2016年02月26日

以前撮ってもらったセカンドレッドクラスの動画を観た。
柔らかく反っている人は、なんだか気持ち良さそう。
対してボクの反りは…しんどそう。

もっと気持ち良いという感覚を大事にしてもいいのかもしれない。
アーサナって大抵はどっか伸びてる。
日常で縮こまった体にスペースを取り戻すような伸びって気持ち良い。
あそこはこうすべき、ああすべき、そういう理論的なのもいいけど、自分の感覚を頼りに気持ち良く動き、アーサナをするのもいい!

ボクは完全なる理論派です。
ここをこうして、と言う場合は、ちゃんと意味があります。
そんな奴だからこそ、感覚に任せた自由な気持ち良さそうなアーサナに惹かれるのかも。

そんな風に練習してみようかな。
なんてことを考えた木曜日でした。




2月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:09| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。

痛みの話、身に覚えがあることばかり…
私も、以前は、どうやったら痛みが無くなるのかばかり考えてました。

痛みはサインっていいますよね。
無理な身体の使い方をしたのか、それとも身体の変化の過渡期なのか。どこかを庇っての痛みなのか。痛みの意味を考えるよーになりました。
ホントにあちこち痛めたお陰です f^_^;)
Posted by kan at 2016年02月28日 07:34
>kanさん

ありがとうございました!
そうなんですよねー。
痛みは決して悪者じゃないんです。
むしろ親切に教えてくれているので、無視していなくなるのを待つのではなく、その声に耳を傾けて、丁寧に話し合って解決策を模索するのがいいと思います。
ケガを恐れて、子供に何も経験させないより、どんどん失敗をさせて、そこから学ばせる方がいいのと同じだと思うんです。

あちこち痛めたことが、果実を結びますように^_^
Posted by コバヤシ at 2016年02月28日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。