2017年02月11日

セラピーとして。

先日、今年一番の驚きがありました。
阿佐ヶ谷姉妹って姉妹じゃないんですね。
この方たち、なんか分からないけど好感が持てます。
image.jpg

この頃、Sri K. Pattabhi Jois氏の書い本を何度も読み返します。他の本みたいにアーサナの詳しいやり方やコツ・流行りの解剖学のことは書いてありません。
その中で繰り返し言っているのは、ドリシティやバンダ、呼吸とともに動くこと、正しいヴィンヤサで動くことの重要性。そして、そのアーサナの効果です。
この本を読んでいると、この人はアシュタンガヨガで人々の心身を健康にしたかったんだろうなぁということが伝わってくるんです。昨年出会ったNancy先生の話があったから、よりそう感じさせるのかもしれません。

アシュタンガヨガは、やっぱりセラピーだと思います。この本でPattabhi Jois氏が書いているようにやれれば。そのやり方は、YouTubeやSNSで見られるような、美しいアーサナではないかもしれません。それらに比べれば、多少不恰好ではあります。でも、それには意図があります。

僕はセラピーとしてのアシュタンガヨガをしたいです。
そして、それをする人みんなが心身ともに健康になって欲しいです。



休講のお知らせ

3月3日(金)・4日(土)はすべてのクラスが休講になります。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:07| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のレッドクラスで、ずっと違和感のあったパドマのかかとの位置とジャヌシルシャアサナBの足の向きがクリアになってスッキリしました!
たぶん先生は今までクラスの中で同じ事を伝えてくれていたと思うけれど、その時はわからなくて。やっとしっくりくる時が来たようです。

阿佐ヶ谷姉妹は姉の方が好みです(^-^)
Posted by tora at 2017年02月12日 11:19
>toraちゃん

レッドクラスの後のトークでね。笑
そうでしたか、クリアになって何よりです。
タイミングってありますね。僕も何年も前に聞いたことが、今頃になって「このことを言っていたのか!」って分かるときがあります。快感な瞬間です。

で、姉ってどちらの方?
Posted by スタジオミガク at 2017年02月12日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。