとか、そんなことじゃなく、です。

あなたのストレスが解消されれば、パートナーや子供たち、隣のデスクの誰かさんや、上司・部下、義理のなんちゃらにも優しくできるかもしれない。ピースフルやんかー。

こんな駄文ブログを読んでるくらいなら、太陽礼拝を5回やった方がずーっといいです!
さあ、さぁ、今すぐマットに立って!

サマスティティヒ




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:21| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする