2018年02月25日

休講のお知らせを

諸事情により明日の午後からクラスをお休みさせていただきます。
木曜日の夜マイソールからクラスを再開いたします。

ご迷惑をお掛けしてごめんなさい。
よろしくお願いします。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:51| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

花粉症

みたいなものだと思う。

“ One day, all is coming. ”

このグルジの言葉。
花粉症って、コップの水が溢れたときに発症するといいますよね。
「やってくる」のは溢れたとき。
そのときできることをやっていると、ある日水は溢れる。コップの大きさは人それぞれ違っていて、その大きさは誰にも分からない。現実的には溢れずに終わることもあるかもしれない。でもそんなことは分からないので、とにかくできることをやるだけ。

間違えてはいけないのは、「向こうからやってくる」のであって「自分が行く」のではないこと。やってくるのを待つ忍耐力がないと、やり方を間違え、せっかく溜まってきたコップは割れてしまうかもしれない。
僕はあります。コップを割ったことが何度も(割ってしまったことに何も後悔はありませんけど)。

結果を掴みに行くのではなく、その時できることをする。それがスポーツやエクササイズではなく、ヨガをするということだと思います。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 08:50| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

ドーンしなくていいです。

雪かきじじい復活

E24C63E5-D52D-4364-AEB2-23548BB866A2.jpeg

車で来られても大丈夫ですよ。
スッと停められます。

仕上げに箒を使い始めたら、立派な雪かきじじい。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 07:21| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

OTG

今朝、回復してるかなと淡い期待を抱いて起床しましたが、結果は歯みがき後の口をゆすぐ態勢がつらい有り様。

スタジオの掃除は、いつもなら一休殿のようにしゃーっと雑巾で床拭きをするのですが、今朝は掃除機に頼りました。

前屈みができないのに太陽礼拝は無理だなと、とりあえずダウンドッグで深〜い呼吸をしました。すると、なんかすごく心地よい。ひょっとしてチャトランガ〜アップドッグもいけるんじゃない?とやってみると、一部痛みは出るものの、なんとかできる。いつもはやらないけど、アップドッグの態勢で止まってしばらく深い呼吸を続けてみる。あーめっちゃ心地よい。これなら全部いけるんじゃない?とサマスティティヒに戻り、太陽礼拝にトライしてみた。なんだ。できるやん。ほなスタンディングはどうなんやろうとやってみる。できるわ〜。前屈みすらつらかったのに、手の支えを使いながらだったらできた。相変わらずねじりは痛みが強いですけど。
シッティングに入り、これほど前屈が気持ちよいと感じたのは初めて。一呼吸一呼吸が患部を内側からマッサージしてくれているよう。痛みでギュッと緊張していた体が、見事に解されていく。
何なんだ。
驚くほど動けるじゃないか。

急性の痛みには安静が必要かと、昨日一日は休んでいましたが、できないながらも動いていた火曜日より、ずっと痛みが強くなった感じがありました。
今日、今の自分にできるアシュタンガヨガを練習してみて、ここ何年かで一番の心地よさを感じることができました。アーサナの形も深さもいつもとは違います。でもバンダや呼吸への集中は途切れることがありませんでした。
ヨガっていいですね。

アシュタンガヨガでは、アーサナの形になろうと頑張ることがありますが、その形になることで、詰まっているところにスペースが生まれ、滞っているところに流れが戻り、眠ったままになっているところに目覚めよ!という刺激が加わります。それらはきっと心地よいものだし、なんかいつのまにか機械的に流れているだけになっていたり、ただ無理やり形に自分を押し込んでいるとしか思えなくなっているとしたら、勿体ないことです。
スペースを作り、鍛えているんです。
もっと味わって。


今回の件で僕がラッキーだったのは、患部が体幹にあったこと。これが手首や肘、足首や膝など、体幹から遠いところだったとしたら、呼吸の恩恵を受け取れなかったかもしれない。背中はもろに呼吸の影響を受けるので、最初のダウンドッグでの深い呼吸が患部を癒してくれたのでしょう。
1つ意識してやったことは、痛みから逃げないこと。ねじりは痛みが強くて、鋭い痛みが走ると一瞬呼吸が止まり、すぐに態勢を戻したくなる。でもそこで逃げない。最初の防御反応による心身の緊張を、しっかりとした呼吸で和らぐのを待つ。するとちゃんと緩みます。無理に深さを追い求めなければ、それ以上は痛みは強くなりません。


練習を終えて考えました。
成長や変化は結果であって、目的ではありません。その結果を求めるあまり自分ではない何者かになろうとしているとき、呼吸をないがしろにしています。呼吸もままならないほどにつらいアーサナもあります。でもそこでその時できる呼吸をしようと努力します。結果的に深い呼吸はできなくても、それは呼吸をないがしろにしているのとは全く訳が違います。
自分ではない何者かになろうとしているのか、自分自身であろうとしているのか、その違いだと思います。

痛みはつらい経験ですよね。でも今回はラッキーなことに、そこから多くを得ました。実にラッキーでした。
いつかアーサナすらできなくなることがあるかもしれない。でも、ヨガというツール、呼吸というツールがあることを知り、そしてそれをある程度使えるようになっていれば、きっと少しは辛さが和らぐと思います。
クラスに来てくれるのはありがたいことです。それだけでも充分ありがたいんですが、あえて注文をつけます。ヨガをしに来るだけじゃなく、学んでください。家に帰って何をしたらいいのか分からないのは、学んでいないからです。週に一度のヨガでもいいんですが、生涯より良く生きるために学びましょう。学ぶというのは、何も高額なお金を出してヨガのトレーニングを受けることではありません。その日に1つか2つアーサナを覚えるだけでいいんです。脳トレにもなります。疑問があれば遠慮なく聞いてください。


EC8D9F8F-054B-4D51-B39E-DB5558567C31.jpeg



え?
OTGは何の略か?

ヒント
・驚いた
・バブリー




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:25| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

OMG

朝の仕事は、スタジオ駐車場の除雪から始まります。

月曜日
空から降り積もった雪はそれほどではなかったのですが、除雪車が置いていった駐車場入口の雪はまぁまぁ強敵でした。
かたく重い雪を気合い入れて雪山へと放り上げていたのですが、少し疲れたので箸休め的に空から降り積もった軽い方の雪を、一掻き分だけ放り投げました。

その瞬間…ピキッ

左の背中に強い痛みが走りました。やってもーたか?
その後、自分の練習に取り掛かったのですが、ねじり以外はなんとかなり、ほっと一安心。クラスもなんとかやり遂げました。


火曜日
空からの雪はほぼなし。
が、駐車場入口にはまたもや重くかたい雪が置いていかれている。
いまの背中の状態で大丈夫か?ま、どっちにせよ除雪しないわけにはいかんのやけど。
かたまった雪をスコップで解して。

一投目…ビキッ!泣

まったく同じところをさらに強く痛めました。もう一掬いもできないほどに。なので、プッシュ&梃子の原理でやっつけました。


火曜日のクラスに来てくださったみなさま。大変失礼しました。やってみせることも、サポートもアジャストも、いつもほどできませんでした。ほんとすみません。
今日の時点で、サポートのない前屈みは結構つらいです。数日間は雪が降り積もらないことを祈ってますが、もし降っても除雪はできなさそうです。駐車場に雪があったら、突っ込んでください。
今週末くらいまでは、スプタ・バジュラーサナはみなさんでサポートし合ってください。ドロップバックのサポートはできないので、自力でのみお願いします。


情けなやー。
ご迷惑をお掛けしてほんと申し訳ないです。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:54| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

やっぱり前後裁断

僕は結構長く、膝と腰に痛みを抱えています。よっぽど不調のときを除けば、日常で痛むことはほとんどないので、それで困るほどのことはありません。ある特定の動作やアーサナで痛みが出ます。
一時的な痛みならいいのですが、痛みがなくならない時期が長くなると、自分で思い込みを作ってしまうことが分かりました。

「これをこうすると痛む」
「このアーサナでは痛む」

経験的に分かる、といえば聞こえはいいですが、実際はそうではありません。そういう思い込みで自らに制限を作り、諦め、心身に要らぬ緊張を生み出しているだけ。過剰な自己防衛に気づけたときいつも自分に言い聞かせます。

確かめろ。

思い込みに意識がとらわれないよう、いま目の前にある状況に意識を戻す。目の前にある痛みは、自分で作り出していないか?「いつもは」という思いに支配されていないか?
締めるところは締めて、緩めるところはリラックス。そして呼吸に集中する。
その結果がどうなろうと、それは自分が関与できるものではない。ただやれることに集中するだけ。


「痛み」という言葉は、日常のいろんなことに置き換えられるなぁと思います。
痛みは決して悪くない。望みもしないけど。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 10:34| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

ナンシー先生との出会いまで

僕が最初にナンシー先生のことを知ったのは、福井帰省中にアシュタンガヨガをしに出かけたことがきっかけでした。そこの先生が、東京だか名古屋で(つまり忘れたってこと)ナンシー先生のワークショップに参加したときの話を聞かせてくれました。まだ僕のアシュタンガヨガに関する知識が今よりも乏しかったこともあり、聞いたことのすべてがナンシー先生への興味を強くかきたて、また日本に来ることがあったら絶対に会いに行く!と決意したのでした。
札幌に戻ってから調べても、過去のワークショップの情報ばかりで新しいものは見つかりませんでした。もう日本には来ないのかもなぁと半ば諦めの気持ちが出かかっていたとき、ニセコのオーガナイザーをされているikuさんから、「ナンシーがニセコに来ますけど、ワークショップに参加しませんか?」とのメールをいただきました。初めてナンシー先生のことを知ってから2年くらい経っていたと思います。「来たーーーーーっ!!!」と興奮しましたが、そのメールをもらったのはワークショップのわずか数日前。それじゃあ休みを取れんよ〜と泣く泣く参加を断念し、また翌年も来ることがあれば、必ず参加するから早めに教えてね、と念を押しておきました。
で、やっと会えたのが一昨年の5月。場所はニセコ。そのときのワークショップの衝撃は、今まで参加してきたすべてのワークショップの中でぶっちぎりの1位でした。今まで結構な有名どころの先生には会ってきましたよ。でも断トツです。自分がアシュタンガヨガやと思ってやってきたこれは何やったん?今までたくさんのアシュタンガヨガの先生に会ってきたのに、なんで誰も教えてくれんかったん?そう思いました。もしたしたら、たまたまタイミングが良かったのかもしれない。そのときの僕にその変化を受け入れるだけの準備が整っていたから、ナンシー先生の話すすべてのことに衝撃を受けることができたのかも。それまで自分がちょっとした自信を持ってやってきたことを、とても気持ちよく、実に心地よくぶっ壊してくれました。決して否定されたわけではありません。グルジとの話やナンシー自身の経験の話を聴いていたら、自分の中のものがガラガラと崩れ落ち、キレイに洗い流され、平地になったところにアシュタンガヨガの小さな種を植え付けてくれたのです。「あっ、この種を大事に育てていけばいいんや」と確信し、ワクワク感と歓喜の気持ちが溢れ出たのを、昨日のことのように思い出せます。
それは、僕が練習生であると同時に教える側にいたこと、ヨガに対して日々考え悩んできたという状況があったからかもしれない。昨日も書きましたが、同じ映画を観ても、どこで何を感じるかはその人次第。他の人がどう感じるかは分かりません。だからこそ僕は自分の経験から伝えられることだけを言います。


