2017年04月02日

溺れてもいいから

横尾忠則さん(グラフィックデザイナー、画家?)の考え方が、とても好きです。


「結局、栗の皮をむくという自分のプロセスがおもしろいんじゃないかな。
先生がいて、先生に手取り足取り教わるプロセスなんていうのはちっともおもしろくない。
それじゃあ発見がないじゃない? 
先生が発見した何かをこちらがなぞって、それこそ模写するだけだよ。
やっぱり自分で発見するのがおもしろい。

だから、自転車の乗り方とか水泳の泳ぎ方なんて、絶対教わりたくないね。
犬かきであろうが、溺れてもいいから、自分でやりたいと思うし、そのときの発見がおもしろいんじゃないかな」


ヨガを教える教室をやっていながらこう言うのは変かもしれませんが、ほんとにこう思っているんです。
僕がヨガを始めた頃、すごく教えたがる熱心な先生に出会うと、「みなまで言うな!」と言ったものです(心の中で)。

普段は整えヨガに出ている方が、マイソールクラスに参加し始めて数回のとき(トリコナーサナBまで練習中)、こう言いました。
「習うより慣れろ、だと思ってます」

それを聞いて、「ワーオ!素敵!!」と思いました。
まずはやってみる。とにかく慣れるまではやってみる。うまくいかないことが出てきたら工夫する。時にはどこかを傷めることもあるかもしれない。そしたらまた考えて新たな試みをやってみる。そういうプロセスにこそ発見はあって、そのピカーンと頭の上で電球が光るような瞬間が最高に楽しいと思うんです。それが他の人から見て正しいかどうかなんてどうだっていい。1つの正解しかない学問でもなければ、先生の思う正しい以外は許さない狭いものでもないですし。どんどんうまくいかない歯痒い思いをしましょう。


まずはヨガをする場であること。
ヨガする人を見守ること。
過保護にならないこと。
必要と思うアシスト・アドバイスをする。
ヨガをする上での考え方を伝える。

そんなことを大事に毎日ヨガ教室をやってます。
やるのはあなた!と思っていますが、聞きたいこと・疑問などはどんどんぶつけてください。その答えの理屈も、アドバイスの理由もきっちり説明できます(いや、できないものもありますけど)。

たかがアーサナだけど、されどアーサナ。
いろんなプロセスの中に自分を知る手かがりがあると思います。


Do your practice.



クラス休講のお知らせ

5月4日(木)〜8日(月)までのすべてのクラス
9日(火) 『整えヨガ』と『Led Primary』

上記のクラスをお休みします。
10日(水)は普段はお休みですが、クラスをおこないます。
10:00 『整えヨガ』
11:45 『アシュタンガヨガ Led half Primary + Mysore』

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:28| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。