2018年01月28日

逆もまた真なり

アシュタンガヨガのシークエンスには繋がりがあると思います。前の方で出てくるアーサナは基本的なもので、その基本を練習することで後の方に出てくる発展系のアーサナをやりやすくする。さらにらその発展系のアーサナもまた、さらに先のより難度の高いアーサナへの土台となる。それは確かに真実だと思うんです。その理屈が(それがすべではないにせよ)、現代アシュタンガの進め方の基本なのでしょう。

でも、と思います。
基本を(どこまでを基本と呼ぶのか分からないけど)100%にしないと次に進めないのではもったいないなぁと思います。それが80%であってもです。
その理由は、基本が発展へと繋がるのと同様に、発展もまた基本へと影響を及ぼすからです。僕はインターミディエートやアドバンストAの練習をしたことで、プライマリーが大きく変わりました。アーサナがやりやすくなっただけでなく、今まで意識を向けられなかったところまで感じることができるようになりました。これこそがアシュタンガヨガなのかも、と思えるようになりました。
プライマリーがあやふやな人がアドバンストシリーズをするのは確かに無理がありますが、デイリーに練習できている人なら、どんどんインターミディエートにもチャレンジしていいと思っています。その練習は必ずプライマリーに返ってきますから。

難しいアーサナをすればヨガが深まるとは思っていません。ですが『グルジ』の中の先生が言うには「アドバンストなアーサナは自分のより深いところを刺激する」らしいです。ああ確かに。普段では出合えないような経験はあると思います。プライマリーでもインターミディエートでも出合えないことがありました。まぁでも、初めてインターミディエートをやったときも同じこと思いましたけどね。

チャレンジしたい!という人がいたら、基本が完璧じゃないから次はやらせないよ、とは言わないのがうちのスタイル(というか僕の先生がグルジから教わったやり方)です。ちゃんと続きを教えます。

ヨガとの向き合い方や楽しみ方は人それぞれ。着実に少しずつ進めたい方もいるでしょう。そんなにがんばらなくていいんだ、という人も。楽しければいいも、真剣に集中したい!も全部僕はありだと思います。それに応じた対応をします(あくまで僕のやり方。決してグルジが伝えていたやり方ではないと思います)。



全然関係ないけど、昨日の1つ目と2つ目のクラスの間で、大急ぎで駐車場の除雪をしていたら、前の通りをゆっくりと通り過ぎる車の男性が、僕の方を見て笑顔で手を振ってきました。

誰?

と一瞬分からなかったのですが、すぐに「ああ!」と気づきました。スタジオをオープンさせたばかりの頃、それだけの収入ではまったく生活できなかったので、クラスが始まる前の早朝の時間帯でバイトをしていました。手を振ってくれた男性は、その会社の専務でした。あの会社が僕を使ってくれたお陰で今もスタジオがあると言えます。とてもいい会社でした。
わずか10秒ばかりの言葉も交わさない再会でしたが、なんかすごく嬉しかったです。またがんばろうと思えました。


ああ、また長い…




1月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:08| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。