1973年にナンシーはグルジの生徒になりました。それ以来40年以上に渡りアシュタンガヨガの実践者です。
ナンシーがグルジに会ったとき、彼女は病弱で偏頭痛持ちでした。1日12時間睡眠をとらないと耐えられないような状態でしたが、アシュタンガヨガを始めて4ヵ月後には良くなっていたそうです。その当時のグルジは英語が話せなかったこともあり、すべてのアーサナを手取り足取りナンシーに教えました。グルジの言葉からではなく、手から学んだのです。ナンシーは今も世界中でグルジから教わったやり方でアシュタンガヨガを教えています。
今回のワークショップは、フルプライマリーのレッドクラスですが、フルで練習していない人でも何も問題ありません。まだアシュタンガを始めたばかりの人でもウェルカムです。僕がニセコで初めてナンシーに会ったとき、「アシュタンガヨガって何ですか?」という人が何人もワークショップに参加していました。通訳をしてくださるのは、恵子・アームストロング先生です。お一人でも日本各地でワークショップを開催されるほどの人です。さらにナンシーの娘さんのバネサ(アシュタンガの先生)もアシスタントとして参加してくれます。万全の態勢ですから、どうぞ初心者であっても安心してご参加ください。
また、僕がそうであったように、経験者にとってもきっと何かを持って帰れると思います。

ナンシー・ギルゴフは、素晴らしいアシュタンガヨガの先生です。ナンシー先生に会って、その師であるシュリ・K・パッタビジョイス氏(グルジ)もとても素晴らしい人だと知りました。
今後のヨガライフのために、ぜひ都合をつけて2日間のワークショップにご参加ください。
みなさんのお越しをお待ちしております。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 12:00| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

フライヤーができた

4月のナンシー先生ワークショップのフライヤーが出来上がりました。といっても自分で作ったので、プロが作るようなデザインの格好よさはありませんけどね。
今日からスタジオのアシュタンギたちにお渡ししてます。とーってもいい先生ですから、ぜひ都合をつけてご参加ください。映画でも本でも観光でも、観た人・読んだ人・行った人の話を聞くのと、自分でそれをするのとでは雲泥の違いがあります。自分にしか響かない何かがきっとあります。どうぞ体験してください。

詳細は明日また書きます。

06DA55F3-0DAC-4631-A1B0-C58BAA0E2574.jpeg




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:43| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

札幌市東区でアシュタンガヨガ

僕はアシュタンガヨガが好きです。『グルジ』を読んでさらに好きになりました。
札幌の東区という極めて限定された場所ですが、アシュタンガヨガの良さを伝えていくという一役を担いたいです。そのためにも、世間の間違えたアシュタンガヨガのイメージを払拭したい。微力だけどちゃんとやりたい。

2月から少しだけスケジュールに変更があります。クラス内容に変更があるもの、開始時刻に変更があるもの、ご自身に関係のあるクラスをチェックしてください。また、詳細はホームページをご参照ください。


✽月曜日✽
10:00〜11:15 『整えヨガ』
11:30〜13:30 『アシュタンガヨガ マイソール』

✽火曜日✽
10:00〜11:15 『誰にでもできるアシュタンガヨガ』
11:45〜12:45 『はじめてのアシュタンガヨガ』
17:45〜20:30 『アシュタンガヨガ マイソール』

✽水曜日✽
クラスはありません

✽木曜日✽
10:00〜12:00 『アシュタンガヨガ マイソール』
12:30〜13:30 『はじめてのアシュタンガヨガ』
17:45〜20:30 『アシュタンガヨガ マイソール』

✽金曜日✽
10:00〜12:00 『アシュタンガヨガ マイソール』
19:00〜20:30 『アシュタンガヨガ Led half Primary + マイソール※』

✽土曜日✽
10:00〜11:15 『整えフローヨガ』
11:45〜12:45 『はじめてのマイソール』
13:15〜15:30 『アシュタンガヨガ マイソール』

✽日曜日✽
8:30〜10:00  『アシュタンガヨガ Led Primary』
10:30〜11:30 『はじめてのアシュタンガヨガ』
12:00〜13:15 『整えヨガ』

※ 夜のマイソールの時刻は、「スタジオオープン」が記載されています。それより前には入室できませんので、ご了承ください。
※ マイソールは来られた方から練習を開始してください。クラス終了時刻にはシャバーサナを終えるようにしてください。
※ 金曜19時のマイソールはフルプライマリーまでとします。20:30にはシャバーサナを終えてください。
※ 土曜日『はじめてのマイソール』には、何度もマイソールを経験している人は参加できません。



アシュタンガヨガはデイリープラクティスが基本です。といいつつ、その環境をうちでは整えられていないのが現状です。いまはそれを求める人はいませんが、スケジュールとか料金とか、デイリープラクティショナーをサポートする仕組みを整えたいと、ずっと考えています。ミガクでやるか、それとも他でやるか…

ずっと考えてないで、覚悟を決めてやれって話なんですけどね。





2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 16:29| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

逆もまた真なり

アシュタンガヨガのシークエンスには繋がりがあると思います。前の方で出てくるアーサナは基本的なもので、その基本を練習することで後の方に出てくる発展系のアーサナをやりやすくする。さらにらその発展系のアーサナもまた、さらに先のより難度の高いアーサナへの土台となる。それは確かに真実だと思うんです。その理屈が(それがすべではないにせよ)、現代アシュタンガの進め方の基本なのでしょう。

でも、と思います。
基本を(どこまでを基本と呼ぶのか分からないけど)100%にしないと次に進めないのではもったいないなぁと思います。それが80%であってもです。
その理由は、基本が発展へと繋がるのと同様に、発展もまた基本へと影響を及ぼすからです。僕はインターミディエートやアドバンストAの練習をしたことで、プライマリーが大きく変わりました。アーサナがやりやすくなっただけでなく、今まで意識を向けられなかったところまで感じることができるようになりました。これこそがアシュタンガヨガなのかも、と思えるようになりました。
プライマリーがあやふやな人がアドバンストシリーズをするのは確かに無理がありますが、デイリーに練習できている人なら、どんどんインターミディエートにもチャレンジしていいと思っています。その練習は必ずプライマリーに返ってきますから。

難しいアーサナをすればヨガが深まるとは思っていません。ですが『グルジ』の中の先生が言うには「アドバンストなアーサナは自分のより深いところを刺激する」らしいです。ああ確かに。普段では出合えないような経験はあると思います。プライマリーでもインターミディエートでも出合えないことがありました。まぁでも、初めてインターミディエートをやったときも同じこと思いましたけどね。

チャレンジしたい!という人がいたら、基本が完璧じゃないから次はやらせないよ、とは言わないのがうちのスタイル(というか僕の先生がグルジから教わったやり方)です。ちゃんと続きを教えます。

ヨガとの向き合い方や楽しみ方は人それぞれ。着実に少しずつ進めたい方もいるでしょう。そんなにがんばらなくていいんだ、という人も。楽しければいいも、真剣に集中したい!も全部僕はありだと思います。それに応じた対応をします(あくまで僕のやり方。決してグルジが伝えていたやり方ではないと思います)。



全然関係ないけど、昨日の1つ目と2つ目のクラスの間で、大急ぎで駐車場の除雪をしていたら、前の通りをゆっくりと通り過ぎる車の男性が、僕の方を見て笑顔で手を振ってきました。

誰?

と一瞬分からなかったのですが、すぐに「ああ!」と気づきました。スタジオをオープンさせたばかりの頃、それだけの収入ではまったく生活できなかったので、クラスが始まる前の早朝の時間帯でバイトをしていました。手を振ってくれた男性は、その会社の専務でした。あの会社が僕を使ってくれたお陰で今もスタジオがあると言えます。とてもいい会社でした。
わずか10秒ばかりの言葉も交わさない再会でしたが、なんかすごく嬉しかったです。またがんばろうと思えました。


ああ、また長い…




1月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:08| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする