2017年01月10日

解剖学

今日、お勧めの解剖学の本を聞かれたので、それに関することで思うことを書きます。

解剖学について学んでおくと、こんなときに役に立つよ、という場面。
・ボディワークをする人や医療関係者との間に、共通の言語を持てる。
・体を痛めたときに、その理由を明らかにできることがある。
・インストラクターとして人を見る立場になったとき、何かをできるようになりたい人のサポートに役立つ。

そんなところだと思います。
それを大きいと判断するか、小さいと判断するかは、その人の価値観なのでなんとも言えません。
正直な意見としては、解剖学を知らなくても、ヨガライフにはほとんど影響ないと思います。使い方によっては役に立つ道具、といった程度じゃないかと。

でも、そういうことが好きなら、学べば学ぶほど楽しくなるし、いろんな視点を持てるようになります。
僕は好きです。




1月のレッスンスケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:07| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。