2017年10月26日

ある

ミュージシャンであり俳優の星野源さんが、著書の中でこう書いていた。

「ギターを弾き始めた中学の頃、楽譜やバンド譜を買うお金がないので音源を聞いて耳コピするしかなかったことを思い出した。最初は何のコードなのか、ベースラインがどう動いているのかまったくわからず途方に暮れたが、諦めきれずに何度も何度も聞いていたら、少しずつ、音の微かな違い、コードのテンションの違いがわかってきた…」


興味をもって意識を向けていると、今まで感じていなかったことに気づけるときが来る。
ヨガをして呼吸の乱れに気づく。
世の中のジムニーの多さ気づく。
犬がたくさんいることに気づく。


そこにあって欲しいものを、あるべきだと思いたいことを、あったと思い込んで見つけた気になることがある。実際にはなくても。


自分の経験を通して作り上げてきた枠組みや思い込みから自由になること。それがヨガの目的の1つのように思う。
ただそこにあるものを感じるのではなく、あって欲しいと願うものを見ようとするのは、今に意識がなく、ヨガの目指す方向とは違うのではないかな。


あるものに気づくのは「今」
こうあって欲しい・あるべきは「過去」「未来」


そこにあるものに気づける感覚を養いたい。


窓から見える今年の紅葉がきれいです。
22973832-537A-4876-B0A3-774FB0AF2295.jpeg



10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 17:09| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

Don’t think like that.

“Don’t think that perfecting an asana makes a good practice. Don’t think like that. Many students say, oh today, I caught my ankles in backbending, today is my good practice. Don’t think like that. Getting up and being on your mat, and just doing what you can, that is sufficient and that is your best practice.”
ーSharath Jois

『アーサナを完璧にすることが良い練習だと思わないように。多くの生徒は「今日バックベンドで足首掴めたよ。良い練習ができた〜」と言います。そんな風に考えないで。朝起きて、マットの上に立ち、ただあなたのできることをするだけ。それで十分だし、それこそが最高の練習だ。ーシャラス・ジョイス』


アシュタンガヨガのトップがこのように言っています。
マットに立つこと以外は何も難しくないです。難しくしているのは自分自身。

もっともっと。
より深く。
より完璧に近いアーサナを。

何かをできるようになりたいとか、より深めたいと思う向上心は、誰しもが持っていて自然な感情だけど、きっとそれはマットに立つためのきっかけに過ぎない。
それらをマットの上にまで持ち込むと、前後裁断されず、自分を苦しめる種になり、ヤマも二ヤマも蔑ろにされる。

ヨガをする動機や目的は人それぞれで、それらを尊重したいとは思うけど、アーサナを完璧に近づけるためのアジャストやサポートは、僕はしたくありません(そもそも完璧って何だ?)。それぞれの強さや柔らかさを養うためだったり、何かに気づいてもらうためのサポートをしたいです。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:06| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

東京さむい

講座はあと1日。
とても濃い内容です。
学んだことをクラスで伝えます!
なんて言ってましたが、習ってすぐ伝えられるほど浅いものではありませんでした。
理論がしっかりしており、伝統的テクニックをちゃんと科学的な根拠を持って伝えてくれます。講師はドクターであり、とても教え方が上手いので、納得しながら実践を進められています。

整えヨガで取り入れたいと思っていましたが、考え方はアシュタンガヨガにも活用できると思います。まずは自分に落とし込めるまで考えながら練習しよう。


東京らしいこと何もしてない。
いや、混んだ電車には揺られてるか。
明日もがんばりまーす。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:53| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

東京あつい

年に一度か二度は飛行機に乗っていると思うのですが、ここ何年も座席は通路側を選んでいました。少しだけ広くスペースを使えるし、席につくのも立つのも楽。到着後、出るのも早い(急いでいるわけでもないんだけど)。
だけど、今回は久しぶりに窓側の席を選びました。昼間のフライトということもあって、外がよく見えて、とても良かったです。
何が良かったかというと、道路や家々、山、雲、空、海、波、船、それらを上から見ていたら、自分てちっちゃいなーと改めて思えたこと。
ありがちなんですけどね。
物理的な小ささを実感できたことで、自分の器の小ささからくる、しょうもない悩みを笑えました。そんなことどうでもいいやって。大事なのはそこじゃないって。

明日から3日間クラスはお休みです。
帰ってからのクラスをより良いものにできるよう、しっかり学んできます。


371EF32D-20C4-4655-B539-34EE653D509D.jpeg
マット、余裕で敷ける!
ホテルで初アシュタンガ!
明朝が楽しみです。



10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:58| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

10月 クラス休講のお知らせ

下記クラスが休講になります。

10月
12日(木)19:00〜 アシュタンガヨガ
13日(金)〜15日(日) 全クラス

休みが多くなって申し訳ありません。
整えヨガをより良いクラスにするために、以前から興味のあったことを学びに行きます。

回数券の有効期限は必要に応じて延長いたします。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。





9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 00:00| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

to be happy

最近気をつけていること。

『規則正しい生活を送る(なるべく)』

1つ何かが乱れると、他にも影響を及ぼす。
それは当然、体や心や思考にまで届く。
修行僧のようには暮らせないし、ハメを外すこともあるけれど、できるだけそうしたい。

楽しければそれで良いと、好き勝手に生きるよりは、ある程度は自分を律することが、日々をご機嫌に過ごすためのコツみたいなもんかなと。

誰かに言われたり、本で読んだりするような当たり前すぎることかもしれないけど、なんか改めて実感を伴ってそう思ったのでした。


いつも機嫌よくいたい。
そのためには、僕には日々のヨガがあった方がいいです。

DEBBC166-4B73-4079-87B2-FF10E4E2F9B9.jpeg


お知らせ
明日の土曜日マイソールは、ご予約を確定させている方で定員に達しました。
ご参加いただけなかった方、ごめんなさい。




10月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 09:12| Comment(8) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

書くこと

冷やし中華パンのブログなんてあっという間に書けますが、真面目な内容は時間がかかります。
友人のヨガの先生が「ブログに割く時間なんてもったいない」と言っていました。
僕にとってはそうではありません。これは自分の頭の中を整理したり、自分の気づいてなかったことに気づくための大事な作業だからです。
時間をかけて書いて校正して、とやっているうちに、自分の本心に気づいて、ブログをアップする必要性を感じなくなり、書いたものをすべて削除することもあります。でもそれは決して時間や労力の無駄ではなく、必要なことだったと思えるんです。

この時間までもそうでした。
全部消しました。
いまの自分がヨガのクラスをする上で大事にしたいことが分かったし、それは今日のブログにアップすることではなく(後日、また改めて書くかもしれませんが)、クラスで実践していくべきことだと思ったからです。

先の予定がほんの少し変わりそうです。
決まったらまたお知らせします。




9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 02:28| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

小麦粉 ×3

もうお分かりでしょう。
本日の小ネタ。

行って参りました。
買って参りました。

『冷やし中華 挟みました』

期待しているのはビジュアルでしょう。
勿体ぶりません。
はい、ドーン!

16D05F54-4288-49CB-9FDA-15274176181E.jpeg

予想通りでしたか?
今日のマイソールでは予想合戦がありました。多分みなが疑問に思うこと「汁はいづこへ?」。
ソースみたいにピャーッとかけてあるのか、洋風気取りでジュレ的なものになるのか(可能性は極めて薄い)。
答えは「麺の上の方にサラッとかかっている」でした。

では、次のお題へ。


え?…味?
パンに冷やし中華を挟んで、少し汁がかかっている味です。
あとはご自身で食してください。


kanさんに言わなきゃならんと思ったことがありました。どうやらkanさんとサンドイッチ屋のオヤジは似た思考の持ち主かもしれません。
マイソールのとき、次はこんなの来るんじゃない?って言ってましたよね。
それに対してabeさん、「それはやだよね〜」って言いましたね。

はい、ドーン。

454F21C4-22F7-4072-984C-D8F23463D753.jpeg

遠からず。
『焼きうどん 挟みました』

この店はノーマルなものも売っています。
種類は豊富で美味しそうです。
食べログでもなかなかの高評価。
ぜひ一度入ってみてください。


なのになぜ僕はノーマルなサンドイッチを買わなかったのか。
晩ご飯は、パンと冷やし中華と焼きうどん。




9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 21:46| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

つゆだく?

スタジオからそう遠くないところに(チャリで5分くらい)、サンドイッチ屋さんがあります。クラスでも話題にあがったことがあるので、「あ〜、あそこね」という人もいるでしょう。
入口に『sandwich』と書かれているので、多分サンドイッチがメインなのだと思います。まだおざわさんしか行ったことないんじゃないかな。

今日その店の前を車で通ったときに、「マジか…」と笑ってしまいました。入口に貼り紙(のぼりだったかな?)があって、そこに新商品のお知らせがあったのです。
いいですか、サンドイッチ屋さんですよ。パンで具材を挟む誰でも知ってるあれです。
もう北海道はほぼ秋だというのに。


『冷やし中華 挟みました』


わ〜お。
マジか…でしょ?
食べてみたいですか?
怖いもの見たさで食べたいでしょ。

僕かおざわさんに聞いてください。
場所教えます。




9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:02| Comment(10) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

とりとめもなく。

にんじんしりしりを作りました。
え?ご存じない?
解説しよう。

『にんじんしりしりは、沖縄県の郷土料理である。スライサーで細くおろした人参と卵を炒めて調味料で味付けした料理。沖縄の家庭で手軽に作られている。「しりしり」というのは繊切りという意味の沖縄方言である。また、スライサーを使う時の「すりすり」という音から名前がついたという説もある。』−ウィキペディアより

繊切り(千切り?)することを『しりしり』という沖縄の言葉が好きです。
洋食レストランでバイトしてたとき、千切りすることを『ジュリアン』と呼んでいて(調べてみたら、正確には『ジュリエンヌ』でした)、カッコいいなと思っていましたけど、沖縄の方言の方がずっとずっといい。愛嬌がある。


ぺーちゃんに、「私の予想では、先生はもう料理に飽きている」と言われましたが、まだ飽きてないっちゅうのー!
まだいまのところね。

今晩のレッドクラス終わりに、うっつーから旭岳のお土産をもらいました。
写真を大きくして、ちゃんと読んでください。
絵がいいだけじゃなく、文言がまたいい!
うっつー、GOODチョイス。

904C31A1-BE90-4781-B5CE-6AEF43D0CD92.jpeg

僕は犬をいただきました。
待てる男です。




9月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:23| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする