2018年01月16日

グルジ

札幌の人にも昨日届きました。

8CAC8D68-EE7E-41BE-94F3-CC15846D9DA8.jpeg

「誰これ?」

あかーん!
知っとかなあかん!
アシュタンガヨガの創始者(と呼べばいいのか…)シュリ. K. パッタビ・ジョイス氏やないの!
この前までパタビジョイス氏って書いてなかった?という細かいことは脇に置いときましょう。いろんな呼び方があるんです。

ページ数は823ページです。
置いてみました。

D410ED6F-9416-4510-B3EA-DFA0863D3572.jpeg

伝わりますか?この分厚さ。
あーもうテンション上がる。読まなければならない、ではなく読みたい本が分厚いと嬉しくなります。

表紙にもありますが、弟子たちがグルジについて語っている内容です。それはもうそうそうたる顔ぶれです。
序文をエディ・スターン(レッドクラスの動画の右側中央)とガイ・ドナヘイが書いています。この2人がこの本の英語版を作り上げました(2009年発行)。
次いで、マンジュ・ジョイス。ジョイスファミリーですね。グルジの息子さんです。
そして、デヴィッド・ウィリアムス。スタジオに貼られている全アーサナのポスターの人。
次に来ました!ナンシー・ギルゴフ!僕の師事する先生です。
全員は書けませんが、
ティム・ミラー(動画の左側奥)
チャック・ミラー(同じく右側奥)
リチャード・フリーマン(左側中央)
グルジの後継者R. シャラート・ジョイス。
札幌に一度来たことのあるグルジの娘さんサラスワティ・ランガスワミー。
世界的な先生がまだまだたーくさん。


僕はナンシー先生に会って、アシュタンガヨガをもっと好きになりました。同時にグルジのことも好きになりました。それはアーサナがどうこうという小っさい話ではないんです。前にも書きましたが、感動したんです。アシュタンガヨガが何たるか、グルジが伝えたかったものが何たるかの片鱗に触れた気がして。
この本にはいろんなグルジが書かれています。僕にとってはとても興味深く、おもしろい内容です。読みたい人は、ぜひ身銭を切ってください。


まださらっとですが、ご案内します。

4月21(土)/22(日)に、ナンシー・ギルゴフが札幌でワークショップをおこないます。
D6E15187-01F1-46D8-AB4D-860BB3A729E8.jpeg

『Weekend Workshop Saturday and Sunday - Full Primary (led), Q&A time, Loving-Kindness Meditation, breath work, theory, and some stories.』

このワークショップは2日間のご参加をお勧めしています。都合によりどちらか1日だけ、という人もいるでしょうが、ご興味ある人はなるべく2日間の都合をつけましょう!
シニアティーチャーと呼ばれる先生が日本に来ること自体ほとんどありません。ちょくちょく来ているのはデヴィッド・スウェンソンくらいだと思います(ちなみに、このデヴィッドの最初のアシュタンガヨガの先生は、デヴィッド・ウィリアムスとナンシー・ギルゴフであると本の中で語っていました)。
札幌でこの時代のアシュタンガヨガを伝える先生に会えることはほぼありません。この機会にぜひ魅了されてください。


火曜の夜は休日前夜。
また読み耽ることでしょう。



クラス休講のお知らせ

1月25日(木)
10:00〜 マイソール
12:30〜 はじめてのアシュタンガヨガ

上記クラスが休講になります。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。



1月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:42| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コバ先生の話を聞いたり、ナンシー先生のwsに出てから「アシュタンガは誰にでもできるヨガ」だと感じた筈なのですが、
「どんなヨガをやっているか」という質問をされ、それに答えると、相手から「そんなハードなヨガ、私には出来ない!」と言われてしまいます。
何と伝えたら、そうじゃないってわかってもらえるのでしょう?
結局、自分もしんどいと思ってやってるアーサナがあるから伝わらないのでしょうか。
Posted by わち at 2018年01月17日 12:59
>わちさん

いくつか思うことはあるんですけど。
まず、例えばリラックスヨガをいつもやっている人には、どうやったってしんどいと思いますよ、最初は。体力がないでしょうからね。
それでも、マイソールクラスで太陽礼拝A・Bと3フィニッシングポーズだけから少しずつ始めれば、全然ハードじゃないです。モディフィケーションだってありますしね。いきなりハーフのレッドクラスとか出たら、そりゃあねぇ。

アシュタンガヨガをハードなものにしているのは、そういったクラス選択のミスと、自分自身ではないでしょうか。何をするかではなくてどうやるか、だと思いますよ。
急がず競わず日々ちょっとずつ、それがアシュタンガヨガです。

それでも、毎日ちょっとずつなんて嫌だー、という人には分かってもらおうとしなくていいと思います。「そうだね。私も最初はハードに感じていたけど、好きで続けていたら体力ついちゃった」と言っておけばいいんじゃないでしょうか。

お互い好きなことをしましょー
Posted by スタジオミガク at 2018年01月17日 13:13
こば先生、質問が二つあります。

その本は英語ですか?日本語に訳されている本ですか?

ワークショップはどこで開催されるのでしょうか?
Posted by さいもん at 2018年01月27日 23:28
>さいもんさん

ご質問ありがとうございます。

1. この本は日本語に訳されているものです(英語版は2009年に出版されていると思います)。

2. ナンシー先生のワークショップは札幌での開催です(他府県でも開催されます)。もしご都合が合えばぜひご参加ください。
Posted by スタジオミガク at 2018年01月28日 05:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。