2019年08月21日

Do your practice.

ヴィンヤサやアーサナのやり方は現代のものへと微妙に変わっても、アシュタンガヨガに取り組む僕の態度や意識は、ナンシー先生や恵子先生が伝えてくれたものから変わっていない。

ヨガには発表会や競技会のようなものはない。スポーツのようにそれに向けてがんばることもない。アシュタンガヨガでは、「ヨガをする」とは言わず、当たり前のように「練習をする」という。でも、どれだけ練習しても、それはいつかの本番のための練習にはならない。その時の練習そのものがすべてだから。
だからきっとワークショップに参加するのは楽しいんだと思う。いつもと違う環境で、いつもは会わない人たちと、いつもと同じ練習をする。それはアシュタンガヨガをする人たちにとって、ささやかな楽しみなのだと思う。

有名な先生や話題の先生のするワークショップに参加したくなることありますよね。そういう場に行って、また、全国・世界のどこかのスタジオに行ったとき、ヴィンヤサなどで困らないようにと思って、スタジオミガクのアシュタンガヨガは現代のものへと変えました。正直に言えば、ヴィンヤサをどうするか(吸って頭を起こし、吐くときは動かない、など)は、僕にとってはどうでもいい。自分はこうしたい、とかない。そこで頑なになりたくない。「こうだよ」と言われれば、ただ「はい」と従うし、「こう変わったよ」と言われても、ただ「はい」と従う。自分にとって大事なのはそこじゃない。

なぜだろう。ナンシー先生や恵子先生から直接教わったからだろうか。それとも、教わったことを実践し続けたからだろうか。いわゆるオールドシャラでグルジが生徒に教えていたスタイルと現代のスタイルとでは、根本的なところが微妙に違うと感じるのです。どちらにも好きな部分とそうじゃない部分があるのだけど、根本的なところでオールドスタイルが好きなのだ。だからどうでもいい部分はなんぼでも現代のものに変えられるんだけど、取り組む意識はオールドスタイルから変えられない。

違いをうまく伝えられたらいいんだけど、違いを教えてもらって好みだからやる、というものではなくて、まずは自分でやってみてその違いを自分で体感するしかない。もちろん、正しく伝えてくれるところで、ある一定期間は続けた方がいいと思いますけど。

どちらにも良さがあるし、好みもあると思う。だから好きな方をやればいいんじゃないでしょうか。自分がなぜアシュタンガヨガをするのか。どうしていきたいのか。そういう自分の考えと合った取り組み方をしているスタイル・先生を探せばいいと思う。

僕の感覚では、ナンシー先生や恵子先生の伝えるアシュタンガヨガは「優しい」です。「易しい」ではありません。セカンドに至ってはむしろ現行スタイルよりめちゃキツい!取り組み方に現れる考え方が優しいです。年取っても続けられそうだなと思います。僕の主観ですけど。全然伝わらないですね。すみません。


いずれにせよ、押し付けられてするより、自分でやりたいと思うことをやりましょーってことです。





8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:05| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

レッドクラスについて

LINEの使い方を間違えているコバヤシです。
普通に文章を送ります。
普通に句読点つけます。
スタンプ使いません。
それメールやん、って言われます。


さて、レッドクラスについてお知らせです。
マイソールでフルプライマリーの練習をしている方には特に変更はありません。まだフルで練習していない方は、レッドクラスに参加したとき、マイソールで練習しているところまでみんなと一緒に練習し、それ以降は各自でフィニッシングに入るか、みんながフィニッシングに入るまで見学し、それから一緒にフィニッシングに入ってください。
また、用事があって早く帰らなければならない場合も同様にしましょう。


それではご機嫌よ〜




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 14:28| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

どっち

任天堂の前社長である岩田聡さん(4年くらい前に亡くなられましたけど)の本を読んでいたら、面接についてこんな風に言っていました。


わたしの経験からいうと、面接官には2通りのタイプがあるんです。相手をほぐしてからその人の本性を引き出して、その上で選びたいと思っている人と、「ほぐれていないから話せない」というのもその人の社交性だったり、力だったりするから、そのまま評価してしまう人と。


