2018年05月13日

気合いは要らない

スタジオのトイレは毎日掃除します(国語塾の先生がやってくれる日もあります)。毎日するから、そこに特別な気合いは必要ありません。淡々とやるべきことをやるだけです。


年に一回外食をする人。
月に一回外食をする人。
週に一回外食をする人。
毎日外食をする人。

多分みんな外食の内容が違いますよね。年に一回とか月に一回の人は、ご褒美的にちょっとがんばった店にするかもしれない。毎日外食する人は贅沢なものを食べるより、お袋の味のようなあまり味が濃くなく、食べることに感動なんて求めない店を選ぶと思う。美味しかったね、と言えればそれでいい。

もっと日常的なことを言えば、家で毎日食べるご飯が月に一回行く外食の味と同じだったら、体を壊しますよね、多分。
月に一回しかトイレ掃除をしない人と同じ気合いで毎日のトイレ掃除をしたら、便器が傷つくか、掃除用具が壊れますよ。

毎日は無理をしない。
頻度が減るほど無理をする(がんばる)。


アシュタンガヨガも同じ。
だから毎日やりましょう、と言ってるわけではありません。そんなの言われなくても毎日やった方がいいことくらい誰だって分かります。でもいろんな事情でできないんだと思います(まぁ厳しい人はそれを「やらないだけ」というのでしょうけど)。

これは伝える側の自分への戒めです。
と同時に頻度の少ない人は、自覚して欲しい。気合い入れ過ぎてない?がんばり過ぎてない?今日できるように!って無理してない?

デイリープラクティスは、「明日があるさ〜」の精神です(…といったら怒られるかな)。今日は今日できることをするだけ。ないものを求め過ぎない。
だから、よい呼吸とともにシンプルに。



最近の毎朝の楽しみ
FAB831BE-ACED-4771-A1B1-38F1F5E9ED69.jpeg

豆を挽くときの手に伝わる感触がたまらない。




5月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:15| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。