2019年07月13日

うましっ!

カワバタちゃんの大阪土産『呼吸チョコ』。どういう意味やねん、って不思議がってたらヤマグチさんが調べてくれました。

2C1378CF-5415-465A-9108-42349E9E14A6.jpeg


呼吸チョコとは?

呼吸チョコとは、大阪府大阪市に本社がある「株式会社マルシゲ」が製造・販売している地域限定のチョコレートです。平成18年に呼吸チョコが登場してからというもの徐々に話題が広まり、現在では大阪みやげのお決まりとなっているそう。

「呼吸チョコ 北新地」が一番人気で、「第23回全国菓子大博覧会栄誉金賞」、「第25回全国菓子大博覧会名誉総裁賞」を受賞している、味にも定評があるチョコレート菓子なんです。

ショコラティエがひと粒ひと粒手作りしているので、粒が不揃いなのもチャームポイントです。発売当初は、大阪の歓楽街・北新地で食べられるチョコレートとして特別感を出すために、販売のターゲットを北新地のナイトクラブにしぼっていたそうです。


なぜ呼吸?

「呼吸チョコ」とちょっと変わった名前ですが、チョコが呼吸しているわけではなく、ちゃんとした理由があります。「息づくほど新鮮なうちにお召し上がりいただきたい!」というメーカーの気持ちが込められたネーミングなのです。

職人がひとつずつ手作業で作っているという製法からも、鮮度と品質にこだわっていることが感じられます。ちなみに、巷でまことしやかにいわれている「高級チョコ」をもじったネーミングではないか、というウワサは間違いです。


ありつけた人、ラッキーですね。
ありがとう!カワバタちゃん&ヤマグチさん!




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 15:46| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。