2018年05月01日

中丸師匠

最近テレビで取り上げられることの多い事件に関して、KAT-TUNの中丸雄一さんがこんなことを言っていたそうです。

「今回、TOKIOの4人の方は『何があっても連帯責任』だとおしゃっていましたが、僕もそう思います。それはなぜかというと、グループに所属していて利益を受けているのであれば、こういったことがあったときに『マイナス面は知らない』というのは筋が違うと思うので。良いことも悪いことも含めてグループ活動だと思うので、同じグループの活動をする人間として、僕はTOKIOの4人の気持ちは分かるし、そのとおりだと思います」

この発言を知ったとき、以前読んだ本の内容を思い出し、それを探しました。
青山俊董さん(正法寺住職)の著書の中にありました。

高原湿地に蓮花生ぜず
卑湿淤泥にこの花を生ず
『維摩経』

乾燥した高原や陸地や、清流には蓮は育たず、泥沼、泥田の中にしか、あの美しい花は咲かないというのです。「泥中の蓮花」といい、「泥多ければ仏大なり」といい、古来より仏の教えは、泥中に咲く蓮花にたとえて説かれてきました。
泥という言葉に象徴するわが心にかなわないことから逃げようとしていないか。健康はいいが病気はかなわない。得するはいいが損することは嫌、成功はいいが失敗はかなわない、愛することはいいが憎しみからは逃れたい。限りなく花を追うが泥は厭い、泥から目を背け、逃げようとする。
苦は、泥は、アンテナを立てよという仏さまの慈悲の贈り物と受けとめていきましょう。苦しみ悲しみに導かれてアンテナが立ち、よき師、よき教えという縁に出会うことで、泥は肥料と転じ、美しい花を咲かせるのです。


これを読んだとき、「いやいや、苦は嫌でしょ」って正直思いました。だけど、あの苦があったからこそ、ということがたくさんあるのも知ってます。だから書いてあることは分かるけど…。やっぱり苦は避けたいなぁ。

そう思ってしまう僕は「修行が足りん」ってやつですね。中丸くん、人間できてるな。
posted by スタジオミガク at 23:49| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

ワークショップを終えて

Nancy先生、恵子先生、Vanessaは沖縄の定宿となっているホテルに無事に到着したようです。恵子先生と夕方電話で話しました。明日からもうマイソールが始まるみたいです。いいなぁ、さらにTsutomu先生も加わるし、めっちゃめちゃ豪華なマイソールだなぁ。

昨日・一昨日とワークショップ会場でお手伝いをしてくれたみなさん、ありがとうございました。お願いをした人、お願いしてなかったけど親切心から(もしくは、おいおい大丈夫か?という親心から)手伝ってくれた人、僕一人ではできないことだったので、その親切心に助けられました。
初めてナンシー先生のワークショップに出たときの僕がそうであったように、質問タイムが長くなり、半ば追い出されるような形で両日を終えたことは反省点でした。車の中で「あと30分は必要ね」とナンシー先生は言っていました。

この3〜4日の間でうまくいったこと、うまくいかなかったこと、たくさんありました。やっぱり何でもやってみるもんですね。初めてやることへの不安や、うまくできない苦しさは付き物ですが、逃げずに取り組めばその経験は蓄積されるし、終わったあとに楽しさへと変換されるあの感じ。
1年前の岡山で、ドキドキしながらナンシー先生にオファーして良かったです。


50人以上でのレッドクラスは札幌では稀な光景です。
C7573E91-98EF-4BDD-AAC2-67D9AD645865.jpeg

EB986152-7EDF-4793-929C-D16852360101.jpeg


またこんなことがあるといいなと思いました。
2日間、ありがとうございました!




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:47| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

札幌ウィークエンド・ワークショップ終了

Nancy Gilgoff先生のワークショップにご参加くださったみなさま、ありがとうございました。何を感じ、何を思い、どう考えて実践へと繋げていけるでしょうか。そんな楽しみな課題が見つけられたとしたら、とても有意義な時間だったのではないでしょうか。

僕個人的にはオーガナイズすることの大変さを実感しました。でも同時にオーガナイザーにしか味わえない楽しみや喜びがあることも知りました。

Nancy先生、恵子先生、Vanessa、本当にありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。


明朝、次の開催地沖縄へと旅立つ3人をお見送りに行ってきます。
718BC118-CC3E-4FB3-AE22-42D20579C61E.jpeg




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:43| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

Nancy Gilgoff アシュタンガヨガ ワークショップ 2018 札幌

ナンシー・ギルゴフ
ウィークエンド ワークショップ


日時:
4月21日(土)、22日(日)
9:30〜12:30(3時間)

両日のご参加をお勧めしております。


料金:
7,500円/ 1日 12,000円/ 2日間


内容:
Weekend Workshop
Full Primary (led), Q&A time,
Loving-Kindness Meditation,
breath work, theory,
and some stories.

※ 初心者から上級者まで、どなたでもご参加いただけます。プライマリーシリーズをまだすべて練習していない方でも大丈夫です。
※ 日本語通訳がつきますので、安心してご参加ください。


会場:
札幌市中央区民センター
(詳細はお申し込み時にお知らせいたします)


お申し込み方法:
以下の内容をstudio.migaku@gmail.com までメールでお送り下さい。

・お名前(フリガナ) 
・携帯電話番号
・参加希望のクラス

メール受信後、お振込先をお知らせするメールをお送りします。参加費のお振込みを確認した時点でお申し込み完了となります。
(※お申し込みのメール送信後、24時間以内に返信がない場合は、恐れ入りますがもう一度ご連絡下さい。studio.migaku@gmail.com からのメールを受信できる状態にしておいて下さい)

また料金のお支払いは、スタジオミガクでも受付ております。メールまたは直接お申し込み後、スタジオでお支払いください。
この場合もお支払いいただいた時点で、お申し込み完了となります。


キャンセルについて:
払い戻しは以下の通り行います。
• 1ヶ月前までのキャンセル: 料金の100%から1000円の手数料を引いた残額
• 〜7日前までのキャンセル:料金の50%から1000円の手数料を引いた残額
• 前日以降のキャンセル:払い戻し不可


参加上のご注意:
・受付はクラス開始時刻の30分前です。
・万が一遅刻される場合は必ずご連絡下さい。
・レンタルマットはございませんのでご自身のマットをご持参下さい。


ご予約・お問い合わせ:
スタジオミガク
小林克也
studio.migaku@gmail.com
posted by スタジオミガク at 21:00| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のたかださん。

「2〜3日休むと体がかたくなるんだよねぇ

乳酸菌が溜まってるのかなぁ」




多分、いろいろ違うと思います。

ナンシー先生が来札する日に今日のたかださん報告してる場合かーっ!

金・土・日はクラスの休みが多くなります。
お間違えのないよう、スケジュールでご確認ください。




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 11:38| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

取捨選択

ヨガにおいて「〜ねばならない」ものなどないと思います。僕の言うことはどれもアドバイスだし、もっと経験豊かな先生が伝えてくれることも「〜した方がいいよ」または「こういうものだよ」という程度に受け取っておけばいいです。
アドバイスを「〜ねばならない」と感じている時点でそれはまだその人にはピンときていないんだから、そんなものに雁字搦めに縛られていたら全然おもしろくない。好きでやっていることなら、まずは興味の赴くままにやりたいじゃない。もちろん素直に受け取ってもらえるのもウェルカムですけど。

「喉の渇いていない犬に水を与えても飲まない」そう思います。望んでいないものは自ら取りに行かないし、無理やり取り入れても簡単に抜けていくか、自分の一部とはならない。
でもいつか喉が渇いたとき、ああそういえばあそこに水があったなと知っていれば、自らそれを取りに行くでしょう。アドバイスなんてそんな水みたいなものだと思う。
それを無視したがために残念な結果を招くことがあるかもしれない。どこかを痛めたとか。うまくいかないとか。でもそれでいいと思うんです。それも経験であって、それは必ず活きてくるから。むしろそこからが本当におもしろくなるところだから。最初からすべてのリスクを避けて、最短距離を行くようなやり方では自分なりのやり方は身につかない。

楽しい、おもしろい、興味深い、だからやりたい。それが一番だと思います。
本当の旨味を掴み取ってください。




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:23| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

なんでだろーなんでだろー

「持ってる人いたら返却してください」
とお願いした途端、
何度も探した本棚から今朝になって出てくるの

なんでだろー
なんでだろー
なんでだなんでだろー

申し訳ありませんでしたーm(__)m

743238A3-4096-411E-A3D2-EF2D346A8FAD.jpeg
うちの江頭も平身低頭して許しを乞うております。
シャラートさんと同じポーズでグルジに頭なでなでしてもらってるのが、真剣なのかふざけてるのか微妙なところですが。


業務連絡です。
スタジオのおトイレが不調でございます。
それぞれの対処法でお願いします。



3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 08:42| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ずーん、おたるー

…といえばある一定以上の年齢の方なら分かる場所に出かけました。前から自然の多いところに行きたいと思っていたんです。

CE1F10CB-59C3-4C46-82D6-F90EDD89B8BE.jpeg

9E84E2CA-6135-45EC-A364-042CE74827E6.jpeg

4381E1E2-4BB4-4DD8-9156-40FC38EF1E90.jpeg

5D6CFB8D-3D8A-4404-8187-6280EE5DCFF5.jpeg

小樽にはこんな場所ない?
小樽には行ってませんよ。
ああ、訛りすぎましたか?