これって、まんまアシュタンガヨガのやり方のことだな、と思いました(もちろん採用・不採用を決める面接とヨガは根本的に違いますけど)。アシュタンガヨガはこの面接官でいうと後者ですよね。やる前にストレッチとか準備運動しないのが原則です。そのときの、その人のまんまでできることでいい、というスタンスだと思います。
でも多分ストレッチとかやってる人もいますよね。ほぐしてからやった方が無理がないし、自分の力を発揮できる、と。

僕は原則を守っていますが、どっちでもいいんじゃないかなと思っています。そのまんまでも、ほぐした後の自分も、どっちも自分だと思いますから。

ただ、いつもほぐしている人は、何らかの理由でそれができなかったとき、いつもよりできない自分を「これは本来の自分の力ではない」とは思わない方がいいと思います。そう考えるといつでも同じ条件でいられるのは後者でしょうか。

ちなみに、岩田さんは前者タイプの面接官だそうです。


今日、アシュタンガヨガ名古屋の恭平先生のワークショップに参加してきました。毎年マイソールに通われている先生から正しいヴィンヤサを学びました。微妙に変えるべきところがありますので、明日以降のクラスで伝えていきます。覚えてくださいね。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 20:37| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

古臭…

レトロやわ〜
改めてこのレトロ感が好きだと思いました。

EA9E7BBE-3B99-46BA-ADF6-9CF984A95A4D.jpeg

4B8BF7A1-0152-4F69-AFDD-95C39F56B778.jpeg

1EC75431-E029-44B8-ADB2-10284EC55F55.jpeg


庭が凄いことに…
A3310D95-ABD3-413B-A8CF-2DEA08CEF865.jpeg





8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:19| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

ただ出すだけ

僕はヨガ人の書くブログをほとんど読みません(というかブログを読まない)。知らないだけで、良いブログもたくさんあるのでしょうけど、何となくパリコレを見てるような感じになるというか。なんか自分にとっては遠いというか、現実味が薄いというか、そんな感じです。あくまで僕にとっては、です。

僕にはヨガとは違う分野の人のコラムなどを読む方がためになるし、おもしろく感じる。つい先日、小論文の書き方などを指導されている山田ズーニー先生のコラムを読んでいて、ハッとさせられました。
明らかに文章の書き方のことが書かれているんだけど、完全にそのままヨガをすることに当てはまっていたんです。パリコレみたいな(しつこいですが、僕には、です)ことを書かれていても全然入ってこないんですけど、身近なことが題材になっていると、スッと入ってくる。

そのコラムを読んで、整えヨガであることをやろうと決めました。勉強と練習は必要ですが、ちょっとずつ磨いていこうと思います。
アシュタンガヨガには取り入れづらいので、やりません。多分。


「ただ出すだけ」これがズーニー先生から教わったことです。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 19:20| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

憧れであり目標でもある

YouTubeでマイソールクラスの動画を観るのが好きです。特に外国のやつ。もう一つ言うと、年配の先生のやつ。

外国のマイソールクラスには、いろんな人がいる。3rdや4thを練習しているような強者もいれば、プライマリーを大汗かきながら頑張ってる小太りのおじさんやおばさんもいる。日本のマイソールクラスで見る風景とはちょっと違うんですよね。国民性でしょうか。

年配の先生は、なんだか落ち着きがあって穏やかな感じなんです(ある超有名な先生を思い浮かべて書いてます)。若さ故の軽さや、自己顕示欲のようなものが感じられない。何度見てもいいなぁ、って憧れるんです。

うちのマイソールクラスは、細々と、ほんっとに細々と続けているんですけど、自分もいつかああいう雰囲気のクラスができるようになりたいと思っています。

多分ですけど、(その年配の先生は)人間的に素晴らしい人なんだろうなぁって思うんです。醸し出されてるものが全然違う。憧れるなんて僕が言うのもおこがましいくらい。でも、目標としてはこれ以上ないです。

いろんなヨガがあり、これから先もいろんなヨガが生み出されるのでしょう。先のことは分からないけれど、多分だけど、そのたくさんある中からぼくが選び実践していくのは、アシュタンガヨガになるような気がしています。


ヨガ初心者は、アシュタンガヨガを知らないかもしれないし、知っていても敷居が高いと感じているのかもしれない。どうか恐れずにやってみて欲しい。マイソールクラスから少しずつ始めるのがいいですよ。

スタジオミガクで教えるアシュタンガヨガは、他のヨガとのミックスアシュタンガではありません。アイアンガーアシュタンガでもなければ、全米ヨガアライアンス的アシュタンガでもありません。シンプルな伝統的アシュタンガヨガです。


札幌にもっとアシュタンガヨガを実践する人が増えたらいいなぁ。




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 21:17| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

できるできないの前に

ヨガでは心と体は繋がっている、なんて言うわけですけども、もしそれを信じられるなら、そしてそういうものとして実践できるなら、ヨガは素晴らしいツールだと実感できるでしょう。

日常から生じるイライラや悲しみなどがあるとして、心が受け止めるストレスは体にも何かしらの影響を与えるでしょう。

また反対に、物理的に体に加わるストレス(仕事上の繰り返される同じ動作や、負荷、姿勢による)は、心にも影響を与えると思います。

すべては受け止め方次第だよね。

なんて根本的なことを言われてしまえば、それは確かに真実なのかもしれないけど、誰でも何でもかんでも根本からどうにかできるわけではないですよね。分かっていてもイライラするし、悲しくもなる。それが心身ともに蓄積される前に解消できた方が断然いい。

みんなそれぞれのストレス解消法があるのかもしれない。僕だったら、サイクリングするとか登山する(最近全然してないけど)とか。人によってはお酒とか食事とかカラオケとか。でもこのどれも、気持ちのストレスは解消できても、身体的ストレスはまったく解消できていなかったり、または特定の場所に負荷をかけただけだったりします。

その点ヨガはいいです。こわばりや滞りを解消できるし、ヨガの種類によっては強化することもできる。心地よくもできるし、頭を切り替えてもくれます。挙げだしたら長くなるのでやめますが、ヨガ自体がストレスになる人以外はみんなにお勧めしたい。

週に一度ヨガできればいい。そんな人も多いですけど、上記の理由からも多くやるに越したことはないと思います。ポーズができるからいいとか、できなくなるからどうとか、そんなことじゃなく、です。

あなたのストレスが解消されれば、パートナーや子供たち、隣のデスクの誰かさんや、上司・部下、義理のなんちゃらにも優しくできるかもしれない。ピースフルやんかー。

こんな駄文ブログを読んでるくらいなら、太陽礼拝を5回やった方がずーっといいです!
さあ、さぁ、今すぐマットに立って!

サマスティティヒ




8月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:21| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

クレンジング

A2051982-8855-4144-B5EF-4B2F94AB383E.jpeg

気持ちよい呼吸と大量の汗とともにヨガをし、しっかり休む時間を取れた日の練習後は、他では得られない状態になれる。
体は調子いいし、汗とともに良くない感情も洗い流されたような感じ。

この暑さ、いつまで続いてくれるのか。
日常ではつらい暑さも、ヨガのときはいい助けになってくれます。

今がその時ですよー!




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 09:20| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

まだやれる

1ヶ月くらい前に、スタジオ内の観葉植物の土を入れ替えた。何年も替えていなかったので、鉢から引っ張り出したときには根っこが所狭しと広がって、古い土をガッシリと強く抱きかかえていた。揺さぶったり叩いたりしてみたものの、根っこに包まれた土はポロポロとしか落ちて来ず、どうしたものかと頭を悩ませた。優しくやってダメならと、少々手荒く揉み解し、土に絡まった細い根っこを引きちぎるように叩き落とした。
大きな根っこが残るようなシンプルな状態になったところで、鉢に戻し、新しい土で根を包み鉢を満たし、仕上げにたっぷりの水を注ぐ。古い土のときは上から水を注ぐとすぐに下から出てくるような状態だったけど、新しい土はめちゃめちゃ水を含んでくれる。

なんか良いことをしたぞ。
気分いい。

…が、その数日後からそれは始まった。
葉っぱがどんどん枯れていくのだ。7〜8割の葉っぱが枯れて落ちた。何が悪かったんだ??前回土を替えたときにはこんなことは起こらなかった。
土を替える直前に出始めた新しい赤ちゃん葉っぱが落ちてないから大丈夫!と思っていたら、それも落ちた。それを見たとき、ああ、もうダメなのかもと諦めかけた。

F9AF0959-DDEA-4636-A358-6FB451E1BA74.jpeg

144370CB-A5C0-4A9A-982D-B0500BA02C6B.jpeg

まだ死んでなかった。今朝、薄い緑の小さいやつが出てきていることに気づいた。嬉しい!よくよく見ると、土の表面の見えるところに、白く細い根っこが広がり始めてる。

そうやんなー。
表に見えている部分は、見えていないところでのがんばりの結果やもんね。

がんばれ、根っこ!
強く、広く成長せぇ!




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:19| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

外ヨガ

インスタで、お題(1枚の写真やイラスト、漫画の吹き出し)に対してボケるのがあるんですが、天才かよっ!って言いたくなるほどオモロいです。暇なとき見てみてください。地下鉄とか公共の場で見ることはお勧めできません。


外ヨガのお知らせ

『2019夏!スペシャルコラボレッスン in モエレ』

日時 : 8月7日(水) 9:30〜10:30
会場 : モエレ沼公園 野外ステージ
参加費 : 2,000円

今回は、たえこ先生のぞみ先生、僕のリレーレッスンです。どんなことになるのやら??
ご興味ある方はお気軽にご参加くださいませ〜。





7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 17:48| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

抜く抜け抜こう

相変わらずカポターサナで踵を掴むのがしんどい。今日は体がかたいぞ、と感じるときはまぁ掴めない。途中で心が折れる。ダイレクトに踵を掴むなんてまだイメージすら湧かない。

今日も両手を一旦マットに下ろしてから、両手でグーンと押してお腹を伸ばし、踵へと歩かせる作戦。
痛めやすい所を守るためにここはこうして、あそこはああして、そこはそうして。ああしよう、こうしよう…って、

考え過ぎなんじゃーーーっ!!!

もうやめじゃ。
考えんでも練習の日々を経た体はちゃんとやってくれる。感じよう。

すると、まだお腹に力みがあるのが分かる。
抜こう。とにかく抜いて柔らかくなろう。
抜けたら、この前感じたお腹ビヨーンがやってきた。結果、今までにないくらい余裕をもって踵をガッシリと掴めた。…呼吸は浅いんですけど。


なんでこんなしんどいことやってるんやろ。
おもろいからまぁええか。




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 08:58| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

無意識へと

金曜日の朝クラスでマットを隣り合わせに敷いた3人が、札幌ではない地方(しかもかなりの地方。失敬)の高校繋がりだったことが発覚。こんなこともあるんですね、な驚きでした。


僕の日々の練習は、新たなアーサナを獲得するためのものでは、もはやありません。そこを目指すことからは、ドロップアウトしました。アシュタンギとして落ちこぼれ感がなくはないですが、自分がやりたいことがはっきりしてきたので、まぁいいかなと。

今はプライマリーとセカンドの練習をしていますが、プライマリーだけをあと10年ぐらい毎日続けたら、僕がやれるようになりたいことに近づくのかなぁと思っています。10年というのは適当だけど、もっと短いかもしれないし、もっと長いかもしれない。

それができるようになったら、何になるの?と聞かれても答えられません。何かのためにやるわけではないです。何かになるかもしれないし、何にもならないかもしれない。どっちでもいいです。ただやりたいだけです。ヨガのゴールが何かはよく分からないけど、そこは多分目指していません。なんならヤマ・二ヤマすらできてないし、全部をちゃんとやろうとする気すらない(威張るな)。

