2019年02月06日

願望は一旦脇へ

苦手なことをやっていると、よーく分かる。自分の力みが。
自分をそのもの以上に見せたいとき、見せる相手がいなくても、自分に見せようとしているとき、大いに力む。場合によってはそれで見てくれは立派になることもあるけど、それは張りぼてだよ、と自分に言いたい。アーサナをしていれば、まず呼吸が犠牲になる。
『結果にコミット』したいのでしょうけど、ヨガは『行為に専念』だと思う。自分の意識が結果や目標にばかり向かって、その行為に専念できないと、力みにも気づけない。そして結果は遠ざかる。専念すべき『行為』が何かが分からなければ、力むのもしょうがないのかもしれないけど。

力む時期はあって当然だと思うけど、いつかその心身の力みに気づけるようになりたいものです。

カポターサナ、力むんだよなぁ〜
完全に気持ちが力んどる。
分かってるのに力みよる。




2月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:43| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

力み…これは本当に難題です。
私の場合はバックベンドで力みが顕著にでます。
「(゚д゚)(。_。)ウン」と力んで反ったり(汗)
先生に指摘され、リラックスしようとしてまた力む…
股関節の痛みも力みが遠因みたいです。
(太ももの前だけで頑張るみたいな)

日本人って元来まじめだから、頑張ろう精神でヨガする人が少なくないように思います。
でも、ヨガって頑張っちゃいけないんですよね〜
頑張るんじゃなくて、集中&深い呼吸
体も心も…
分かっちゃいるけど、力む。リラックスできない。
でも、だからこそ、ヨガって奥深く面白いのかもしれませんね。
Posted by mayumi at 2019年02月08日 04:27
>mayumiさん
おはようございます。
…って、はやーっ!

mayumiさんもバックベンドで力みますか。なんでしょうね、これ。他の系統のアーサナより力む人が多いように感じます。反りたいんでしょうか。それとも苦手な人が多いから、力んでがんばる人が目につくのかな。

mayumiさんのおっしゃるようにできると、あらっ?と思うほど楽に反れることがあります。が、楽に反れるとさらに深くしようとして、結局力む…そんなことを繰り返してます。欲張りなんでしょうね。さんとーしゃ〜

ヨガって、がんばっていいと思ってます。サマディを目指すような修行者は、いずれそれも手放さないとそこには至らないのでしょうけど、一般の人はそのレベルにはないですし。
それに、好きなことはがんばりたくないですか?がんばることは楽しいです(僕は)。がんばるなって言われたら、つまんねーってなっちゃう。でも、生真面目さが出すぎると、力むし痛めるし、あんまりいいことないですよね。なので、自分にとっての良い塩梅を見つけることこそが、日常にも生きてくる on the mat でのヨガの取り組み方なんじゃないかな、なんて思って練習してます。


今日の札幌は最強寒波襲来してるらしく、今朝の除雪では手袋してても、指が死にました(*_*)
Posted by スタジオミガク at 2019年02月08日 07:46
Me too. Me too!
Posted by ナベちゃん at 2019年02月09日 13:08
>ナベちゃん

You too?
Focus on your Force!

目指せ、ジェダイマスター!
Posted by スタジオミガク at 2019年02月09日 13:24
オモロい返しが思いつかない!!

でも あーりがーとさーん!



Posted by ナベちゃん at 2019年02月09日 18:44
>ナベちゃん

うん、僕も分からんわ。
いきなりジェダイマスターて。
どゆことやねん。

お互い元気にヨガしましょー、ってことで。
Posted by スタジオミガク at 2019年02月09日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。