2016年07月10日

知足

最近ボクがアシュタンガヨガを教わっている先生方に出会ってから、アシュタンガヨガに対する印象が大きく変わりました。元々はこうだったんじゃない?って。
『こう』とは、誰にでもできるヨガ、という意味です。
現在のアシュタンガヨガへのイメージって、とってもキツそう、難しそうって感じではないでしょうか。
それは、現在のシステムや、モディフィケーションを許さない厳しい先生、そして、アーサナをできるようになりたい!みんながやっているようにやりたい!という自分自身の心がそうさせているように思います。
自分のために、自分の呼吸が教えてくれるペースでやれるなら、アシュタンガヨガは厳しくも難しくもなく、とても心地よいヨガだと思うんです。そのことに気づいたのは、ほんの数日前です。だから、ボクも今までは厳しく難しいヨガを教えていました。
確かに、そこそこの運動量はあるので、まだ体力のない人が、いきなりハーフやフルをやろうとすればきつく感じるでしょう。だからこそ、マイソールクラスなんですよね。自分の体力でできるところまで。それでいいんです。それでいいと言える知足(サントーシャ)の心が大切なんだと思います。その心持ちになれないうちは、きっとアシュタンガヨガは厳しく難しいヨガであり続けるんでしょう。

アシュタンガヨガを始めてもやめていく人が多くいると聞きます。それはもちろん先生の責任は大きいですが、取り組み方や、心の持ちようによるところも大きいと思います。
強欲になっていないか、自分を冷静に見る目がヨガの基本ではないでしょうか。


前よりもっと好きになりましたよ。アシュタンガヨガが。



特別クラスのお知らせ

7月18日(月・祝)11:45〜13:15
『アシュタンガヨガ インターミディエート レッドクラス』

ガチガチのレッドクラスではありません。難しいアーサナはペアでおこないます。モディフィケーションも取り入れます。休憩できる時間もありです。
インターミディエートを既に練習している方も、ブライマリーを練習してるけど、その後のことを体感してみたいという方も、軽い気持ちでご参加ください。ビビらなくて大丈夫です!
※ 体験は受け付けておりません。スタジオミガクで定期的に練習している方が対象となります。



7月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:12| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする