2018年08月01日

8月ですね

札幌にもようやく夏が到来ですね。毎日暑い日が続いています。朝の練習では汗が滴り落ちます。長く続くといいなぁ。


先日、ある人のブログを読んで、気づいたことと、もう認めようと思ったことがありました。
僕はクラスでもこのブログでも、ヨガの哲学についてほとんど話さないし、書くこともありません。正直に言えば、ヨガ哲学について知らない人に対して分かりやすく伝えられるほど、難しいことはよく分かっていません。僕は学ぶことが嫌いな人間ではないです。むしろ興味あることはとことん勉強したいと思っています。だから、簡単に言ってしまえばヨガ哲学に関心がないんです。関心がないというより、そのディープな内容を必要としていないんだと思います。

以前、ヨガ友と話をしていたとき、

「輪廻の輪から出たい」

と言っていたのを聞いて驚きました。知らない人のために不勉強な僕の知識で解説しますと、ヨガ哲学を学び実践し、瞑想をおこなうことは、最終的にはこの輪廻の輪から抜け出るためにおこなっているのだと思います。多分。…もうちょっと必要ですね。輪廻転生とは生まれ変わりのことですが、ヨガの修行を正しく積んでいくと、生まれ変わらなくてよくなるんだと思います。違ってたらごめんなさい。正しく教えられる先生から学んでください。
で僕は、生まれ変わらなくていいということに喜びを感じない。輪廻転生があるとしたら(あってもなくてもどっちでもいい)、僕は「やったー、またやらせてもらえるの?」って感じなんです。だから、ヨガ哲学のディープな世界を必要とするほど日々の生活に困っていないです。

八支則のヤマ・ニヤマ・アーサナ・プラーナヤーマ・(プラティヤハーラ)あたりの実践・練習で十分です。その中でもスルーしてるものもあるくらいです。

たまに目にする綺麗な言葉ばかりを並べた美しい文章を読むと(ヨガ関係者が書いてる)、なんというか居心地が悪くなります。そういう自分はダメだなぁと思っていたし、そういうことを本心から言える(書ける)ようになれたらいいなぁと思っていましたが、もう認めます。

いい。
僕はそんなこと言えないし書けない。
そもそも思ってない。
『あるヨギの自叙伝』を読むくらいなら瀬戸内寂聴さんの本を読んでる方がずっと有意義。
『バガヴァッド・ギーター』読むのに時間とるくらいなら、バガボンド読む。
(…比較対象が間違えてる気もするけど)
綺麗な言葉を並べたヨガの先生のブログを読むくらいなら、糸井さんのコラムを読む。
バカみたいに前後裁断って言い続ける!

そして、アーサナ大好き!

あーあ、言っちゃった〜。
そんなやつがやっているのがスタジオミガクでございます。クラスの前に良いお話を聞きたい方、先生の言葉で涙を流したい方、心が洗われるような体験をしたい方、どうぞ他をあたってください。

良いお話は聞けませんが、クラスでいま何をすべきかの声は聞こえてきます。
涙は流れませんが、汗はダラダラ流れます。
心は…分かりません。分からないからこそ、体と呼吸を整えることに集中できるようなクラスをやりたいと思っています。


そんな感じでの8月の始まりです。
よろしくどうぞ。



8月のクラススケジュール

posted by スタジオミガク at 16:43| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。