人に優しく。
ヨガとともに、心身ともに健やかに。

それでいいよ。
僕は自分が優しい奴じゃないことを知っているので、そうあれたらいいなぁと思うし、だからこそ日々精進しようと努めています。
何が言いたいのかよく分かりませんが、こんなプラクティスの日々は、正しいアシュタンギの道ではないかもしれないけど、悪くはないと思ってます。


親に似てくせ毛
FBA0BE74-23CC-4CD3-9F27-4416C485625A.jpeg




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:33| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

壊されたのか壊したのか

昨日、10時間くらい運転をしたこともあり、今朝のプラクティスはどんな感じなんやろう?と興味津々でやってみたのですが、なんてことなく普通でした。

そんなわけで普通の練習をしていたのですが、たまにはアーサナにこだわってみようと思い立ち、カポターサナを2回(こだわった割に2回だけ)やってみました。

そしたら、2回目に粘ってみたところ、今まで体感したことのないお腹の伸びを感じることができたんです。もうビヨーンって感じ。Bからの起き上がりも、らっく楽♪

体の使い方を変えたとか、特別なことは何もしていません。やったことと言えば、というか、やろうとしたわけではなくて、なんかそうなれたというか。とにかく何が違ったかと言えば、自分の思い込みが少し壊された、いや、壊そうとしたような気もする。そこら辺は微妙なところです。いずれにせよ、この経験自体が思い込みを壊してくれました。


自分を制限しているものって一体何なんでしょうね。



昨日はこれを見に。
0F5184BA-7F51-4A16-A94B-EC966D122C16.jpeg

何じゃこれ?ですよね。


それより良かったのは、オガワさんに教えてもらったナイタイ高原牧場。…と、そのトイレ。
B1B44DF9-1CD0-4667-BC18-807D3469FCB7.jpeg

便器の向こうは180度広がる牧場です。
ガスがすごいですけど。
JRタワー展望台のトイレみたい。




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 08:45| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

後で気づく

今日、サツドラからチャリで出たら、同じように出てきた外国産高級車があった。右に向かったその先は100mも行かずに信号がある。 見えてる信号は赤で、信号待ちの車もたくさん。


ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーン


以前の僕はこういうドライバーを見かけると、「どうせすぐ止まるのに、なんでそんなスピード上げなあかんねん。無駄やん。」と残念な人を見るような目で見ていました。
でも最近は思うようになりました。そんだけいい車に乗ってたら、ちょっとのとこでも性能を感じてみたくなるよな、と。無駄かもしれんけど、きっと楽しいんでしょう。がんばって仕事して、しっかり稼いで買ったんでしょう。そりゃあ嬉しいわ。気分もいいわ。そのクラスの車に見合う男になったら、きっとこんな運転もしなくなるでしょう。それまで事故らないように気をつけて。


こういう風に思うようになったのは、自分もそうだったことに気づいたから。もちろん車の話ではありません。そういうヨガをしていた、ということです(今もしてしまう)。きっと車やヨガに限らず、誰だって何かで同じようなことをしていると思います。自分もまだその過程にいることを知っています。だから分かる気がします。その時々の楽しさを。楽しんで、時々痛い思いをして、分かったと思ったら全然分かってなくて、そんな三歩進んで二歩下がる的なことを繰り返しながら、ちょっとずつ熟していくんじゃないかなぁと、あのおじさんドライバーを見て思ったのでした。

大きな事故に遭いませんように。




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:37| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うましっ!

カワバタちゃんの大阪土産『呼吸チョコ』。どういう意味やねん、って不思議がってたらヤマグチさんが調べてくれました。

2C1378CF-5415-465A-9108-42349E9E14A6.jpeg


呼吸チョコとは?

呼吸チョコとは、大阪府大阪市に本社がある「株式会社マルシゲ」が製造・販売している地域限定のチョコレートです。平成18年に呼吸チョコが登場してからというもの徐々に話題が広まり、現在では大阪みやげのお決まりとなっているそう。

「呼吸チョコ 北新地」が一番人気で、「第23回全国菓子大博覧会栄誉金賞」、「第25回全国菓子大博覧会名誉総裁賞」を受賞している、味にも定評があるチョコレート菓子なんです。

ショコラティエがひと粒ひと粒手作りしているので、粒が不揃いなのもチャームポイントです。発売当初は、大阪の歓楽街・北新地で食べられるチョコレートとして特別感を出すために、販売のターゲットを北新地のナイトクラブにしぼっていたそうです。


なぜ呼吸?

「呼吸チョコ」とちょっと変わった名前ですが、チョコが呼吸しているわけではなく、ちゃんとした理由があります。「息づくほど新鮮なうちにお召し上がりいただきたい!」というメーカーの気持ちが込められたネーミングなのです。

職人がひとつずつ手作業で作っているという製法からも、鮮度と品質にこだわっていることが感じられます。ちなみに、巷でまことしやかにいわれている「高級チョコ」をもじったネーミングではないか、というウワサは間違いです。


ありつけた人、ラッキーですね。
ありがとう!カワバタちゃん&ヤマグチさん!




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 15:46| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

dream & fresh lettuce

女優の有村架純さんと姉の有村藍里さん、あとその彼氏たちのGENERATIONS from EXILE TRIBE(ネットで調べた)の誰かとで遊んでいたら、向こうからさえちゃんがやってきました。どんどん近づいてきたので「今えぐざいると遊んでるよ」と伝えたところで目が覚めました。

僕の顔のすぐ横にはさえがいて、

レタスくれ
レタスくれ
レタスくれ
レタスくれ
レタスくれ

と、アピールが凄くて寝てられないので、起きてレタスをあげたところです。4時前に起こしにくるのはやめて欲しいです。

でも、早朝は気持ちいい。
みなさん、今日も良い1日を。


ピント合ってなくてもかわいいぞ
B42418E2-EA16-4F8F-A4B5-CA7D96D11D53.jpeg




7月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 04:25| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

ヨガ道

鈴木大拙という方をご存知でしょうか。ウィキペディアによると、『禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者(文学博士)である。』とのことです。以前読んでいた本に何度か名前が出てきたので、名前だけは知っていました。

いつだかのマイソールクラスが始まる前に、ある本の話をしたのですが、その本の中で鈴木大拙さんが以下のように書いています。


『弓道の稽古において、そして日本において、あるいは恐らく他の極東の諸国において学ばれているあらゆる道の稽古において、我々が気づく最も重大な特色の一つは、それらが実用的な目的だけや純粋にアスレティックな楽しみのために行われているのではなく、心の修練を意味し、実際に心を究極のリアリティに接触するようにもたらすことを意味するのである。それ故、弓道は単に的に中てるためだけに稽古されるのではない。剣士は、敵に打ち勝つためだけに剣を稽古するのではなく、舞い手はあるリズミカルな身体の動きを演じるためだけに舞うのではない。心はまず第一に無意識的なものに合わせなければならない。
もし人が本当にある道をマスターしようと願うなら、その技術的な知識だけでは十分ではない。人は技術を超えなければならず、その結果(術を行う)道は、無意識に至って「術なき術」になるようになるのである。』


日本で流行っているヨガは、とにかく技術がもてはやされているように感じます。何かのアーサナができるようになるための技術です。アーサナをやる以上、ある程度は必要でしょうが、ちょっとそこばかりになりすぎじゃない?と思います。
かといって知識ばかりをありがたがるのも違うと僕は思います。いい話を求め歩いて、「今日もいい話を聞いた」と感動していても何も変わりません。アーサナの技術と同じで、ある程度の知識は必要だと思うけれど、頭でっかちになるのも僕は嫌です。

技術や知識を楽しむ時期もあっていいと思います。それだけで終わる人もいるでしょう。
でもいつか鈴木大拙さんの言うような、実用的な目的やアスレティックな楽しみのためだけに行われるヨガから離れた練習ができたら、それは結果的には自分のためになるのではないかなぁと考える今日この頃です。

まずできることは何だろう。




6月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 23:39| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

帰るのダルい

今朝、洗濯をして知りました。前回の洗濯で洗剤だと思って投入したものは柔軟剤であったと!

匂い付きの水でかき混ぜただけ!


天気も良いことですし、前回の洗濯のことは忘れて、江別の蔦屋書店までサイクリングで行こうと意気揚々と出かけました。
途中で後輪が何かにゴンと乗り上げ、嫌な予感が…

人生二度目のパンクが酪農学園大前!

もはや引き返せる距離でもないので、江別の自転車屋まで1時間押して歩きました。で、現在修理終わりを待ってます。自分でやれば10分なのに90分待ち…

あと10分歩けば蔦屋書店に着くけど、もうなんかいいや、って気分で近くにあったコメダ珈琲店に入りました。

アイスコーヒーうめぇ〜♪
EDE08FE6-E503-484F-AC75-227137A60E38.jpeg


みなさん、良い一日を。




6月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 11:40| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

今月の夜クラス

金曜日の夜は今月から整えヨガをおこなっています。スタジオミガクの中ではこのクラスが初心者向けクラスに位置づけされているのですが、あまり楽チンなクラスとは言えません。
が、この金曜日の夜の整えヨガだけは、他のクラスと比べると若干おとなしめの内容になっています。一週間の心身の疲れを癒し、整えたい方は、夜の整えヨガへどうぞ。


これまた今月から久しぶりに復活した木曜日、夜のフローヨガ。アシュタンガヨガと同じように運動量多めのクラスです。
アシュタンガヨガを本格的に始めるまでは、コバ=フローヨガ、くらいの僕の代名詞的なクラスでした。大好物です。
フローヨガでは唯一僕の態度が違います。アシュタンガヨガでは「もっと!」という言葉はあまり言いませんが、このフローヨガではSっ気が強めなので、「もっと上げて!」とか言われます。
また、フローヨガではチャレンジポーズに向けて準備をしていきます。レイヤリングとでも言いましょうか。一層、二層、三層、四層…と重ねていって、最終的にチャレンジポーズへと繋げていきます。なので、そのチャレンジポーズが苦手な人は、そこまでの過程でどこの層ができていなかったのかに気づけるかもしれません。アシュタンギにもおススメなクラスです。基本楽しくです。


早く夏が来ないかなぁ。
ヨガで大汗かける時期が待ち遠しいです。

夜のクラスでもお待ちしておりまーす。




6月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 22:42| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

時分の花とまことの花

僕の中学・高校時代は、ドンピシャのユニコーン世代で、毎日ユニコーンを聴いていました。当時の奥田民生の髪型に憧れたし(坊主中学なんですけど)、周りはユニコーンのコピーバンドだらけ。休み時間は図書室に行って、コソッと(教材用のビデオを再生するための)ビデオデッキでユニコーンのライブビデオを観ていたものです。

YouTubeって便利なものですね。ユニコーンのことはすっかり忘れていたのに、何故だか急におススメ動画に出てきたんです。そらぁ、明日が休みやったらこんな時間まで観続けてまうわ。若い頃の僕ら世代が憧れた、最高にカッコいいユニコーンから、再結成したおっさんユニコーンまで。


若いときの良さがあれば、年を取ってからの良さもあると思います。ただ、その時その時でできることをしっかりやっておかないと、年を取ったときに何もない薄っぺらなおっさんになってるような気がする(もう充分おっさんなんだけど)。若さ故にできていることに憧れて無理をしたり、「もう年だから」という言い訳をして諦めるような態度をとってみたり。そんな生き方はつまらん。ただその時にできることをちゃんとやろうと思う。

ユニコーンのメンバーみたいなおもしろそうなオッサンになりたいなぁ。





6月のクラススケジュール
posted by スタジオミガク at 02:42| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする