2016年10月27日

free from

むかしむかしに生まれたヨガの源について学んでいると(といっても、そのほんの一部なんだけど)、いま僕らがやっていることは、どこでこの源に繋がるんだろうって考える。
考えてみても、いまの僕の浅い知識では繋がりが見えてこない。お腹の使い方がどうだとか、ここが使えていないとか、なんとかアーサナができたー!とか、できない〜とかは、その源の定義するヨーギーとはまったく関係がない。…と思う。


21時頃から軽くアーサナをした。普段は7時くらいから練習を始めるんだけど、僕の場合は朝より夕方や夜の練習の方が、断然体がよく動く。朝だと腰が痛んでできないことも、夕方以降だと平気だったりもする。できないよりはできた方が気分がいい。すると、「朝に練習するのは止めて、夕方にしよっかなー」なんて考えたりもする。
そんなとき、いま学んでいることがふと頭に浮かぶ。学んでいることは掴みどころがなくて、小難しくて、まだ誰かに話せる段階にもないんだけど、その中でも僕の中にキーワードとして残っているものがある。

『free from』

fromの後にはいろんなものを入れられる。
みんないろんなものから全然freeになれていないんだから。
朝より夕方に練習しようかと考える僕は、「アーサナができる自分にこそ価値がある」という考えからfreeになれていない。いや、どちらかというと、「思うようにできない自分への失望や、焦りに似た感情」からfreeになれない。根本的には「自分は足りていない」という考えから、ですね。
できようができまいが、自分の価値には何も関係がないのにね。

この先も続けていくであろう僕のアシュタンガヨガの実践は、後にも先にもよりかからず、いまこの瞬間の自分を確かめるための練習であり、その都度生まれる「自分は足りていない」という考えからfreeになるための練習なんだと思っています。
そういう練習を押し付けるつもりはないけれど、『free from』というキーワードは頭の片隅にでも置いといてもらえたらなぁと思います。

できなかったことができたときの喜びを否定する気はさらさらありません。そのときは大いに喜び、そしてそこからもfreeになって、次へと進んでいきましょう。



アシュタンガヨガのクラスに関するお知らせ

アシュタンガヨガではムーンデイと呼ばれる新月と満月の日は練習を行わないことを原則としています。
なので、ムーンデイにマイソールクラスがある日は、フロークラスへと変更になります。

10月31日(月) 新月
11月14日(月) 満月
11月29日(火) 新月
12月14日(水) 満月
12月29日(木) 新月


もう1つ。
生理中の方は練習をお休みしましょう。

よろしくお願いします。


来月からのクラス変更のお知らせ

木曜日19:00と土曜日11:45の『ハタヨガ』は、11月から『アシュタンガヨガ ビギナー』へと変更になります。


『アシュタンガヨガ ビギナー』クラスの概要

・アーサナの詳細なやり方よりも、まずは大まかなやり方や、難しい場合のバリエーションをお伝えします。
・プライマリーシリーズの半分までの流れをちゃんと理解してもらいます。
・ヴィンヤサと呼ばれる動作は、正式なやり方よりかなり減らします。
・アーサナの完成度よりも、呼吸とともに動くことを練習します。
・フィニッシングと呼ばれる終わりのアーサナも減らします。


暖房費のご協力のお願い

札幌もだいぶ寒くなってきました。
例年通り、暖房費のお支払いにご協力ください。

10月24日(月)より、1クラス100円です。

よろしくお願いします。




10月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:30| スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする