2018年04月19日

今日のたかださん。

「2〜3日休むと体がかたくなるんだよねぇ

乳酸菌が溜まってるのかなぁ」




多分、いろいろ違うと思います。

ナンシー先生が来札する日に今日のたかださん報告してる場合かーっ!

金・土・日はクラスの休みが多くなります。
お間違えのないよう、スケジュールでご確認ください。




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 11:38| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

取捨選択

ヨガにおいて「〜ねばならない」ものなどないと思います。僕の言うことはどれもアドバイスだし、もっと経験豊かな先生が伝えてくれることも「〜した方がいいよ」または「こういうものだよ」という程度に受け取っておけばいいです。
アドバイスを「〜ねばならない」と感じている時点でそれはまだその人にはピンときていないんだから、そんなものに雁字搦めに縛られていたら全然おもしろくない。好きでやっていることなら、まずは興味の赴くままにやりたいじゃない。もちろん素直に受け取ってもらえるのもウェルカムですけど。

「喉の渇いていない犬に水を与えても飲まない」そう思います。望んでいないものは自ら取りに行かないし、無理やり取り入れても簡単に抜けていくか、自分の一部とはならない。
でもいつか喉が渇いたとき、ああそういえばあそこに水があったなと知っていれば、自らそれを取りに行くでしょう。アドバイスなんてそんな水みたいなものだと思う。
それを無視したがために残念な結果を招くことがあるかもしれない。どこかを痛めたとか。うまくいかないとか。でもそれでいいと思うんです。それも経験であって、それは必ず活きてくるから。むしろそこからが本当におもしろくなるところだから。最初からすべてのリスクを避けて、最短距離を行くようなやり方では自分なりのやり方は身につかない。

楽しい、おもしろい、興味深い、だからやりたい。それが一番だと思います。
本当の旨味を掴み取ってください。




4月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:23| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

なんでだろーなんでだろー

「持ってる人いたら返却してください」
とお願いした途端、
何度も探した本棚から今朝になって出てくるの

なんでだろー
なんでだろー
なんでだなんでだろー

申し訳ありませんでしたーm(__)m

743238A3-4096-411E-A3D2-EF2D346A8FAD.jpeg
うちの江頭も平身低頭して許しを乞うております。
シャラートさんと同じポーズでグルジに頭なでなでしてもらってるのが、真剣なのかふざけてるのか微妙なところですが。


業務連絡です。
スタジオのおトイレが不調でございます。
それぞれの対処法でお願いします。



3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 08:42| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ずーん、おたるー

…といえばある一定以上の年齢の方なら分かる場所に出かけました。前から自然の多いところに行きたいと思っていたんです。

CE1F10CB-59C3-4C46-82D6-F90EDD89B8BE.jpeg

9E84E2CA-6135-45EC-A364-042CE74827E6.jpeg

4381E1E2-4BB4-4DD8-9156-40FC38EF1E90.jpeg

5D6CFB8D-3D8A-4404-8187-6280EE5DCFF5.jpeg

小樽にはこんな場所ない?
小樽には行ってませんよ。
ああ、訛りすぎましたか?

「じゅーん、ほたるー」な場所です。


行って失敗編。
481ED8F7-5102-4C23-8EC5-F17F4C4060C6.jpeg

夏に行くとこうなる。
D844AD2D-186C-4E96-8E5C-A9DF9AFFA048.jpeg


さて、どうでもいい僕の休日便りでしたが、1つお願いがあります。このブログを読んでいる人の中で、僕からアシュタンガの本を借りている人がいたら、返却して欲しいのです。調べたいことがあって探したのですが見当たりません。
もう誰に何の本を貸しているのかさっぱり覚えていません。
表紙はコレです。
775C470D-1592-43E0-8508-C63BA780DFD4.jpeg

よろしくお願いします。


クラス休講のお知らせ

4月21日(土)・22日(日)
すべてのクラスが休講になります。
ご迷惑をお掛けしてすみません。
よろしくお願いします。



3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 23:48| Comment(6) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

手放しちゃうの?

『執着』とは「ある人や物事に捉われてそこから離れられない、心の状態をいう」とあります。


こんなエピソードを聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。エピソードなので多少の誤差はありますが。

電球の開発に取り組んでいたエジソンに、ある人がこう言ったそうです。

「もう一万回は失敗しているじゃないか。電球の発明から手をひいた方がいいんじゃないか?」

発明王はこう答えました。

「私は失敗なんか一度もしていない。一万回『このやり方ではうまくいかない』という『発見』を得ただけさ。」


エジソンの心の状態は「執着」と呼びませんか?めっちゃ執着してますよね。10000回ですよ!?
ヨガではよく「執着を手放す」という気持ち良さげな言葉が使われます。なんで手放すんですかね?多分、執着が苦しみを生むからです。苦しむくらいならそれを手放せば?ということなんでしょう。
エジソンの発明に至るまでの道のりは、苦しみがなかったわけはないでしょう。でもそれをポジティブな言葉で言い表しています。もしエジソンが苦しいからと言って、100回くらいの実験で執着を手放していたら、電球を発明するという喜びは得られたでしょうか。遅かれ早かれ誰かは発明していたでしょうが(実際にはエジソンよりJ・W・スワンという人の方が早く発明していたそうです)、彼の執着がなかったら、世の中の便利や安心や喜びはしばし先延ばしになっていたかもしれません。

僕は思います。どんどん執着したらいいやん、って。それを苦しいと感じ、そこから逃れたいと思う人は手放そうと努めたらいいんじゃないでしょうか。壁にぶつかって苦しんでも、それでもやり遂げたいことがあったり、それを上回る楽しみがあるなら、カッコつけてないでやったらいいやん、って思ってます。

ヴィラーガとかヴァイラーギャといって、離欲を勧めるのがヨガなのかもしれませんが、僕はそんなスマートな生き方を求めてないので、全然離欲推しではありません。なので、誰かに迷惑をかけない限り、まだまだいろんなことに執着しようと思っています。

執着心は一つの原動力だ。
それを手放しちゃうの?
もったいない。




3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 15:40| Comment(4) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

体で理解する

僕には特技といっても差し支えのないことがあります。それは、誰かのやっているアーサナをそのまま真似ることです。もちろんぼくの能力の及ばないところまではできませんが、頭の中に描くことはできます。この特技がどのように役に立つかというと、真似る対象のことを理解できるのです(ある程度、です)。

で、最近になって(図らずも、ですが)理解できたことがあります。真似ようとしていたわけではなく、そのように教えられたからやり続けて分かったのですが。今回は自分がやることで分かった部分と、そのように練習している人を見続けて分かったことがあります。

分かったのは、ナンシー先生がアシュタンガヨガを始めたときに、どのような体でどのような特質を持っていたのか。そして、なぜグルジがナンシー先生にそのようにアーサナを練習するように伝えたのか。ナンシー先生とまったく同じタイミングでアシュタンガヨガを学び始めたデービッド・ウィリアムズが、なぜナンシー先生とはまったく違うやり方でアーサナを練習するかを。

ダライ・ラマ風に言えば、ルールを適切に破るためにルールを学びました。

どう破るべきかが分かれば、あとは本質は変えずにどのように枝葉の部分を適切にアレンジするか、またはしないべきか、すべきタイミングはいつかを考えることだと思います。
アシュタンガヨガが、それぞれの人に適切に働きかけるようにできたら、あとはその人次第。

これだからアシュタンガヨガをやめられない。




3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 09:37| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

適材適所

マイソールを終えた高田さんが、「これ使ってみる?」と差し出してくれたのは、体を拭くウェットティッシュ。ありがとうございますと1枚もらったものの、ウェットティッシュで体を拭く習慣のない僕は「やっぱ顔かな」と(それは習慣の問題などではなくおじさんの性なのだけど)、ウェットなティッシュで顔を拭いた。
「アップルの香りがするの」と高田さんが話している言葉はあまり僕には届いてこない。なぜならそのとき僕は。

うあぁぁぁぁっ!
目がーーーーっ!
目がーーーーっ!
目がスースーするーーーっ!

って悶えていたから。清涼感たっぷりのウェットティッシュでヨガ後の体を拭くとさぞかし爽快なのでしょうが、顔を拭くとメンソール感が豪快に目に染み込んでくるので、眠たい人以外にはあまりお勧めできません。

お気をつけて。



3月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 18:46| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

休講のお知らせを

諸事情により明日の午後からクラスをお休みさせていただきます。
木曜日の夜マイソールからクラスを再開いたします。

ご迷惑をお掛けしてごめんなさい。
よろしくお願いします。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 22:51| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

花粉症

みたいなものだと思う。

“ One day, all is coming. ”

このグルジの言葉。
花粉症って、コップの水が溢れたときに発症するといいますよね。
「やってくる」のは溢れたとき。
そのときできることをやっていると、ある日水は溢れる。コップの大きさは人それぞれ違っていて、その大きさは誰にも分からない。現実的には溢れずに終わることもあるかもしれない。でもそんなことは分からないので、とにかくできることをやるだけ。

間違えてはいけないのは、「向こうからやってくる」のであって「自分が行く」のではないこと。やってくるのを待つ忍耐力がないと、やり方を間違え、せっかく溜まってきたコップは割れてしまうかもしれない。
僕はあります。コップを割ったことが何度も(割ってしまったことに何も後悔はありませんけど)。

結果を掴みに行くのではなく、その時できることをする。それがスポーツやエクササイズではなく、ヨガをするということだと思います。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 08:50| Comment(0) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

ドーンしなくていいです。

雪かきじじい復活

E24C63E5-D52D-4364-AEB2-23548BB866A2.jpeg

車で来られても大丈夫ですよ。
スッと停められます。

仕上げに箒を使い始めたら、立派な雪かきじじい。




2月のクラススケジュール
札幌市のヨガ教室 スタジオミガク
posted by スタジオミガク at 07:21| Comment(2) | スタッフ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする