2017年06月15日

新しい朝が来た。希望の朝だ。喜びに胸を開け!

朝、スタジオに向かっていると、公園の方から楽しそうに談笑しながら歩いてくるおじさんたちに出会います。最初は分からなかったのですが、どうやらラジオ体操の帰りみたいです。夏休み以外でもやってるんですね、ラジオ体操。

毎朝アシュタンガヨガをするようになって、あるときふと思いました。僕が毎日やってるこれはラジオ体操みたいだと。
NHKでもラジオ体操をやっていると思いますが、そこに出ている体操のお姉さんやお兄さんは、それはもう見事なキビキビとしたキレのあるラジオ体操をします。でも、誰もそれを見て、こんな風にやらなきゃいけないんだ、とか、こんな風にできないからやめておこう、なんて思いませんよね。2年生の夏休みから3年生の夏休みまで、1年間もブランク空いてもうたから怖くてよう行かんわ、ってビビってる子おらんでしょ。公園にラジオ体操に行く前に予習してから行く子なんています?順番覚えてないから行くのやめとこ、って言わんでしょ。何度も繰り返すから覚えるんですよね。

アシュタンガヨガも同じだと思うんです。本や動画、近くで練習してる人と同じようにやる必要なんてありません。あれらはあくまで指標であり、方向性を示すためのものです。その人がその日の状態で心地よくできるところで気軽にやればいいんです。ブランクが空いたって同じ。順番覚えてなかったら、流れが途中で止まっちゃったり間違えるだけで、誰にも迷惑なんてかかりません。何度も間違えながら繰り返していれば、いつかちゃんと覚えます。

…とこういうことを言えるのは、多分毎日練習しているからなんでしょうね。週に1回時間とお金をかけて来てるのに、その日その時できることを気軽にやればいい、なんて悠長なこと言ってられるか!意地でも今日できるようになったるねん!と。それならそれでいいと思います。どんどんがんばって。体は傷めないようにね。

毎朝マットに立つことは、夏休みにわざわざ早起きしてラジオ体操に行くようなもの。眠たいし面倒だし。でもちゃんと行って、帰りにスタンプ押してもらう(僕の地域ではそうだった)。最初は真っさらだったスタンプカードが、夏休みの終わりにはスタンプで真っ赤になってて、ちょっとした達成感を感じる。
よっぽど好きなら話は別ですが、大抵の人は朝からヨガするために起きるのは、眠たいし面倒ですよね。でも、太陽礼拝だけ。週に3日だけ。それからスタンディングを入れる。もう1日増やす。そんな感じで続けられれば、きっと体は調子よくなるし、軽くもなってくる。健康診断が怖くなくなる。気分よく1日をスタートできれば、仕事も捗るかもしれない。呼吸に意識を向け、深める習慣がつけば、仕事のイライラが少しは減るかもしれない。結構いいことあると思うんだけどなぁ。


スッカスカのスタンプカード、もう少し赤くしてみてはどうですか?




6月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:48| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私前からずっとアシュタンガヨガってラジオ体操みたいだなって思ってました。
でも誰もそんなこと思わないでもっと真面目にやってるんだろうな〜って。
ラジオ体操も好きだったんですよねー
カラダ大きく回すのとか。
意外にピアノ伴奏が素晴らしかったして。
ハンコとラジカセの係してましたよ。
Posted by おざわ at 2017年06月20日 06:32
>おざわさん

そうでしたか。
ラジオ体操に2票ですね。他にも言わないけど思ってる人いるかもですね。
僕は、(名前は知らないけど)指先を肩に当てたり上に伸ばしたりしながら左右に移動するやつが好きでした。あー、でも思い出そうとしてけど忘れてる。

ハンコとラジカセは大人の特権だと思ってました。子どももやるんだ。いいなー。
Posted by スタジオミガク at 2017年06月20日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。