2017年09月19日

see you again

今日のレッドクラスに飛び入りで参加してくれた男性がいました。東京から旅行で来ていたみたいで、ネットで調べて来てくれました。なぜうちを選んでくれたかというと、同じ先生を師とするスタジオだから。

Nancy先生
ツトム先生
恵子先生

彼のアシュタンガヨガを見て、東京で通っているというyoga studio SWELLさん(馴染みある人もいますね)が、どんな指導をされているのかが垣間見えた気がします。
呼吸が力強く、余計な動きがなく、基本に忠実。まさにNancy先生たちが伝えているアシュタンガヨガだ。とてもとても素晴らしかったです。
クラス後に彼が話してくれたNancy先生のワークショップで言われたこと。

「アーサナはできなくてもいいから、しっかり呼吸しなさい」

彼はそれを守って練習しています。
本当に良いアシュタンガヨガを見せてもらいました。明日からの自分の練習が楽しみです。

東京で再会できるといいな。




9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:58| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに素晴らしい呼吸をされてましたね
ちょっとの時間でしたが あらためて呼吸の大切さを
教えてもらいました。

また お会い出来る日が楽しみですね
Posted by 富士 at 2017年09月20日 00:06
>富士さん

はい、素晴らしかったです。
一緒に練習できて良かったですね。いい刺激になったのでは?

彼を地下鉄駅まで送ってくれて、ありがとうございました。
富士さん、親切ですね。
Posted by スタジオミガク at 2017年09月20日 06:05
小林先生、カツオちゃんにナンシーの京都でのお話を20%くらいしか伝えられず、胸にずっとつっかえていました。もしかしたらちゃんと聴きとれていなくて間違ってるところもあるかもしれません。わたしなりの解釈が入ってしまいますが、記憶をたどって書きます。

ナンシーはいつも疑問におもったことなどがあると、グルジのもとに足を運んだり、質問をしていたそうです。インド、ハワイと離れていてもちゃんと。
「遠いし」なんて諦めず、聴くことはとても大切。現に恵子さん、ツトム先生はフォローアップのときも、ナンシーに聴いてみるね、とよくおっしゃいます。おそらくグルジの教えを正しく伝えるためでもあるかとおもいます。
聴けるひとがいる、たとえ遠くても。遠いからっておっくうしてたらあかんねんなー、とおもいました。しかもお三人はみずから年に何度か、日本中をまわってくださっていて。わたしたちはありがたくも聴くチャンスはけっこうあります。メールという手段もある。

グルジがお亡くなりになったあと、ナンシーが練習中に哀しくなったとき、グルジの足音が聞こえた気がして、いつもおっしゃっていたグルジの言葉が聞こえた気がしたとき、きっとナンシーは信頼しているグルジからのたくさんの言葉やメッセージに感謝し、幸せな気持ちでいっぱいになったのかなと解釈しました。

素晴らしい先生に出会えるということは、とても幸せなことです。きっと。

75%くらいは伝えられたかな? 以上です〜!
Posted by at 2017年09月22日 18:55
>なべちゃん

記憶を辿ってくれて、ありがとうございます。
このコメントを読んで、僕は沖縄で質問魔の本領を発揮してしまうだろうなぁと思いました。伝えてもらったことを間違えて繋げないように、しっかり学んできたいと思います。

僕らは素晴らしい先生方に出会えてラッキーでした。この出会いを無駄にしないよう、日々しっかり準備します!
Posted by スタジオミガク at 2017年09月23日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。