2017年05月08日

明日からクラス再開です

岡山でのアジャストメント・クリニックが終わりました。
今回感じたことは、ナンシー先生・恵子先生・ツトム先生が大好きだということ。3人の作り出す雰囲気は、とても和やかで穏やかで、とても居心地がいいです。それはちょうど1年前にニセコで初めてこのお三方にお会いしたときに感じたものと、何も変わっていませんでした。

まだこの先生方に会ったことのない方には、ぜひとも会って欲しい。
何らかの理由でアシュタンガヨガから離れてしまった人にも、難しそうなイメージからアシュタンガヨガを敬遠している人にも。
故パタビジョイス氏が編み上げたアシュタンガヨガとはどういうものであったのかを知りたい人にも。

タイミングとか、巡り合わせとか、そういったものの妙に、唸らざるをえません。
僕は出会ってしまい、再会でき、また会いに行くでしょう。そして…

新たなミッションを得た僕は、自分の殻を破って「自分にはできない。やりたくもない」と思っていたことにチャレンジします。


明日の夜マイソールからスタジオミガクは再始動します。
よろしくお願いします。



イレギュラークラスのお知らせ

10日(水)は普段はお休みですが、クラスをおこないます。
10:00 『整えヨガ』
11:45 『アシュタンガヨガ Led half Primary + Mysore』




5月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:59| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の夜からまたお願いします。
ヨガの基礎から勉強しはじめてちょっとだけど、あ、そっか〜って思った瞬間がいくつかありました。アシュタンガヨガの順番が考えられたものだったんだな、とか。立ちポーズから入る意味とか色々考える機会になりました。
それでもアシュタンガヨガは私には高度な感じがするし、身体から考えたらたぶん向いてないんじゃないかって時々思いますが、できないポーズも含めて好きです。もう一つわかったのは、私の身体は意外に丈夫みたいです。か弱いって思ってたんだけどな…
Posted by おざわ at 2017年05月09日 05:58
>おざわさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

おーっ。気づくことがありましたか。そういうことがあるから、勉強は楽しいですね(すべてとは言えませんが)。
アシュタンガヨガを実践していると、いろんな過程があって、すごく考える時期と、何も考えずに差し出されたものをただ練習する時期があるように思います。様々なことを学び知っていくと、頭で考え過ぎて理論が先行しがちですが、やっぱりパタビジョイス氏が言うように、理論より実践なんだと思います。
向いていなくても(それは思考が作り上げているのでしょうが)、好きなら万事オッケーですね。楽しんだもん勝ちです。

おざわさん、確かに線の細さからはか弱さを感じますが、良い意味で見かけ倒しですね。丈夫な身体は何よりの宝だー
Posted by スタジオミガク at 2017年05月09日 06:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。