2019年09月08日

武田邦彦教授

1B9B1F95-0676-4E1A-B34F-BC008027105D.jpeg

武田邦彦教授をご存知でしょうか。僕が知っている限りでは『ホンマでっか!?TV』に出演されています。
ウィキペディアによると、「日本の工学者、中部大学総合工学研究所特任教授」とのことです。

僕はこの先生の考え方とか、仰っていることが好きなんです。なので、たまに武田先生のYouTubeのチャンネルを拝見しています。

先日見た動画で武田先生はこのようなお話をされていました。


「大抵の人は目標が前にある。どういうことかと言うと、大学受験の例で言えば、目標の大学を決め、それに向かって勉強する。

僕は目標が後ろにある。
どこの大学を受験するか決めない。ただ目の前の勉強を一所懸命やる。そして、受験大学を決めなきゃいけないタイミングが来たら、その時の学力に見合った大学を受験する。

ご飯を食べに行くことで言うと。
美味しいお店を探してから行くのではなく、とりあえずお店に行って食事をする。食べてみて美味しかったら、この店に来て良かったな、という感じ。

僕はいつからこういうやり方をしてきたのか覚えていないんですが、なぜこういうやり方をするかと言うと、自分の能力は決まっていて、自分にできることは一所懸命やること。毎日一所懸命やっていれば、その結果としてある目標が達成される。

僕みたいなやり方だと、ファイトが湧かないという人もいます。それは人によって違うでしょう。僕は目の前のことが面白かったらいいんです」


年の初めにその年の目標を立てる人はいますよね。目標達成に意欲的な人は、目標までの道のりを分析・分解して、逆算していつまでにこれを達成させる、みたいな小目標まで設定する人もいます。

武田先生みたいなやり方を、行き当たりばったりという人もいるかもしれないですが、僕はこういうやり方が好きです。ヨガを始めるまでは目標を決めてそれに向かってがんばるやり方をしていたと思います。ヨガを始めて、ヨガを学んでから、自然と武田先生のいうやり方に変わっていきました(いや、すべてではないです。ご飯屋は調べたりします)。少なくとも日々のアシュタンガヨガの練習では目標達成なんて考えていません。テーマくらいはあることもありますが。
以前ぼくは、「アシュタンガの練習なんてラジオ体操みたいなもんだ」と言ったことがありますが、その意味はこんなところです。

もちろん人によって違っていていいと思います。ただ僕はこういうやり方が幸せなだけです。



9月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:19| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!

目標を定めて、それに向かって頑張るのもいいけれど、日本人は真面目で一生懸命に取り組むので、その結果を週単位、月単位で求める人が少なくないような気がします。
こんなに頑張っているのに!と失望して練習を止めてしまう人もいます。

先生はラジオ体操とおっしゃっていますが、師匠は朝の歯磨きだと口癖のように言っています。
先日、シャワー中に手を切ってしまって、血がぽたぽたと流れました。シャワーが終わってから、バンドエイドをしようと指を見たらなんとすっかり治っていました。
師匠に聞いたら、縫うようなケガでないかぎりはすぐに治るよと(驚!)
先生はご存知だと思いますが、アシュタンガヨガを始めた頃、先輩にまずは1000日練習と言われました。日本流に言えば石の上にも三年でしょうか。
実際に1000日過ぎてから、いろいろ変わってきました。
焦ることはない、できることからコツコツとと毎日淡々と練習しています。
「結果は後から必ずついてくる…」ただし年単位で(笑)
京都は蒸し暑く、皆、汗だくで練習しています。
北海道はもう秋ですか?

Posted by mayumi at 2019年09月10日 04:31
>mayumiさん

おはようございます!

仕事となれば目標を定めるのは普通のことなのかもしれませんが、その他のこと、特にヨガみたいなものには目標はなくてもいいんじゃないかなぁと思ってしまいます。マットに立つためのモチベーションとなるような願望くらいはあっていいようにも思いますけど。
目標達成がモチベーションだと、mayumiさんの仰るように、達成が叶わないときの失望感は大きくなりますよね。ただやって、できたことを喜べたらいいんですけど。

mayumiさんの治癒能力、何すかそれ。笑 すぐに治るにしても早すぎでしょ〜。ウルヴァリン並みじゃないですか(分かりますかね)!

1000日練習ってまたそれ高野山な響きですね。修行僧みたいでかっこいい…
「できることからコツコツと毎日淡々と」これですね。これしかない。
結果は後からついてくる。ただし世紀単位も有りうる。。。

京都の練習はすごい発汗量でしょう。いいなぁ。札幌はこの数日は真夏並みですが、もう秋の風が吹いています。秋、短いんだよなぁ…
Posted by スタジオミガク at 2019年09月10日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。