2017年02月05日

both

ヨガスートラは、アーサナを以下のように定義しています。

『スティラスッカムアーサナム』

アーサナとは、スティラでスッカムである。
スティラでスッカムとは、力強く安定しており、緊張がなく心地よい状態のことです。

めっちゃ難しいですよね。
体の弱さやこわばりが、上記の状態を困難にすることは大いにあると思います。
それと同時に心がとても大きく関与すると思うのです。
過去の自分とか、理想とするまだここに存在しない自分を意識しながらでは、到底スティラでスッカムなんてないでしょう。特にスッカムは。現状無視でもっともっと。意識にあるのは理想の自分。そんなアーサナに緊張のない心地よさは在りえない。

とは言え、意識はどうしても過去や未来を行ったり来たりしてしまうもの。それを今に繋ぎとめるテクニックとして、ドリシティや呼吸のやり方があるんだと思う。
ただ、そういったヨガのテクニックですらも、意識過剰になっているアーサナの前ではなす術なく忘れ去られてしまう。

本当に難しいです。

難しいんだけど、このスティラでスッカムとはどういうことかをしっかりと考えて、自分のこととして向き合わなければ、どこでどんなヨガをしてても、アーサナは自分を解放に導くとともに、自分を縛り付ける諸刃の剣となってしまうと思います。

自分の反省を込めて書き留めておきます。



最後に、ドキュメンタリー映画でアシュタンガヨガの創始者である Sri K. Pattabhi Jois氏がインタビューで答えていたことを。

Q: Is this practice physical or spirituial?
A: Both.

質問:このプラクティスは肉体的なものですか、それともスピリチュアルなものですか?
グルジ:両方です。




休講のお知らせ

3月3日(金)・4日(土)はすべてのクラスが休講になります。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:35| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。