「じゅーん、ほたるー」な場所です。


行って失敗編。
481ED8F7-5102-4C23-8EC5-F17F4C4060C6.jpeg

夏に行くとこうなる。
D844AD2D-186C-4E96-8E5C-A9DF9AFFA048.jpeg


さて、どうでもいい僕の休日便りでしたが、1つお願いがあります。このブログを読んでいる人の中で、僕からアシュタンガの本を借りている人がいたら、返却して欲しいのです。調べたいことがあって探したのですが見当たりません。
もう誰に何の本を貸しているのかさっぱり覚えていません。
表紙はコレです。
775C470D-1592-43E0-8508-C63BA780DFD4.jpeg

よろしくお願いします。


クラス休講のお知らせ

4月21日(土)・22日(日)
すべてのクラスが休講になります。
ご迷惑をお掛けしてすみません。
よろしくお願いします。



3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:48| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

手放しちゃうの?

『執着』とは「ある人や物事に捉われてそこから離れられない、心の状態をいう」とあります。


こんなエピソードを聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。エピソードなので多少の誤差はありますが。

電球の開発に取り組んでいたエジソンに、ある人がこう言ったそうです。

「もう一万回は失敗しているじゃないか。電球の発明から手をひいた方がいいんじゃないか?」

発明王はこう答えました。

「私は失敗なんか一度もしていない。一万回『このやり方ではうまくいかない』という『発見』を得ただけさ。」


エジソンの心の状態は「執着」と呼びませんか?めっちゃ執着してますよね。10000回ですよ!?
ヨガではよく「執着を手放す」という気持ち良さげな言葉が使われます。なんで手放すんですかね?多分、執着が苦しみを生むからです。苦しむくらいならそれを手放せば?ということなんでしょう。
エジソンの発明に至るまでの道のりは、苦しみがなかったわけはないでしょう。でもそれをポジティブな言葉で言い表しています。もしエジソンが苦しいからと言って、100回くらいの実験で執着を手放していたら、電球を発明するという喜びは得られたでしょうか。遅かれ早かれ誰かは発明していたでしょうが(実際にはエジソンよりJ・W・スワンという人の方が早く発明していたそうです)、彼の執着がなかったら、世の中の便利や安心や喜びはしばし先延ばしになっていたかもしれません。

僕は思います。どんどん執着したらいいやん、って。それを苦しいと感じ、そこから逃れたいと思う人は手放そうと努めたらいいんじゃないでしょうか。壁にぶつかって苦しんでも、それでもやり遂げたいことがあったり、それを上回る楽しみがあるなら、カッコつけてないでやったらいいやん、って思ってます。

ヴィラーガとかヴァイラーギャといって、離欲を勧めるのがヨガなのかもしれませんが、僕はそんなスマートな生き方を求めてないので、全然離欲推しではありません。なので、誰かに迷惑をかけない限り、まだまだいろんなことに執着しようと思っています。

執着心は一つの原動力だ。
それを手放しちゃうの?
もったいない。




3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:40| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

体で理解する

僕には特技といっても差し支えのないことがあります。それは、誰かのやっているアーサナをそのまま真似ることです。もちろんぼくの能力の及ばないところまではできませんが、頭の中に描くことはできます。この特技がどのように役に立つかというと、真似る対象のことを理解できるのです(ある程度、です)。

で、最近になって(図らずも、ですが)理解できたことがあります。真似ようとしていたわけではなく、そのように教えられたからやり続けて分かったのですが。今回は自分がやることで分かった部分と、そのように練習している人を見続けて分かったことがあります。

分かったのは、ナンシー先生がアシュタンガヨガを始めたときに、どのような体でどのような特質を持っていたのか。そして、なぜグルジがナンシー先生にそのようにアーサナを練習するように伝えたのか。ナンシー先生とまったく同じタイミングでアシュタンガヨガを学び始めたデービッド・ウィリアムズが、なぜナンシー先生とはまったく違うやり方でアーサナを練習するかを。

ダライ・ラマ風に言えば、ルールを適切に破るためにルールを学びました。

どう破るべきかが分かれば、あとは本質は変えずにどのように枝葉の部分を適切にアレンジするか、またはしないべきか、すべきタイミングはいつかを考えることだと思います。
アシュタンガヨガが、それぞれの人に適切に働きかけるようにできたら、あとはその人次第。

これだからアシュタンガヨガをやめられない。




3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 09:37| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする