2016年10月03日

ポリシー

体は繋がっている。
例えばパシュチモッターナーサナ (座位前屈)。
このアーサナでは体の背面すべてを伸ばせる。背面といってもたくさんあって、足底(足の裏)、ふくらはぎ、ハムストリング(太ももの裏)、おしり、腰、背中まで。そのどれを伸ばすかはその人次第なんだけど、大抵は伸ばしやすいところをストレッチしている。

今はないのかもしれないけど、小学生の頃、柔軟性を見るといって前屈し、立位で手の指先をどこまで遠くに届かせられるかを測定された。
あの測定法のせいで、指先が遠くに届かないことを残念なことのように考えている人が生まれたのではないだろうか。ヨガの座位前屈をすると、指先が遠くに届く=良いこと!と言わんばかりにがんばる。
はっきり言ってあんなもん害だ。
あれをがんばり過ぎる人は、大抵ハムストリングがかたい。ハムストリングがかたければ、骨盤の動きは制限され、指先を遠くに届かせるためには腰から背中を丸めるしかなくなる。普段から背中を丸めて過ごしている人が、さらに丸める力を養ってどうすんだ!日常でストレッチされ続けた背中の筋肉を、ヨガでもストレッチしたらどうなります?背中の力はどんどん弱くなって、良い姿勢を維持できなくなりますよ。それが首にどれだけ負担をかけるか。頭痛や腕の痺れとどんな関係性があるか。圧迫され続ける内蔵のことを考えているのか。広がらなくなる胸の奥で窮屈にしている肺はどんな呼吸ができるのか。

また、ハムストリングが柔らかくなってきたり、最初からある程度柔らかかったりする人の中には、ハムストリングストレッチ中毒になる人もいる。どんどん足先に体が伸びていくことが楽しいのか、めっちゃ柔らかくしようとがんばる。もう一度言いますが、ストレッチされ続けた筋肉は、それを強化するためのことを同程度やらないと、どんどん弱化しますよ。
スポーツ選手は、試合の前に柔軟性を上げるようなストレッチはまずしません(体をほぐす程度だったり、筋肉を刺激するくらいにはやるでしょうが)。それはパフォーマンスを低下させるからです。一時的なストレッチですらそれだけの力があるのです。一般の人はヨガの後に試合があるわけではないので、そこまでは気にする必要はないですけど、ストレッチ中毒はやはりあまりお勧めできません。支える力のない柔軟性は、自己満足以外の何者でもないと思います。

体は繋がっている、それを理解しましょう。座位前屈に限らず、すべてのアーサナでそうです。
基本的に人は使いやすいところを使います。使えないところは意識が届かないところです。意識が届かないところは、訓練しなければ使えません。使えないところを使えるように訓練するのは、気持ち良くもなければ、リラックスできることなんてありません。知識も必要です。それはヨガした気分に浸りたいだけの人や、一時的な気持ち良さを求める人には鬱陶しい限りでしょう。でも事実です。学ぶ気をもって、集中し、感じられずに暗くなってるところにまで意識の光を届かせる。そっちの方が指先が遠くに届くことよりもずっとずっと大切なことだと思います。

ヨガは形ではないですよー。
そういう先生もいます。確かにそうだと思います。でもそれは、害を及ばさない限りにおいてです。
形を良くするために形のことを言ったり直したりするのは違うと思います。僕が言いたいのは、形は機能の現れだということです。機能を発揮させるために直したり言ったりするのです。使えていないところを意識して使えるようになれば、結果的に形は綺麗になります。鏡を見ながら形を良くするためだけに、視覚だけに頼ってやっているポーズは、アーサナとは呼びません。見てくれだけのポーズです。何年やろうが感覚器官は育ちません。

鬱陶しいですよね〜。
五月蝿いですよね〜。
そんな細かいこと言ってないで気持ち良くヨガさせろや、って感じでしょうね。気持ち良いとかリラックスする、ということの良さを否定する気はまったくありません。日常生活で心に溜まったストレスを解放させることは、体の機能を取り戻すことよりも大事な場合も多いかもしれない。だから、気持ち良いこともリラックスできることも、どんどんやるべきだと思います。
同時に思うのは、体の機能の低下やそれに伴って起こる症状は心を蝕むこともあるんじゃない?ってこと。
僕は自分のやっていることに責任を持ちたいので、形は気にしないでー、とは言えません。心がすべて!という人には、うちの整えヨガは鬱陶しいと思います。お勧めしません。

かたいところをこそ柔らかく。
弱いところをこそ強く。


…ということを、もっと柔らかい表現で書けたり言えたりしたらいいのになぁ。
でもまだできないので、ちょっと攻撃的に受け取られるかもしれないけど、元整体師の僕としては言わないわけにはいかないのでした。




クラス休講のお知らせ

10月13日(木)
『アシュタンガヨガ mysore 』

よろしくお願いします。



10月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:40| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする