2018年07月13日

より受動的に

横尾忠則さんと糸井さんの対談を読んで、自分の考えていたことがちょっと整理され、言葉にすることができました。

今まで、プライマリー、インターミディエイト、サードの半分まで練習したりしましたが、最近はプライマリーだけを毎日練習しています(いずれまたインターミディエイトも再開するでしょうが)。そうするようになったきっかけは、腰とか膝が調子悪くなったことが大きいのですが(今はだいぶいいです)、他にも理由があります。

毎朝マットに立つ。スリア・ナマスカーラから練習を始め、フィニッシングで練習を終える。これは自分の意思でやっていることで、とても能動的なことです。能動的にやることには欲が出るし、言葉や思考に捉われやすいと思うんです(僕だけかもしれないけど)。
すべての行為は能動的だとは思うのですが、それらは洗練されるに従って受動的である割合が高くなってくると思うんです。オートメーション化されるみたいに。行為に関する思考が減って、感じることに集中でき、アーサナをするための肉体的努力が少なくなってきて、強い意志などなくても集中が持続でき、ただその状態にある自分を眺めていられるようになる。多分、僕がアシュタンガヨガを通してやりたいことって、そういうことなんだと思います。そのためには、プライマリーとインターミディエイトの両方を練習していては、到底そこには辿り着けない気がしたんです。僕の身体では、という意味です。アーサナはその人の身体でできる形・やり方でいいということは分かっています。知足ですね。でも僕はそこへの努力を放棄しては、マットに立つモチベーションすらなくなってしまうんです。ただ、それすらもいずれはこれでいいと線を引く必要があるのでしょうけどね。

これは僕がそうしたいだけです。クラスでそうしましょうとは言いません。みなさんのモチベーションを維持できることをどうぞやってください。大切なことからは逸脱することなく。




7月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 17:19| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大切なことって何だろうって思いました。
自分で家で毎日ヨガの練習できずにいました。
それが結果として自分を責めることになりました。
だから、ヨガからちょっとだけ離れました。
そしたらまた呼ばれた感じ。
よくわからないけど、流れに任せます。
ヨガって不思議ですねー
Posted by かずえ at 2018年07月14日 21:02

>かずえさん

大切にしたいことを大切にする。
毎日練習したければやる。
したくなければやらない。
たかがヨガです。責めるようなことじゃないと思いますよ。

やりたいことやって、流れに委ねていたらそれでいいんじゃないでしょうかー
Posted by スタジオミガク at 2018年07月14日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。