2017年11月16日

統一します。

スタジオミガクでのアシュタンガヨガに関して、あやふやになっているであろう部分をはっきりさせます。


・プライマリーシリーズのみ練習している人は、ドロップバックとカムアップの練習はしません。プライマリーシリーズにセカンドのアーサナを付け足している段階の人は、ドロップバックとカムアップの練習はしません。

・セカンドシリーズをすべて練習する人のみ、ドロップバックとカムアップを練習します。

・セカンドシリーズをすべて練習している人がプライマリーシリーズを練習する日は、それだけで終えます(セカンドの最初の方のアーサナはやりません。ドロップバックとカムアップもしません)。

・セカンドシリーズをすべて練習している人は、プライマリーとセカンドの練習を交互にします。

・サードシリーズの練習もする人は、プライマリーだけの日、セカンドだけの日、セカンド+サードの日に分けて練習します。

・ドロップバックとカムアップを練習している人で、一呼吸でドロップバックして、一呼吸でカムアップできる人は、ドロップオーバーの練習をしてもいいです。


以上のことに例外は設けないことにします。融通をきかせると不平不満が出ることが分かりましたので、上記のやり方にします。


アーサナのやり方等は、変化することがあります。僕の師事する先生は近くにいないので、会えたときにしか確認できないことがあります。僕自身が練習しているときに先生がいつもそばにいて、間違いを訂正してくれる環境なら、今後ほとんど変化はないかもしれない。でもそうではありません。少しの変化はありえます。

ヨガをする上で大切なことは、アーサナの出来不出来ではありません。練習する人がどのように取り組むかは人それぞれで、それを否定はしませんが、僕はアーサナができるという結果のみを見ることはしません。
いかに自分を空っぽにして(前後裁断して)、その瞬間瞬間にできることに集中し、それを受け入れるかが大切だと思います。変化があったとしても、それまでのやり方を変えて、新しいやり方でできることに集中することがヨガだと思うんです。
もちろん、そんな変化だと体を痛めてしまうじゃないか!というものを受け入れる必要はありません(そもそもそんな変化はありませんが、個人差はありますから)。試しにやってみるだけの柔らかさはあった方がいいですが、工夫しても自分に当てはめられないときは、拒否して構いません。


久しぶりに書いたブログがこんな内容ってつまらないですね。




11月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:24| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不平不満
私何か言いましたか?
今まで通りでいいですか?
アーサナできるできないはすっごい昔にこだわり捨てたつもりでした。
いつか向こうからやってくるって思ってます。
アシュタンガは毎回同じだから自分の同じじゃない感じがわかります。そこが好き。
先週火曜日は楽しかったですーありがとうございます😊
Posted by かずえ at 2017年11月18日 08:57
>かずえさん

いえいえいえいえ!何も言われてないです。
今までどおりでどうぞー!
これは不平不満が出るようなシステムでやっていた僕が悪いんです。反省して統一することにしました。

かずえさん、こだわりを捨てられましたか。それはいいなぁ。僕はいまだに捨てられずに拘ったりしてしまいます。だいぶ少なくはなってきたんですけどね。
ほんとおっしゃる通りで、毎回同じだからこそ自分の違いに気付けたりしますよね。僕もそこが好きです。ほかにもたくさん好きなところはあるんですけど。

こちらこそ、ありがとうございました。
友だちとするアシュタンガって、なんか楽しいですね。見てて羨ましくなりました。
Posted by スタジオミガク at 2017年11月18日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。