2019年12月23日

苦手万歳

今日のマイソールの時にも話していたんですけど、今まで何回やったん?ってくらいやり続けてきたアーサナでも、今だに新しい発見があるんです。

特にアシュタンガヨガをやっている人はこういうことを経験していると思うんです。何度も同じことを繰り返すから。

ピークポーズに向けてちょっとずつ体を調整し、開き、伸ばし、意識づけをし、そうやって生まれる「できた!」も楽しいんだけど、アシュタンガヨガで訪れるこのとても小さな気づきというか発見の瞬間が、僕をニヤッとさせてくれる。嬉しいんだなぁ、これが。

これかぁ
こういうことかぁ
イメージに近いぞ

こういう喜びは、主に苦手なことやできないことで得られることが多いと思うんです。苦手だから試行錯誤するし、できないから何度でも挑みたくなる。
僕にとってはバックバンド系がそれに当たります。やっとこの1年くらいで掴めてきた気がしてます。今朝もウルドヴァ・ダヌラーサナのときに、いいイメージに合った体の使い方を見つけました。明日もできるとは限りませんが、やれるような気がしてます。

伝えられることは伝えますが、結局は自分で見つけて体得するしかありません。
がんばって。



札幌のヨガスタジオミガク 12月スケジュール
posted by スタジオミガク at 23:10| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。